スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

坐骨神経痛の症状とは

更新日:2017/04/06 公開日:2017/04/06

坐骨神経痛の基礎知識

坐骨神経痛の症状は、原因となる病気によりさまざまです。腰から下にかけてのシビレや痛みを引き起こす坐骨神経痛を改善するには、原因となる病気の治療が大切です。坐骨神経痛の症状について、ドクター監修の記事でお届けします。

座骨神経痛は、痛みやシビレの症状が腰から下にかけてあらわれます。病名ではなく、症状名である坐骨神経痛は、さまざまな病気が原因で引き起こされ、あらわれる症状や治療法にも違いがあります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因のなかでも多いのが、腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)になります。

腰椎椎間板ヘルニアは若い年代の坐骨神経痛の原因として多く、椎間板という背骨の骨と骨の間にある円盤状の軟骨に、なんらかの異常が起きたとき、この椎間板の中心部にある半透明でゲル状の髄核(ずいかく)が飛び出してしまい、神経を圧迫したり、刺激をしたりすることで坐骨神経痛の症状があらわれます。

一方、腰部脊柱管狭窄症は高齢者の坐骨神経痛の原因として一番多い病気です。年を重ねることで骨が変形し、骨棘ができたり、靭帯が肥厚することによって、その骨に取り囲まれている神経を圧迫してしまうために坐骨神経痛の症状があらわれます。

この2つ以外にも神経が靭帯(じんたい)や筋肉で締めつけられたり、坐骨神経が腫瘍や炎症を起こしたりすることで坐骨神経痛の症状があらわれることがあります。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経とは、腰椎からひざ上まで伸びている神経のことを指します。ひざから下の神経は、いくつかに分かれて足先まで伸びています。この坐骨神経のどこかにシビレや痛みがあらわれることを坐骨神経痛と呼びます。

主な症状としては、お尻や太ももの裏あたりから足先にかけてのシビレと痛み、お尻や腰の痛み、強い痛みによる歩行困難、足に力が入らなくなる、座っているのが辛くなる、足の感覚が以前より鈍くなる、下半身の右と左の筋肉を比べたときに筋肉の太さにばらつきがでる、などがあります。

また、坐骨神経に異常がなくても、坐骨神経沿いに痛みを感じ、なお、原因となる病気が何か分かっていない場合も、坐骨神経痛と呼ぶことがあります。

- 坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛は、まずその痛みやシビレのもととなっている病気を突き止めることが大切です。そして、その病気に対してそれぞれ適切な治療を行っていきます。

腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合

腰椎椎間板ヘルニアは、腰やお尻に痛み、ひざから下の部分に痛みやシビレがよく起こります。また、足に力が入りにくくなったり、背骨が横に曲がってしまい(疼痛性側弯)、スムーズに動けなくなったりすることもあります。ほかにも重いものを持つと痛みを強く感じる場合もあります。このような強い痛みを感じる時期には、コルセットを着用し、安静を心がけることがとても大切です。

薬を使う場合は、消炎と鎮痛の効果がある内服薬や座薬、神経周辺の炎症や痛みを抑えてくれる薬を注射する神経ブロックなどを行い、不快でつらい痛みを和らげます。腰を温めるのもおすすめです。痛みの症状が和らいだら、運動療法や、場合によっては牽引を行うこともあります。

これらの方法でも症状が改善されなかった場合や、排尿障害や下肢の脱力などがあるときは、手術を勧められるケースもあります。

腰部脊柱管狭窄症が原因の場合

腰部脊柱管狭窄症は、長距離を続けて歩くことができなくなります。腰の痛みはあまり強くなく、安静時にもほとんど症状がでません。しかし、姿勢よく立ったり歩いたりすると、太もも部分やひざ部分から下にかけて痛みやシビレがでるので、歩き続けるのが難しくなります。しかし、少しだけ前屈みの姿勢をとったり、どこかに座ったりすると、姿勢が良いときにでていた痛みやシビレの症状が軽くなります。

手術以外の治療法として、神経ブロックによるシビレや痛みの軽減、神経障害に効果のあるとされている薬や脊髄の神経の血行を良くするための薬などで、症状が改善されることがあります。

しかし、日常生活に影響が出てくるほど、歩行障害が進行した場合は、手術を行うときもあります。膀胱直腸障害(頻尿や尿漏れ)がでてしまっている場合は、改善の可能性が少ないので、手術を行う可能性が多くなります。

坐骨神経痛の原因となりうる病気はさまざまです。なかには、化膿性や腫瘍の病気もあるので、原因がはっきりしないまま、注射やマッサージなどだけで長期間様子をみるのは、避けましょう。

坐骨神経痛の予防

腰椎椎間板ヘルニアは、長時間にわたる悪い姿勢のままでの作業や動作、禁煙などで起こりやすくなるので、姿勢を正すことなどを常に意識することが大切です。また、姿勢がよくても、長い時間同じ姿勢でいるのも腰に負担がかかります。デスクワークや車の運転など、どうしても長時間同じ姿勢をしなくてはならないときは、なるべくこまめに休憩を挟み、身体の緊張をほぐしてやりましょう。また、座る姿勢にも注意が必要です。一見、楽そうな胡座ですが、腰に負担をかけやすいのでなるべく避けて、足を組まずに座るようにしましょう。床に座るときは、正座や壁にもたれかかる座り方がよいでしょう。

腰部脊柱管狭窄症の場合は、できる範囲でいいので無理のないウォーキングなどが、腰の痛みや予防におすすめです。また、腹筋背筋を鍛えると脊椎が安定するので腰の痛みの改善が期待できます。すでに痛みやシビレがでてしまっている場合は、無理によい姿勢を保とうとするのはやめましょう。腰部脊柱管狭窄症は、背筋をまっすぐ伸ばして立つと強くなるので、杖やシルバーカーを使いながら、少し前屈みになって歩きましょう。少しだけ前屈みになることで痛みやシビレも和らぎます。また、自転車をこぐのも、痛みの症状がでにくい上、よい運動にもなるので、おすすめです。

今すぐ読みたい