1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ほうれい線の原因・メカニズムについて

更新日:2017/03/08 公開日:2016/11/30

ほうれい線とは? ほうれい線のメカニズム

肌はコラーゲンやエラスチンが減少することで弾力性を失い、皮膚を支えることができずに下へと下がっていきます。そのたるみが深くなるにつれてできてしまうシワをほうれい線と呼びます。もともと、ほうれい線とは人相学などで使う言葉で、医学的な名称は「鼻唇溝」と、その字の通り鼻から唇の端にできる溝を指し示します。

ほうれい線は固定化された深いシワではなく、頬が重力によって垂れ下がるたるみによってできる境界線であると言えます。たとえば、起き上がった状態と仰向けに寝た状態の顔を比較したところ、仰向けに寝た方がほうれい線はあまり出てこなくなるという実験結果があるように、物理的な影響も大きく関係しているようです。

ほうれい線の原因と対策

表情筋の衰え

ほうれい線は、頬の筋肉の衰えからくるたるみが原因となります。そのため、普段から頬の皮膚がたるまないように筋トレをすることが大切です。たいていの人は仕事や家事をしているとき、無表情で作業をしているように、日常生活で顔の筋肉は全体の約3割程度しか使われていません。つまり、普段から顔の筋肉を意識的に動かす習慣が必要となってきます。

皮下脂肪とたるみ

皮下脂肪が多い人は肌の弾力が低下するといわれています。これは、皮下脂肪が真皮にダメージを与えることで、エラスチンという弾力のある線維がほぐれてバラバラになり、肌の弾力が失われるからです。また、脂肪細胞が脂肪を蓄え、その肥大化した脂肪細胞が肌にダメージを与える物質(遊離脂肪酸と呼ばれる物質)を放出します。この物質がヒアルロン酸やコラーゲンの生成を低下させる原因となるのです。そのため、皮下脂肪を貯めないバランスの取れた食生活や、適切な睡眠と運動を取り入れた生活習慣を心がけることが大切です。

紫外線と乾燥

肌の老化に大きく関係するのが紫外線です。肌の真皮層は約70%がコラーゲンでできていますが、紫外線はこのコラーゲンを破壊してしまいます。コラーゲンが壊れてしまうと肌の弾力が低下し、ハリがなくなったり、たるみやシワができたりする原因となるのです。

日焼けをすると肌がカサカサするなど、肌の乾燥を感じる方も多いと思いますが、紫外線を浴びると肌の水分が奪われ乾燥してしまいます。表皮の内側にある真皮と呼ばれるところに線維芽細胞と呼ばれる細胞があるのですが、これはコラーゲンやエラスチンを生み出している美肌にとって大切な細胞です。紫外線を浴びることで表皮が乾燥してしまうと、この線維芽細胞の活動が鈍りハリや弾力が失われるのです。

そのため、紫外線対策は季節に関係なく十分にしてください。たとえば、日焼け止め効果のある化粧下地を使用したり、家の中で家事をする場合でもうっかり日焼けをしたりししないよう、十分に気を付けてください。また、普段から肌が乾燥しないよう部屋の湿度に気を配ったり、熱いお湯で洗顔をしたりしないなど、毎日の生活の中で継続した乾燥対策が重要です。

年々増加するスマホたるみ

スマートフォンが普及してから明らかになってきたのですが、利用方法や時間の条件がそろった場合にスマートフォンが肌に悪影響を及ぼすことがわかってきました。スマートフォンを操作する際の猫背や首猫背といった姿勢が主な原因になるのです。首猫背は首が背中よりも前に出て、頭が前に突き出している姿勢になることです。この姿勢になると頭の後ろの筋肉と首の前方にある筋肉が引っ張り合う状態になり、頬から下の筋肉が下方向の重力を受け引っ張られることで、顔がたるみやすくなってしまいます。また、猫背になることで体の代謝が落ち、栄養が体全体に行き渡らなくなることも顔のたるみの原因とされています。

スマートフォンを操作するときは姿勢をよくして、目線と同じ高さまでスマートフォンを上げ、下を向かないように意識しましょう。

睡眠不足と運動不足

夜ふかしや睡眠不足も、肌のターンオーバーに悪影響といわれております。シンデレラタイムといわれる22時頃から深夜2~3時頃までが、ターンオーバーがもっとも活発になる時間帯です。この間に質のよい睡眠を取らないと、体は日中のダメージを回復させることができません。その様な十分な睡眠が取れない生活を続けると、健康な肌を作りだすことができず、肌が老化してしまいます。また、運動不足だと血流や代謝が悪くなり、肌に必要な栄養が行き渡らなくなります。美肌のためにも、良質な睡眠と適度な運動は欠かせません。

おすすめの対策方法

毎日の生活習慣と食生活の改善

ほうれい線を改善させるためには、ここまでご説明した原因を根本から改善するのが一番大切です。なので、日頃から規則正しい生活やバランスの取れた食事、適切な運動を心がけてください。

おすすめのストレッチ

まず側頭部や耳周りをマッサージして頬の筋肉を支える筋肉を先にほぐしてください。その後、口を尖らせてタコの口の形にし、空気をゆっくり吸い込んだ状態で数秒止めた後に、頬に空気を入れて風船のように膨らませて止めます。これにより表情筋が活動し十分なストレッチ効果が得られます。

その他、いくつかおすすめのエクササイズがありますので、簡単にご紹介します。

  • べろ回し体操
  • 口の中で舌をぐるぐる回します。口を閉じたままで、舌を唇の裏と歯茎の間に入れ、大きく時計回りにゆっくりと回します。葉の表面を舐めるようなイメージです。3回転をワンセットとして、左右交互に行うといいでしょう。

  • 歯ブラシマッサージ
  • べろ回しと同じ要領ですが、歯磨きのついででいいので歯ブラシを使用してストレッチを行います。歯ブラシの毛の部分を下にして、歯ブラシをくわえて、口をすぼめます。10秒ほどその状態をキープします。次に、歯ブラシの背中の部分で頬の裏側を、ほうれい線を上から下に伸ばすイメージで口内をマッサージしてください。

以上のように、日頃の生活習慣を改善しつつちょっとした隙間時間で顔のストレッチを続けることが、ほうれい線対策のもっとも近道なのです。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート