スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

坐骨神経痛の治療とは

更新日:2017/04/06 公開日:2017/04/06

坐骨神経痛の基礎知識

腰から足にかけて不快な痛みやシビレがあらわれる坐骨神経痛には、さまざまな原因となる病気があります。原因となる病気をつきとめて、坐骨神経痛を改善するには、どのような検査や治療があるのか、ドクター監修の記事で解説します。

腰から足にかけて、不快な痛みやシビレがあらわれる坐骨神経痛にはさまざまな原因となる病気があります。坐骨神経痛を治療するには、まず、その症状を引き起こしている病気を明らかにする必要があります。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)という名前は、病気のように聞こえますが、これは病名ではなく腰から足にかけて伸びている坐骨神経がさまざまな原因で圧迫などの障害を起こし、不快な痛みやシビレなどの症状があらわれることを指しています。坐骨神経痛の原因になる病気はいろいろありますが、あらわれる主な症状は、お尻や腰回りの不快な痛み、お尻や太ももの裏あたりから足にかけて感じるシビレや痛み、痛みのため歩くのが難しくなる、つらくて座っていられない、力を入れたくても足に力を入れることができない、以前より足の感覚が鈍くなる、下半身の右と左を比べると筋肉の太さに違いがでる、などがあります。

また、坐骨神経になにも障害がなく、原因となる病気も特定できないが坐骨神経沿いに痛みがあるといった場合でも、坐骨神経痛と呼ぶことがあります。

坐骨神経痛の検査

坐骨神経痛は、シビレや痛みといった症状を引き起こしている病気をまず明らかにすることがとても大切です。坐骨神経痛の検査は、腰椎の病気の中でも頻度の高いものを考えて、MRIや腰椎単純X線などを行います。そしてなかには、つらい痛みがまるで坐骨神経痛のような症状なのに、実は巨大な子宮筋腫が原因だったり、足の付け根にある股関節の関節炎である変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)が原因だったりするケースもあります。

坐骨神経痛がよくあらわれる病気に腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)があります。腰椎椎間板ヘルニアは若い人に多く、腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多い病気です。

腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合の検査

腰椎椎間板ヘルニアが坐骨神経痛の原因かどうかの検査は、MRIによる撮影などのほか、脚力が弱っていないか、足の感覚が鈍くなっていないかどうか、ひざを伸ばした状態で足を高く上げ坐骨神経痛の症状があらわれるか(下肢伸展挙上試験)をチェックして、診断を確定していきます。また、MRIの画像で、椎間板が飛び出していても、痛みやシビレといった症状がなければ、ほとんどの場合、問題はないとされています。

腰部脊柱管狭窄症が原因の場合の検査

腰部脊柱管狭窄症は、単純X線(レントゲン)での写真である程度、推測することはできます。しかし、足の動脈がつまったときに起こる血行障害でも、似た症状を引き起こすので、原因を正確に調べるためには脊髄造影(せきずいぞうえい)やMRIでの検査が必要です。

坐骨神経痛の手術

腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合は、症状によっては手術をすることもあります。腰椎椎間板ヘルニアは、およそ9割が手術無しで治るといわれていますが、手術が必要な症状の場合、放置すると後遺症や麻痺がのこることもあるので、専門医による適切な診断がとても大切です。

腰椎椎間板ヘルニアの場合の手術

腰椎椎間板ヘルニアの手術にはいくつかあり、その1つに患者への負担が少なく、肌にのこる手術の傷跡がとても小さいものがあります。経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(PELD)と呼ばれるその手術は、非常に細い管をヘルニアの部分に入れ、内視鏡で確認しながら飛び出して神経を圧迫していたヘルニアを取り除きます。また椎間板周辺の痛みを感じる部分(線維輪)の腰痛を引き起こす神経も遮断するので、腰の不快な痛みも治療することができます。この手術は患者によっては日帰り手術も可能となります。

腰部脊柱管狭窄症の場合の手術

背中の真ん中を縦に切開し、左右両方の背筋を切開剥離する従来の方法ではなく、内視鏡を用い筋肉内から脊椎に達し、圧迫している骨棘や靭帯を取り除く除圧術や、手術顕微鏡を使い右か左どちらかのみの背筋を剥離する「片側侵入両側序圧術」だと、背筋に与えるダメージを従来の半分にすることができます。傷跡は、約2.5cmとなり、手術の翌日から自分でトイレに行くことも可能とされています。こちらは日帰り手術ではなく、手術後、1週間からおよそ2週間で退院が可能となります。

坐骨神経痛の理学療法

坐骨神経痛には、理学療法も可能です。さまざまな装置を使うことができますが、効果が出るか否かは個人差もあり、どの装置が適切かなど、専門の医師や、理学療法士とはじめに相談することが大切です。

腰椎牽引装置

腰椎牽引装置を使って、神経周囲の血流改善を期待して痛みを緩和する効果を目的とします。

低周波治療器

神経や筋肉に刺激を与える装置です。坐骨神経痛のほか、肩こりや腰痛にも効果があるといわれています。

干渉波治療器

干渉波の電気エネルギーによって筋肉を収縮させることで、血行を改善させて痛みを和らげます。

今すぐ読みたい