スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

梅毒の検査方法について

更新日:2017/04/12 公開日:2017/03/31

梅毒の検査・治療法

梅毒は、血液検査や尿検査で診断できます。恥ずかしくて検査を受けられないという方には、検査キットの購入をおすすめします。ここでは、梅毒の検査方法と検査キットについてドクター監修の記事で解説します。

梅毒が疑われる場合は、早期に受診することをおすすめします。早い段階で治療を開始することで、短期間で完治させることができます。

梅毒の検査方法

梅毒の検査方法は、次の2つです。

STS法

梅毒の原因である梅毒トレポネーマに感染すると、リン脂質抗体が作られます。それを検出する検査がSTS法で、梅毒脂質抗体検出法とも呼ばれます。凝集法やRPR法、ガラス板法など、いくつかの検査方法があり、現代ではRPR法が一般的に用いられています。リン脂質は梅毒トレポネーマに感染してから約2~4週間で血液中に出現するので、早期に梅毒を発見できます。また、治療するにつれてリン脂質抗体価が低下していくため、どれだけ治癒しているかの判定にも使うことができます。しかし、リン脂質抗体は梅毒特有の抗体ではないため、梅毒を発症していなくても陽性になることがあります。

TP法

梅毒トレポネーマに感染すると、TP抗体が作られます。TP法は、トレポネーマ・パリダム抗体検出法とも呼ばれ、TP抗体を検出するための検査です。TPI法やTPLA法、TPHA法など、いくつかの検査方法があります。TP法は、梅毒に直接関与するTP抗体を検出するため、他の病気で陽性反応が出ることがほとんどなく、高い精度で診断できます。しかし、TP抗体は梅毒トレポネーマに感染してから約4~6週間後に作られるため、早期診断に役立ちません。

検査結果の見方

STS法とTP法のどちらの検査も行った場合、検査結果から次のように判断できます。

  • 両方とも陰性
  • 梅毒ではないと考えられますが、ごくまれに初期の梅毒の場合があります。

  • STS法だけが陽性
  • この場合は、初期の梅毒と考えられます。

  • 両方とも陽性
  • 梅毒患者か、梅毒を治療したTP抗体を持つ人だと考えられます。

  • TP法だけ陽性
  • 梅毒を治療したTP抗体を持つ人と考えられます。ごくまれに、初期の梅毒の場合があります。

自宅でできる梅毒検査キットとは

クリニックを受診して診察を受けることに対して恥ずかしさを感じるあまり、梅毒の発見が遅れてしまう場合があります。初期の梅毒は、症状が一時的に消失するため、受診の必要性を認識できないことも発見が遅れる理由の一つです。梅毒検査キットを使えば、自宅で誰にも知られることなく梅毒の検査ができます。

梅毒検査キットの使い方

梅毒の採血検査キットは、次のように使います。

  1. 血液を採取する部分をアルコール綿で消毒しましょう。
  2. ランセットの先端をねじって引き抜きます。
  3. 採血針の先端部分が軽く引っ込む程度に採取部に押し当て、カチッと音がすると2mm程度の針が出ます。
  4. 血液をろ紙に染み込ませましょう。

尿検査キットは、次のように使いましょう。

  1. ラベルに氏名と採取日を記入する
  2. 出始めの尿をコップ半分程度採取します。
  3. スポイトを使って検査容器に尿を移しましょう。黒いラインとラインの間まで入れます。
  4. キャンプをしっかりと閉めて、2~3回程度容器を振ってください。
  5. 検査容器にラベルシールを貼り付けて郵送しましょう。

検査結果の見方

郵送した血液や尿を検査して、結果が出ればインターネット上で確認できるようになります。ロックがかかったサイトにIDとパスワードを使ってログインする方式であるため、他人に結果を知られることもありません。

梅毒検査キットを使用するうえでの注意点

ろ紙に血液を染み込ませる際には、同封されているすべてのろ紙にそれぞれ2cm程度ずつ血液を染み込ませましょう。量が少なかったり、点状に血液を染み込ませたりしてしまうと、判定できない可能性があります。採血後は絆創膏などで傷を覆いましょう。尿検査は、最後の排尿から1時間以上経過してから行いましょう。また、採取してから2日以内を目安に郵送してください。

梅毒の治療

梅毒は、薬物療法で治療します。梅毒トレポネーマを殺す作用を持つペニシリン系の抗生物質を使用することが一般的です。早期に治療を開始することで、比較的短期間で梅毒を治療できます。病変が現れている部位によっては、入院して点滴で抗生物質を投与する必要があります。

妊娠中に梅毒を発症した場合、胎児に感染している可能性があります。無治療で出産を迎えると、先天性梅毒の赤ちゃんが生まれてしまうので、早期に治療を開始することが大切です。この場合もペニシリン系の抗生物質を使用しますが、アレルギーがある場合にはアセチルスピラマイシン(薬剤名)を使用します。通常、ペニシリン系の抗生物質にアレルギーがある場合には、塩酸ミノサイクリン(薬剤名)を使用しますが、この薬は胎児に対して悪影響が及ぶ可能性があるため、妊婦に対しては使用しません。

この病気・症状の初診に向いている科 性感染症内科

今すぐ読みたい