坐骨神経痛の原因

更新日:2017/03/22 公開日:2017/03/22

坐骨神経痛の基礎知識

坐骨神経痛を引き起こすとされる原因は、背骨関連の疾患からストレスに至るまでさまざまです。坐骨神経痛と向き合うために、その原因を中心に治療法やセルフケアなどをドクター監修の記事で解説します。

坐骨神経痛は腰から下が痛むだけでなく、しびれて感覚が鈍ることや酷いときには歩くこともままならない状態になるやっかいなものです。坐骨神経痛のつらさから解放されるためには、原因を知り、適切な対応をとる必要があります。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰のあたりから足にかけて通っている坐骨神経に、なにかしら圧力が加わるなどして痛みなどが生じることを言います。また、坐骨神経痛自体は痛みやしびれなどの症状を現す言葉であり、その原因となる疾患や病気はひとつではありません。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因として考えられているのは、疾患や病気に限りません。明確な根拠に乏しいものも含めて、さまざまな原因があります。

脊柱管狭窄症

主に加齢によって背骨に変形が生じます。その変形が脊柱管内部の神経の通り道に起きた場合、神経を圧迫することがあります。狭窄の程度によっては、神経に触れない体勢もあります。それが、前かがみの体勢です。高齢者を示すイラストなどで、猫背気味に杖をついているものを見かけることがあります。脊柱管狭窄症の場合、無意識であれ意識的であれ楽な姿勢をとると、あのような格好になるということです。

椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因と考えられる疾患としては、脊柱管狭窄症と並ぶ主なものです。椎間板とは、背骨と背骨の間にある連結クッションのようなものです。この椎間板が飛びだすなどして神経を圧迫刺激することにより、坐骨神経痛が起こります。加齢によるところが大きい脊柱管狭窄症による坐骨神経痛が高齢者に多いのに対し、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は年齢を問いません。そのため、若年層にも多く見られます。

腰椎変性すべり症

本来であれば、縦一列に並ぶイメージの腰椎ですが、加齢などの要因で一部の位置がずれることがあります。これを、腰椎変性すべり症と呼んでいます。背骨が本来の位置からずれるため、神経を圧迫刺激してしまい、坐骨神経痛の原因となるのです。

腰椎分離すべり症

こちらは、同じ腰椎のすべり症と名づけられていますが、変性すべり症とは異なり激しいスポーツで起こる脊椎の関節突起間部の疲労骨折から始まりその名の通り分離した骨がずれることで神経を圧迫します。

帯状疱疹

帯状疱疹はウイルスによって引き起こされる感染症ですが、このウイルスの活動により坐骨神経に痛みをもたらすことがあります。

脊椎などの腫瘍

坐骨神経痛を引き起こす原因のなかでは少数派に入りますが、がんなどの腫瘍による圧迫も原因のひとつになっています。

ストレス

いまや、体の不調に関係しないことがないくらいに、さまざまな疾患や症状の原因とされているのがストレスです。特に、仕事における人間関係などに起因するストレスが大きいと考えられています。

生活習慣

仕事の内容も含めて、日常的な習慣が坐骨神経痛を引き起こすとの考えもあります。たとえば、腰から下に過大な負担をかける行為を繰り返し行っている場合などです。重い荷物を運ぶ作業に従事する人や、人の介助を行う介護職員、長時間同じ姿勢で座り続けるタクシーなどの運転手は、坐骨神経痛になりやすいと考えられます。

原因不明の坐骨神経痛

ここまで、坐骨神経痛の原因として考えられている主な疾患などを確認しましたが、なかには原因がわからない坐骨神経痛もあります。原因があったとしても、検査などでは判明しないケースがあるのです。坐骨神経と関係がないケースでも、下半身に痛みがある点から便宜的に坐骨神経痛と呼ぶことがあるようです。そのなかには、ドクターの診察を受けたわけではない人が、自分で坐骨神経痛だと思い込んでいるだけの場合もあるでしょう。

坐骨神経痛の治療・予防法

坐骨神経痛の治療と予防法は、その原因や、原因となり得る疾患の痛みを取り除くことです。

投薬治療と手術

坐骨神経痛では、痛みを和らげることが必要となるため鎮痛剤などの薬が処方されます。強い痛みが続く場合には、ブロック注射も選択に入ります。また、脊柱管狭窄症やすべり症、椎間板ヘルニアなどの圧迫原因を取り除く必要がある場合には、外科手術が検討されます。それ以外の治療法には、リハビリテーションがあります。

家庭でのセルフケアと予防法

坐骨神経痛の痛みやしびれを緩和したり回避したりするためには、医療機関で行う治療とは別に、家庭でもセルフケアや予防法を実践することです。家庭では、原因疾患をどうにかすることは無理ですので、ストレス対策や背骨や腰に負担をかけない生活や冷えない服装を心がけるなど、できる範囲でしっかりとやることが重要です。適度な運動やストレッチなども取り入れたいところです。ただ、自己流のケアは症状を悪化させる場合があることに注意すべきです。したがって、まずはドクターに相談してからはじめてください。