彼にときめかない。「恋の賞味期限」を長続きさせるスパイスとは

更新日:2017/05/10 公開日:2017/05/10

日常の悩み

恋愛感情には、どのカップルにも賞味期限があるのをご存知ですか?いわゆる「相手に飽きる」ということです。できるなら、いつまでもときめき合える関係でいたい。ここでは、そんな女性のための秘密のスパイスを伝授します。

「恋の賞味期限」ってどういうこと?

恋をした経験がある方は、時間が経つにつれて、その熱が自然と冷めていくことはありませんでしたか?それがいわゆる「恋の賞味期限」。

恋に賞味期限なんてない!そう信じたいものですが、どんなにラブラブだったカップルにも、いつかは気持ちが下降するときがくると言います。その時期や気持ちの度合いは人によって異なりますが、その後の関係に大きく影響を与えることには間違いなさそうです。

どんな恋愛にも賞味期限が存在します。

あの甘苦しい胸のときめきが時の経過とともに、嘘のように霧散してしまうのです。

引用:スキンケア大学

愛を長続きさせる「愛され女子」のテクニックとは

できるなら、二人の恋の賞味期限を長くしておきたいですよね。では、恋の賞味期限が長いカップルと短いカップルではどのような違いがあるのでしょうか。

実は、彼に愛され続ける「愛され女子」は、さまざまなテクニックをもっています。まずやるべきことは、付き合って間もない当初の習慣を何か一つは継続させること。

たとえば、誕生日やクリスマスには必ず何か贈り物をする、彼を見送るときには必ずキスするなどなど。単純なことに感じますが、相手に「あの頃の気持ちを忘れていないよ!」というサインを示すことで彼も貴方をきっと愛しく思えるでしょう。

恋愛感情がマックスのとき、相手に対してやっていたことを、少しでも続けることです。もしかしたら、全てを持続させることは無理かもしれません。

だったら、断続的でもいいのでやめてしまわないことです。とにかく、「あなたに対してのときめきを私は忘れてはいないわ」というサインを相手に送り続けるのです。

引用:スキンケア大学

彼の味方であり続ける「最高の応援団」になろう!

基本的に、男性は褒められ勇気づけられることが大好きなのだそう。もし、自分の彼女がそばでいつも褒めて応援し続けてくれていたら、それは嬉しくなっちゃいますよね。どのような時でも味方であり続ける応援団になることで、お互いの存在が大切に感じられる気持ちも持続するかもしれません。

男の人は褒められて勇気づけられることが大好きです。つねに彼の応援団でいる気持ちも忘れないことが大切です。

引用:スキンケア大学

「愛してる」の言葉も忘れずに…

もちろん、愛してるの言葉をストレートに伝え続けるのも、「恋の賞味期限」を延ばし続けるスパイスになります。彼への愛情表現を、もったいぶらずにどんどん送ってあげましょう。きっと彼からの気持ちも返事として返ってくるはずです。

今すぐ読みたい