虫に刺された部位が水ぶくれになったら

更新日:2017/04/16 公開日:2017/03/31

虫による皮膚疾患

大きく分けて、「かゆみ」もしくは「痛み」の症状を引き起こす虫刺されですが、中には症状として、水ぶくれを起こすこともあります。ドクター監修のもとで、虫刺されによる水ぶくれの状態や改善方法などを詳しく解説していきます。

虫刺されによる水ぶくれは、初期の段階では、市販薬で治ることもありますが、細菌が入った水ぶくれにまで進行すると病院での処置を受けるべき状態になることもあります。かゆみや痛みだけではない、水ぶくれを起こすこともある虫刺され、そのとき、体内や皮膚でどのようなことが起こっているのかを見ていきます。

虫に刺された部分が水ぶくれになった

夏によく発生する虫刺されといえば、かゆみ、腫れ、チクリとした痛みなどの症状が現れることが多いです。さまざまな皮膚症状が発生する中には、水ぶくれを起こすこともあります。そして、その水ぶくれは新たな皮膚病へと姿を変えることもあります。

虫刺されによってできた水ぶくれの状態とは

虫刺されとはそもそも蚊やハチなどによって、刺されたときに起こるアレルギー反応のことを指しています。私たちの身体は虫に刺されたときに、虫から入る唾液などの成分に体内にある物質が異物とみなし、かゆみや痛みなどを引き起こして虫刺されを知らせます。これこそが、アレルギー反応が起こった状態で、すぐに反応がでる即時タイプと数日後に反応がでる遅延タイプの2つのタイプがあります。

2つのタイプのうち、水ぶくれの場合は、遅延タイプであることが多いようです。そして、単なるアレルギー反応の場合もあれば、かいたことにより傷口から細菌が入ったことにより水ぶくれができ、別の皮膚炎を起こしている可能性も考えられます。虫刺されが原因として、発症する皮膚病としては、有名なもので「とびひ(伝染性膿痂疹)」などがあげられます。

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは、正式名を伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といい、虫刺されが原因となって起こる水ぶくれの代表的な皮膚病の1つとされています。幼児が発症することが多く、主な原因となっている細菌はブドウ球菌や溶血性連鎖球菌などです。特に水ぶくれを発症する傾向が強いのはブドウ球菌の方で、その場合は水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と呼ばれています。

水疱性膿痂疹は夏に発生することが多く虫刺されや、あせもができた傷口から細菌が入り込み発症します。症状としては、はじめは小さな赤い斑ができます。それから、ジュクジュクとしたような「ただれ」や、プクプクとした小さな「水ぶくれ」が形成され周囲が赤くなります。水疱性膿痂疹の水ぶくれは簡単に破けてしまい、水ぶくれの中にある液が周りの皮膚に付着することによりまた、新たな水ぶくれを発症して、これがまさしく飛び火のように広がっていきます。そして、破れた水ぶくれの部分についてはびらん状になりますが、乾燥した場合には感染力が弱まります。

※とびひ(伝染性膿痂疹)の詳しい原因と治療法については、『プールに要注意!「とびひ」(伝染性膿痂疹)の原因と治療法』をご覧ください。

また、水ぶくれが全身にできた場合、虫刺されと違いを見分けることが難しいものとして、水疱瘡(みずぼうそう)もあります。

※水疱瘡の特徴に関しては、『水疱瘡(みずぼうそう)の症状!発疹が治癒するまで』をご覧ください。

病院へ行く必要はある?

軽い虫刺されの状態ならば、水ぶくれも市販の薬で治ることがほとんどです。しかし、痛みをともなう場合や大きな水ぶくれになったり、水ぶくれが身体中に広がりとびひ(伝染性膿痂疹)が疑われるなどの際は、早めに皮膚科を受診しましょう。水疱性膿痂疹による、とびひ(伝染性膿痂疹)の場合は、水ぶくれになっている範囲がせまい場合は専用の抗菌薬を塗り、ガーゼで保護します。水ぶくれの範囲が広い場合は、病院で専用の内服薬も合わせて処方してもらいましょう。

水ぶくれを改善する方法

蚊などの虫に刺されてできた水ぶくれの場合は、ステロイド系の軟膏薬を使い、ガーゼで保護します。水ぶくれの中身を抜くとよい場合もありますが、その場合は、皮膚科で処置を受けましょう。また、強いアレルギー体質をもっている方の場合は、いつまでも水ぶくれやかゆみがつづく、しこりができたといった場合もあります。症状が改善しない場合は、病院へ行きましょう。

もしも、虫刺されからとびひ(伝染性膿痂疹)などの細菌性の水ぶくれに進行してしまった場合は、破れてしまった水ぶくれの中にある液に触れたりすると、触れた部分にさらに、細菌がうつる可能性も高いので、できるだけ患部を触ったり、かいたりすることがないようにしましょう。かゆみが強いので、爪は短く切っておくことがおすすめです。

入浴の際は他の家族にうつらないように最後に入り、石けんであまり力を入れすぎないようにして患部を洗います。また、プールなどでは、他人と接触することで感染させてしまうこともあるので、控える必要があります。

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!