スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

その足のしびれ。坐骨神経痛かも

更新日:2017/04/06 公開日:2017/04/06

坐骨神経痛の基礎知識

足がしびれる原因には、さまざまな病気が考えられます。坐骨神経痛ともよばれる足のしびれは、放置しておくとその原因となっている病気の悪化にもつながります。足のしびれについて、ドクター監修の記事でお届けします。

「足のしびれがなかなかとれない」「正座をしていたわけでもないのに足がしびれる」そのような時は神経が圧迫されているのかもしれません。

足がしびれる原因

人間の身体を支えている背骨は、椎骨(ついこつ)と呼ばれる骨がたくさん(頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨3-5個)積み重なってできています。この椎骨はそれぞれ丸く穴があいており、積み重なった椎骨に通るトンネル状の穴部分を脊柱管(せきちゅうかん)と呼びます。脊柱管には私たちの身体を動かしたり、痛みや熱さを感じたりする情報を伝えるために、とても重要な脊髄・馬尾神経(せきずい・ばびしんけい)が通っています。このトンネルを形成している骨や組織になんらかの異常が起きて、神経を圧迫すると、足など下半身の部位にしびれや痛みがあらわれる原因になることがあります。このような症状を「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」とよぶことがあります。坐骨神経痛による足の痛みやしびれが起きたとき、その原因と考えられる病気がいくつかあります。

腰椎椎間板ヘルニア

椎骨と椎骨の間には、クッションの役割をしている椎間板があります。この椎間板は髄核(ずいかく)という少し柔らかい中心部の周囲を、少し硬い線維輪(せんいりん)が取り囲んだ構造です。腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアは、並んでいる椎間板の中から、少し柔らかい髄核の一部が飛び出ることで神経を圧迫してしまい、足がしびれたり、痛みを感じたりする病気です。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は高齢者に多く、年齢を重ねることで、神経が通っている脊柱管が狭くなってしまい、神経が圧迫され、しびれや痛みを感じる病気です。

末梢神経障害

末梢神経障害(まっしょうしんけいしょうがい)は、糖尿病などの病気が原因で起こります。抹消の神経に直接障害が起きるのが、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症との違いです。両方の手足のしびれのほか、不快な強い痛みや感覚障害や冷えの症状があらわれます。

腓骨神経麻痺

腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)は、ひざの外側付近を通っている腓骨神経を圧迫することで引き起こされる、足のしびれや麻痺です。ガングリオンなどの腫瘤(しゅりゅう)や腫瘍(しゅよう)、ひざのケガなどで起こることがあります。また、長時間にわたる正座やあぐら、お酒を飲みすぎたあとの寝相などで、神経が圧迫され続けたときにも起こるしびれです。

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)は、足の動脈が細くなってしまったり、塞がってしまったりした結果、足のしびれや冷え、歩行障害、疝痛を起こします。

頚椎症

首の骨、頸椎の病気である頚椎症(けいついしょう)が原因となり、脊柱管が狭くなってしまい、主に上肢から手にかけての痛みやしびれ、ひどくなると(脊髄症)膀胱直腸障害や、歩行障害が起きます。

足のしびれが出る部位

原因となる病気の場所によって(何番目の腰椎の間の狭窄や、椎間板ヘルニアなのかによって)症状の出る場所は変わってきます。多くは臀部からすねの外側に痛みやしびれといった症状が出ます。また、脊柱管狭窄症が原因の場合は、歩いていると太ももやひざあたりから足先にかけて、しびれや痛みを感じ、前屈みになると緩和されます。

しびれの症状も、正座の後に感じるびりびりと電気が走ったような感覚のものから、触ると痛く感じるもの、触っても感覚が鈍く、触られている感じがしないものなどさまざまです。このようなしびれは一時的に起こることが多いのですが、原因になる病気によっては、何度もくりかえすことがあります。

足のしびれの悪化

最初は軽いしびれであっても、原因となる病気によって、しびれの状態が悪化したり、ほかの症状があらわれたりすることがあります。

腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合、しびれのほかに腰から足にかけての痛みや、足に力が入りにくくなるという症状があります。腰椎椎間板ヘルニアは、自然に治る可能性があるとはいわれていますが、初期症状を放置しておくと症状が悪化して、しびれや痛みが強くなり、歩行障害や排尿障害などの症状があらわれることがあります。また、脊柱管狭窄症が原因の場合は症状が悪化すると、足の力が落ちてしまったり、尿の出が悪くなったり、反対に漏れたりしてしまうという、排尿障害があらわれてしまうことがあります。

いずれも、完全に予防することはできませんが、普段から重いものをよく持ち上げたり、長い時間、同じ姿勢でいなくてはならなかったりすると、腰や背中などにかかる負担も大きく、症状は悪化する可能性もあります。

足のしびれがでたら受診を

足のしびれには、さまざまな原因が考えられます。しびれの放置は、その原因となっている病気の放置にもつながり、知らない間に病状を悪化させることにもなります。足にしびれを感じたら、専門医に相談し、適切な検査と治療で、症状の悪化を避けましょう。

今すぐ読みたい