虫刺されの跡は改善できる?

更新日:2017/04/16 公開日:2017/03/31

虫による皮膚疾患

かゆい虫刺されに薬を塗って、ようやく治ったと思ったら、跡になって残ってしまうこともあります。虫刺されの跡はなぜ起こるのか、改善する方法はあるのかなどをドクター監修のもとで詳しく解説していきます。

紫外線や加齢とともに目立ち始めるシミ、じつはそのシミの正体が虫刺されによる跡ということもあります。なぜ虫刺されが治ったあとも跡となって残ってしまうのか、その理由や改善、予防などを見ていきます。

虫に刺された部分が跡になって残る

虫刺されといえば蚊に刺されてかゆみが発生した、蜂に刺されて腫れたなどの症状が現れることがあげられます。しかし、薬や病院での治療が終わり、ほとんどの症状は治まったと思った安心していたら、あとでシミのような跡が残ってしまうこともあります。

ブヨの場合

たとえば、虫の中では、ブヨに刺された傷は治りにくいといわれています。それは、ブヨは人間の皮膚を単に刺すというよりも「かむ」という表現の方が相応しいくらいに皮膚に大きなダメージを与えているからです。そして、強いかゆみによりかいてしまうと、より皮膚に深いダメージを作ります。特に子供の場合はかゆみをガマンすることが大人にくらべて難しいです。かさぶたができてもかいてしまい、かさぶたを壊して、深い傷ができる、そして、再びかさぶたができてかくという行動を繰り返してしまうことが考えられます。そのうえ、血液に含まれる血小板には、炎症を悪化させる成分があるといわれています。その結果として、傷口が跡として残りやすく、さらに、傷口に細菌が入ると結節性痒疹(けっせつせいようしん)などの皮膚病を引き起こしやすくなります。

虫刺されによる跡とは

虫刺されやケガなどにより外傷性(炎症後)色素沈着(がいしょうせいしきそちんちゃく)といって肌に茶色くシミのように残ってしまうケースもあります。これは炎症を起こしてしまった皮膚で、シミのもとであるメラニンが大量につくられてしまい跡として、残ってしまう状態です。太陽に含まれる紫外線を浴びるとさらに、色が濃くなってしまうこともありますので注意が必要です。

また、先ほども少し触れた結節性痒疹の場合は、虫刺されでできた湿疹や水ぶくれなどの部分をかいていると皮膚がこげ茶色に変化して、そのあと、湿疹が硬いしこりのように盛り上がる状態になります。

結節性痒疹の詳しい原因や治療法は『強い痒みを伴う結節性痒疹…原因と治療法は?』の記事に掲載されています。

虫に刺されたら病院へ行く必要はある?

蜂やムカデなどの毒性が強い虫に刺されたときは患部を流水で洗浄して、早めに皮膚科を受診します。特に蜂は人によっては、意識を失ったり、呼吸ができなくなったりするアナフィラシキーショックを引き起こすこともあります。また、蚊や毛虫などの虫に刺されたときは家にステロイドの軟膏がありましたら、それを患部に塗ります。薬がない場合は、冷やしたタオルなどを刺された部位にあてましょう。そして、市販されている虫刺されの薬、もしくは、皮膚科を受診して薬を処方してもらいます。虫刺されは、傷口をかいてしまうと跡が残りやすくなってしまうので、シールタイプの薬を出されることがあります。もしも、結節性痒疹などの皮膚病の可能性がある場合には、初期の処理が大切になりますので、早めに病院を受診しましょう。

虫刺されによる跡を改善する方法

結節性痒疹の場合には紫外線療法や液体窒素による療法などがあります。また、外傷性(炎症後)色素沈着の場合には、皮膚科や美容外科などで下記のような治療法で改善できるとされています。

外傷性(炎症後)色素沈着

●ケミカルピーリング(皮膚の表皮にある古い角質を加熱して液体状にします。)

●レーザー治療(医療用のレーザー機械を使って治療します。)

●トレチノイン療法

●美白クリーム

●イオン導入(メラニンを薄くする働きがあるビタミンCを肌の奥に届ける治療法です。)

レーザー治療の場合には、1日で広範囲を治療することができるレーザーもあるので、仕事が忙しい方でも安心です。ただし、その場合には、皮膚の深い部分まで浸透したシミには対応できません。治療は1人1人のシミの状態や予定に合わせて行われるため、専門のドクターとよく相談して、自分に合った改善方法を見つけましょう。

また、外傷性(炎症後)色素沈着になっている部位に紫外線があたるとさらに、色が濃くなってしまう可能性があるので、外出時は日焼け止めクリームなどを使い、紫外線への対策を行うことをおすすめします。

虫刺されによる跡を作らないために

虫刺されによる跡を作らないためには、当たりまえのことではありますが、まずは、虫に刺されないことが大切です。虫がいるような場所に行くときは虫よけスプレーや、肌の露出を控えるなどして予防しましょう。そして虫に刺されたときは薬や病院で適切な処置を行い、かく、こするという刺激により跡が残りやすいということもあるので、かかないように心がけることが、虫刺され跡を作らないための第一歩です。

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!