1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

シミやそばかすの原因と効果的な対策

更新日:2017/09/18 公開日:2016/12/27

シミやそばかすとは何か

シミやそばかすはよく聞く単語ですが、そもそもこれらは一体どのような物かご説明いたします。そのうえで、まずはシミやそばかすができる原因は何なのかをご説明します。

シミとは何か

ある日、ふと鏡を見ると気になる顔の黒ずみが、いわゆるシミです。普通、肌が紫外線を浴びると皮膚の中で「メラニン」と呼ばれる黒い物質が生産されます。わかりやすくいうと、日焼けがこれに当たります。しかし、日焼けになった後の経過を見てわかるとおり基本的にメラニンは皮膚とともにはがれ落ち、しばらくすると肌の色が戻るのが普通です。

しかし、長年紫外線を浴び続けることでこのメラニンが継続して過剰に作られる状態になると、皮膚とともにおちなくなり蓄積されてしまいます。この蓄積した濃い色が皮膚に固定され、シミになってしまうのです。

そばかすとは何か

そばかすはシミと違い基本的には先天性、つまり遺伝が主な原因であるといわれています。正式には「雀卵斑(じゃくらんはん)」といいますが、シミよりは小さく鼻や頬に出やすいのが特徴で、紫外線を浴びると色が濃くなる性質があります。ただ加齢とともに薄くなるなど、シミとは逆の性質もあります。

シミとそばかす、後天性か先天性かの違いやその発症の仕方に少し違いがあるのですが、どちらも「メラニン」と呼ばれる物質が原因であり、紫外線の影響を受けて肌の色が濃くなるという共通点があります。

できてしまったシミ、そばかすの対処法

同じような症状のシミとそばかすですが、できてしまった後にケアをすることで気にならない程度まで目立たなくさせることは可能です。シミもそばかすもメラニンが過剰に生産、蓄積されることでできてしまうので、逆に言えばメラニンの体外排出を促し固定化を抑制すれば、徐々に薄くすることも可能です。

そこで、おすすめの対策方法をいくつかご紹介いたしましょう。

食事の改善やサプリメントの摂取

まず基本的なことですが、食事やサプリメントにより体の中からキレイにしていくのが一番の基本であり大事なポイントです。この時ポイントとなるのは、シミやそばかすの原因といわれている活性酸素と呼ばれる物質です。活性酸素は老化の原因ともいわれ、これが増えることでシミやそばかすが増えるといわれています。

そして、その活性酸素を抑制するのがビタミンCとビタミンEです。果物や緑黄色野菜などに豊富に含まれていますので、積極的にとり入れるといいでしょう。ビタミンEはうなぎやサーモンなどの魚類にも豊富に含まれているので、合わせて摂取するのもおすすめです。他にも、ビタミンAは肌を強くする作用がありますので、ビタミンAが豊富な鶏レバーやうなぎ、お手軽な食材ですと卵などで摂取するとよいでしょう。

毎日の食事で常に意識して取るのが難しい時には、マルチビタミンなどのサプリメントも有効だといわれています。大切なのは一度に大量に摂取することではなく、毎日の生活の中で、少しずつ継続的に摂取することです。バランスのよい食事を心がけて、体の中から改善してください。

化粧品や市販薬の利用

シミやそばかすの対策として毎日のケアをすることも有効だといわれています。最近はシミ、そばかす対策としてさまざまな化粧品や市販薬が発売されており、メラニンの生産を抑制するものやビタミンCが含まれている物などがドラックストアなどで買うことができます。肌の調子を見て、自分に合った最適な物を見つけてください。

病院での治療

シミやそばかすを消すための対策として、病院に相談することも1つです。シミやそばかすにも色々な原因が考えられるため、医療的な視点での診断を受けて最適な治療をすることが大切です。代表的な治療法にレーザーを使った治療法や、フォトフェイシャル治療と呼ばれる治療法があります。ただし治療は保険の適用外となるため、施術内容や料金、その病院で施術可能かなどの情報は事前に確認しておいてください。

シミ、そばかすの予防

シミもそばかすも、一番大事なのはできる前に対策をしておくことです。それも毎日の積み重ねが大事です。それでは具体的にどのような対策をすればいいのか、ポイントを押さえておきましょう。

紫外線対策

シミもそばかすも根本的な原因は紫外線によるメラニンの沈着です。なので、その原因である紫外線を予防するのが対策の一番大切なポイントになります。日焼け止めクリームや帽子、日傘などを日ごろから使用して、紫外線対策をしてください。

ライフスタイルの改善

メラニンが沈着しないように肌の再生能力を高めることも大切です。そのためにも、タバコは吸わない、睡眠は十分にとる、ストレス発散を上手に行うなど自分のライフスタイルを改善しましょう。

日ごろのスキンケア

肌に強い刺激が加わることで細胞が刺激され、メラニンの生産が促進されてしまう場合があります。特に女性の場合、毎日の洗顔やケアで顔を強くこすってしまうかもしれませんがそれはしてはいけません。洗顔やスキンケアの時には、肌に刺激を与えないよう手で優しくケアすることを心がけてください。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート