1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

口内炎の症状と原因、治療法について

更新日:2017/07/20 公開日:2017/03/23

この記事の監修ドクター

ベル歯科医院 院長
鈴木彰先生

ひとくちに「口内炎」とはいいますが、実はいくつかの種類にわけられ、その原因や症状も種類によって異なります。口内炎に悩まされている方は、何が原因で口内炎になってしまったのかを把握し、また治療法に関しても下記で解説しているので合わせてチェックしてみてください。

口内炎の、種類別の原因と症状

口内炎にはいくつかの種類があります。種類別の原因や症状について説明します。

アフタ性口内炎

口内炎のなかで、もっとも一般的なものがアフタ性口内炎です。白いだ円形の小さな潰瘍ができます。食事や飲み物が沁みたり、接触による痛みをともなったりします。疲れているときや、風邪をひいたとき、胃の調子が悪いときなど体調が優れないときになることが多いとされています。一般的には1週間から10日程度で自然治癒しますが、くりかえし発症することもあり、くりかえすものを再発性アフタと言います。

咬傷

口の粘膜を誤って噛んでしまった後におこる口内炎もあります。傷の部分に細菌やウイルスが感染して腫れや痛みをともなうこともあります。1週間程度で自然に治癒することがほとんどです。繰り返し同じ場所に起こる場合には、歯並びや噛み合わせに原因があることも考えられます。

カタル性口内炎

カタル性口内炎は、アフタ性口内炎のように潰瘍ができるものではなく、口の中の粘膜がただれたような症状が特徴です。赤く炎症したり、白くただれたりと症状の現れ方はさまざまです。ヒリヒリとした痛みを感じたり、刺激の強い食べ物がしみたりします。

ウイルス性口内炎

単純ヘルペスウイルスやエンテロウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルスへの感染が原因で起こる口内炎もあります。ウイルス性の場合は、体調不良時や高齢者など免疫が低下しているときに、高熱や皮疹を生じることもあります。

カンジダ性口内炎

カンジダ・アルビカンスという真菌に感染することで起こる口内炎です。抗生物質を長期にわたって服用していたり、体調不良で免疫が低下していたりするときに起こるとされています。白いコケのような偽膜ができ、剥離して出血したり、痛みをともなったりすることもあります。

アレルギーで起こる口内炎

食べ物や薬剤、金属などによるアレルギー症状で口内炎ができることもあります。アレルギー性口唇浮腫の場合は、症状は数時間から数日で自然に治癒することがほとんどです。薬剤アレルギーは、口腔粘膜が全体的に赤く腫れたりただれたりすることがあります。原因となる薬剤の中止でおさまることもあれば、重症の場合はステロイドの塗布などによる治療が必要な場合もあります。金属アレルギーは、ニッケル、コバルト、パラジウムなどが原因になっていることが多いとされています。原因金属はパッチテストで特定することができます。

悪性腫瘍

口腔内にできるがん(口腔がん)の初期病変として、口内炎ができることもあります。口腔がんの発生頻度は全がんの1~2%程度といわれ発生率はまれですが、歯肉、粘膜、舌にできる可能性があります。他の口内炎と見分けが付かないこともありますが、薬品染色や組織病理検査で鑑別することができます。

口内炎の治療法

口内炎の治療には、以下のような方法があります。

軟膏

ステロイドが含まれる軟膏薬を患部に塗ることで、痛みや腫れなどの炎症を緩和する治療法が一般的です。しかし、原因を除去しているわけではなく、あくまで対症療法になります。

うがい薬

うがい薬で口の中を清潔にする治療法もあります。原因となる菌を減らすことが目的ですが、あまり頻繁に使用すると耐性菌が発生することもあります。

内服薬

口内炎による炎症を抑えるためにトラネキサム酸製剤などの抗炎症作用のある内服薬が用いられることもあります。また、ウイルスが原因で起こる口内炎には内服薬が効果的なケースもあります。抗ウイルス薬は早期の内服が効果的とされていて、口内炎が悪化していたり、他の細菌などに二次感染を起こしていたりする場合には効果が感じにくいこともあります。

口内炎の予防法

口内炎を予防するためには、まず、口の中に傷ができないように注意してください。歯磨きの際は優しくブラッシングし、歯茎や粘膜を傷つけないよう心がけてください。また、歯並びや噛み合わせの問題で同じところばかりに傷ができるようであれば、歯科で相談してみることをおすすめします。

他にも、口の中を清潔に保つことも大切です。口の中が乾燥すると雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。こまめに水分を摂るようにし、食事の際はゆっくり噛んで食べることで唾液の分泌を促しましょう。うがいも効果的です。

免疫力が低下しているときにも口内炎はできやすいとされています。疲れたらしっかり体を休めるようにし、栄養バランスのとれた食生活を心がけるようにしましょう。特にビタミンB2は粘膜の保護に必要なビタミンとされていますので、意識して摂ることをおすすめします。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート