1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

厚生労働省に認可された美白成分とは?

更新日:2017/09/18 公開日:2017/01/31

この記事の監修ドクター

すなおクリニック 院長
土屋沙緒先生

美白成分は、美しい白い肌を作るための成分と捉えられますが、実は具体的な定義があります。特定の成分のことしか美白成分と呼べないので、誤って選ばないよう注意しましょう。

美白成分とは

美白とは、メラニンの産生を抑えてシミやソバカスを防ぐことを指します。また、美白成分とは、メラニンの産生を抑えて、シミやソバカスを防ぐ効果の表示を厚生労働省によって許可された成分を指します。許可を得るためには、研究や臨床試験を重ねる必要があるため、承認までに10年近い時間がかかります。厳格な研究と安全性試験を行う必要があるため、それだけ信頼性が高いと言えます。

美白成分の種類

美白成分には、次のような種類があります。

  • メラニンが産生される過程に働きかける
  • メラニンを還元する
  • メラニンとともに古い角質がはがれるのを促す

厚生労働省から認可を受けた美白成分の効果を見ていきましょう。

トラネキサム酸

メラニンがメラノサイトで大量に作られると、それが細胞内に蓄積してシミになります。これは、紫外線や女性ホルモンの影響を受けて起こる現象です。トラネキサム酸は、メラノサイトを活性化させるプラスミンを阻害するといわれています。

ビタミンC誘導体

メラニンの色素沈着を抑えるとともに、美肌を作るために必要なコラーゲンの生産を促進させる効果が期待できます。ビタミンC誘導体には、次のような種類があります。

  • 水溶性ビタミンC誘導体

リン酸とナトリウムを結合させて、皮膚への吸収率を高めたものです。

  • 脂溶性ビタミンC誘導体

皮脂や細胞間脂質との相性がよく、脂に溶けやすい性質を持ちます。高濃度でも比較的刺激が少ないのが特徴です。

  • 新型ビタミンC誘導体

脂質と水分の両方になじみやすく、真皮にまで浸透しやすいのが特徴です。

リノール酸

メラニンを産生する酵素を減少させたり、肌のターンオーバーを促したりする効果があるといわれています。体内で作ることができない脂肪酸の一種で、必須脂肪酸と呼ばれています。大豆油やコーン油、オリーブオイルなどの植物油や味噌に含まれています。保湿と抗炎症作用も持つとされています。また、肌を滑らかにしてバリア機能を高める作用も期待できます。

アルブチン・コウジ酸・エラグ酸

メラニンを産生する酵素の働きを阻害するといわれています。

プラセンタエキス

動物の胎盤から抽出された成分です。メラニンの産生を抑え、肌のターンオーバーを促します。

4-メトキシサリチル酸カリウム塩

メラニンの産生を抑え、メラニンの排出を促します。

ニコチン酸アミド

メラニン色素が表皮細胞へと受け渡される過程を阻害するといわれています。

ルシノ―ル

メラニンを産生する酵素とチロシンの結合を防ぎ、メラニンの産生を抑えるといわれています。

マグノリグナン

メラニンを作る酵素の成熟化を防ぐといわれています。

t-シクロアミノ酸誘導体

シミの原因になる情報伝達物質であるプロスタグランジを抑えるといわれています。

カモミラET

カモミールから抽出される成分で、シミの原因になる情報伝達物質であるエンドセリンを抑えるといわれています。

美白化粧品の選び方

シミ以外の肌トラブルが起きておらず、シミを早く薄くしたいのであれば、高濃度のビタミンC誘導体やハイドロキノンが含まれた美容液を選びましょう。乾燥しており、刺激に対して敏感な場合は、プランセンタエキスが配合されたものがおすすめです。このように、肌や目的に合わせて美白化粧品を選びましょう。

使用上の注意点

肌に浸透しやすいように作られていることが多く、さらには刺激が強いものもあるので、肌が弱っている状態で使用すると肌トラブルを招くことがあります。日本と外国では濃度の基準が異なる場合があるので、インターネットや海外旅行先で購入する際には注意が必要です。肌に刺激を感じても、効果が出ている証拠だと勘違いをして使用し続けて、ひどい炎症やかぶれを引き起こすケースもあります。問題が発生した場合は、すぐに使用をやめてドクターに相談しましょう。

美白美容液を使用するタイミング

化粧水には、肌に水分を与える働きがあります。乳液やクリームには、肌に油膜を作ることで肌を保護する役割があります。それに対して美容液は、化粧水で補った水分を保たせるとともに、肌に栄養を与える役割を果たします。化粧水で肌に水分をしっかりと補給してから、美白美容液を塗ります。肌に浸透させるように、手で押さえつけながら塗っていきましょう。その後に、乳液やクリームで肌にふたをして、水分を閉じ込めましょう。

美容液には、さまざまな有効成分が含まれており、それだけ化粧水や乳液などと比べて価格が高い傾向があります。美しい白い肌を目指しているのであれば、積極的に使用することをおすすめします。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート