1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

透明感のある肌になるための3つの条件とは

更新日:2017/09/18 公開日:2017/04/24

透明感のある肌になるためには、表皮のキメを整えることが重要だと長い間いわれてきました。しかし、現在では、全体的な血行をよくすることや角質層を整えること、肌が糖化しないように気をつけることなども重要だということがわかってきました。これらはもちろん肌のキメとも関係することですが、体の内側からしっかり対策していくことで、肌をよりよい状態にしていくことが可能です。

血行を促す

透明感のある肌になるための1つ目の条件は、血行をよくするということです。顔のみならず全身の血行をよくしていくことで、より効率的に肌に必要なものを届け、肌のくすみをとり除きましょう。

肌に必要な栄養や酸素を運んでくれる

血液は全身を流れながら、それぞれの細胞に必要な栄養や酸素を運んでくれます。これは内臓のみならず、肌にとっても重要なことです。どこかで血液の流れが滞っていたりすると、必要なだけの栄養や酸素が運ばれません。必要な栄養や酸素が足りないと、肌はいい状態を保つことができなくなってしまいます。

ほのかな赤みで顔色がよくなる

メイクをする際に、顔色をよく見せるためにチークを使うことがあります。肌の表面近くの血行がいい状態を保つことができれば、うっすらと血液の流れが透けて見え、肌はほのかに赤みを帯びます。こうなれば、チークを使わなくても本当に顔色のいい状態になります。

血行が悪いとくすんで見える

逆に言うと、血行が悪いということは顔色が悪い状態ということができます。透明感のある肌とは正反対の、くすんだ肌になってしまいます。寝不足や体の冷えた状態が続くだけでも血行は悪くなってしまいます。日々の生活で、血行が悪くなるようなことはしないように気をつけましょう。

マッサージなどで血行をよくする

マッサージをすると、その刺激によって血液が流れやすくなります。お風呂などで体が温まった状態で軽く全身をマッサージすると、より効果的に血液を流すことができます。また、ストレッチなどの軽い運動も血行をよくするためには効果的です。

角質層を整える

透明感のある肌になるための2つ目の条件は、角質層を整えることです。水分バランスなどを整え、角質層をよい状態に保つことはとても大切です。ちなみに、角質層は厚くても薄くてもよくありません。

厚いと光を通さない

光をうまく使って肌をきれいに見せられるということは、肌に透明感があるということです。角質層が厚すぎると光を通さないので、肌の表面近くを流れているはずの血液も見えなくなってしまいます。これも肌がくすんで見える原因の一つになってしまいます。肌表面の不要になった垢などはとり除き、角質層が厚くなり過ぎないように気をつけましょう。

薄いのはトラブルの元

逆に角質層が薄すぎるのもよくありません。肌は外敵から身を守るためのバリアの働きをしています。角質層が薄すぎると外からの刺激を受けやすくなり、肌トラブルも起こりやすくなってしまいます。必要な水分や油分はしっかり補い、ある程度の厚みを保てるようにしなければなりません。

ほどよいバランスが大切

このように、角質層は厚すぎても薄すぎても透明感を作りだすことはできません。角質層にあるそれぞれの細胞や、その間にある細胞間脂質(さいぼうかんししつ)がしっかりうるおい、整った状態になることが理想です。これは肌のキメを整えることでもあり、透明感をだすためにも欠かせないことです。

肌の糖化を抑える

最近、糖化という言葉をよく聞くようになりました。糖化は、あらゆる面で人の健康に害を及ぼします。これは肌も例外ではありません。肌が糖化すると、黄色っぽくくすんでしまいます。そこでこの肌の糖化を抑えるということが、透明感のある肌になるための3つ目の条件となります。

糖とタンパク質の結合が糖化

まず、糖化とはなんでしょうか。糖化とは、体の中の糖とタンパク質が結合することで起こる現象を言います。糖とタンパク質が結合することによって終末糖化合物が作られます。ちなみにこの終末糖化合物は、AGEsエージス(Advanced glycation end products(アドバンスドグライケーションエンドプロダクツ))とも言います。この物質が作られることによって、多くの問題が起こってきます。

水分が減り、線維も硬くなる

この糖化が真皮で起こると、コラーゲンなどの肌をふっくらと支える線維が硬くなってしまいます。さらに、角質層では細胞や細胞間の水分が減ってしまい、全体的に黄色っぽく変色してしまいます。これがくすみの原因になってしまいます。

肌だけの問題にとどまらない

この糖化という問題は、肌の問題だけにとどまりません。糖化が進むということは老化を促し、病気を引き起こす原因ともなりえます。体全体を整えることも肌の透明感のためには重要なことです。

糖化対策で健康的な生活を

糖化を促してしまうものにはいくつかあります。糖と名のつく通り、糖質は糖化を促進させる原因となります。甘いものや炭水化物などの糖分のとり過ぎには気をつけましょう。そのほかにも、睡眠をきちんととることや紫外線対策をすることも糖化対策として有効なものになります。糖化を抑えるような健康的な生活を心がけることも、肌の透明感をアップさせるためには重要だということを覚えておきましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー