スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

どんなものがある?痔の種類

更新日:2017/07/18 公開日:2017/07/18

痔の種類

痔にはさまざまな種類があり、それぞれで原因や特徴なども異なっています。適切な対処のためには、きちんと違いを知っておくのも大切でしょう。ドクター監修の記事で、痔の種類について説明していきます。

痔には大きく分けて3種類ありますが、それぞれ発症のメカニズムや症状などが異なり、対処法も変わります。適切に対処するためにも、その違いをきちんと知っておきましょう。

痔の種類

痔には「いぼ痔(痔核:じかく)」「切れ痔(裂肛:れっこう)」「あな痔(痔瘻:じろう)」の3種類があります。肛門の病気はすべて痛みや違和感といった症状が現れるわけではなく、原因や痔になるまでの過程もそれぞれ異なります。

いぼ痔

いぼ痔は、肛門の病気(肛門疾患)の中でも、もっとも患者が多いといわれています[1]。直腸下から肛門の周りにかけて、血液の流れが悪くなりうっ血することで腫れが生じ、いぼ痔となります。

いぼ痔には大きく分けて2つの種類があります。直腸と肛門の境目にある「歯状線(しじょうせん)」という部分から内側(口側)にできるのが「内痔核(ないじかく)」、外側(肛門側)にできるのが「外痔核(がいじかく)」です。

内痔核は、初期症状では出血が見られるものの、痛みはほとんどありません。しかし、症状が進んでいくと、だんだんと、いぼが肛門の外から出てくるようになってきます。最初のうちは自然に戻ったり、手で押し込んだりすると元通りになるのですが、最終的には押し込んでも戻っていかなくなります。いぼが出たままで戻らなくなると、肛門の括約筋でしめつけられて激しく痛みます(嵌頓痔核:かんとんじかく)。

切れ痔

切れ痔は、肛門の内側にある上皮(肛門管上皮)が切れてしまうことで起こる痔です。そのほとんどは、硬い便を出そうといきんだときに肛門上皮が裂けて生じます。

切れ痔の特徴は、排便時の痛みと出血です。その痛みは、「カミソリの刃」や「ガラス片」が通るような痛みと表現されることもあるほどです[1]。その理由は、切れ痔が起きる肛門管上皮という部分にあります。肛門管上皮周辺には知覚神経が通っているため、激しい痛みが発生してしまうのです。出血の量は人によって異なりますが、多くはいぼ痔ほどではありません。

あな痔

あな痔は肛門の内側から肛門の外側に瘻管(ろうかん)と呼ばれるトンネルを形成してしまう痔です。

肛門には肛門陰窩(いんか)と呼ばれる小さなくぼみがあり、そこからつながる肛門腺という部分に細菌感染が起こると、化膿して肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)となります。

肛門周囲膿瘍が悪化すると、強い痛みをともなったり、38~39度の高熱が出たりする場合もあります。

痔の種類による治療の違い

まず、痔の治療は大きく分けて「保存的治療法」と「外科的治療法」に分かれます。保存的治療とは、体に傷をつけずに治療を行っていく方法です。薬や生活習慣の改善などがメインとなります。

保存的治療では不十分だと診断された場合は、手術や注射を用いた外科的治療法を行います

保存的治療法

生活習慣の改善(いぼ痔・切れ痔)

長時間座り続けることや、精神的ストレス、冷えすぎを避けるなどの基本的な生活習慣を見直します。また、食生活では、痔の原因となるような便秘や下痢を改善するために、食生活を見直したりアルコールの摂取に注意したりします。

ほかにもトイレでいきみ過ぎることや、便器に座り続けることなどを避けるようにしたり(排便習慣の改善)、肛門周辺の血流がよくなるように入浴したりすること(温浴療法)を意識します。

薬物療法(いぼ痔・切れ痔)

こちらは薬によって痔を治療していく方法です。いぼ痔や切れ痔の場合、内服薬や座薬などが処方されます。ほとんどの場合はこの薬物療法と生活療法での対処が行われます。

外科的治療法

いぼ痔

排便時に脱出を伴う痔に対しては、いぼ痔そのものを切除する「結紮(けっさつ)切除法」や、痔に薬液を注入し固めて小さくする「硬化療法」が行われます。

外痔核に血豆(血栓)ができ、強い痛みをともなう場合(血栓性外痔核)は、「血栓除去術」を行うことがあります。

切れ痔

切れ痔は慢性化すると、切れ痔が起こる部分の皮膚(肛門管上皮)や、肛門を締める内側の筋肉(内肛門括約筋)が硬くなり、肛門が徐々に狭くなってしまいます。狭くなったことにより排便が困難になった場合は、狭くなった部分を手術によって広げる手術が必要となります。

麻酔をかけた上で手を使って肛門を広げたり(用手肛門拡張術)、内肛門括約筋の一部を切断したり(内括約筋側方切開術)します。切れ痔が慢性化して、肛門管上皮が潰瘍のようになってしまっている場合には、潰瘍部分を切除し、周辺の皮膚を横にスライドさせるよう移植して、患部を覆ってしまう方法(肛門皮膚弁移動術)が選ばれます。

あな痔

あな痔の治療には、基本的に手術が必要です。肛門の内側から外側に形成されたトンネルは薬では治療はできず、手術により除去が必要となります。あな痔の手術は日帰りでの治療も可能ですが、トンネルの深さや枝分かれの具合によっては入院による治療も必要になります。

膿が通ったトンネル(瘻管)の位置や病態によって手術術式が選択されます。手術の第一選択は、痔管を切開して開放する「瘻管開放術」が行われます。瘻管が深い部分を走っている場合は、肛門括約筋の損傷を避けるために「括約筋温存術」や「シートン法」が行われます。「括約筋温存術」は、「くり抜き法」とも呼ばれ、瘻管だけを取り除いていきます。「シートン法」は瘻管のなかに輪ゴムを挿入し、数週間ごとにそのゴムを締め付けていくという方法です。

どの術式も、瘻管ができた場所や深さを見て決められます。

参考文献

  1. [1]日本大腸肛門病学会. “肛門疾患(痔核・痔瘻・裂肛)診療ガイドライン 2014年版” Minds(マインズ)ガイドラインセンター. http://www.coloproctology.gr.jp/files/uploads/%E8%82%9B%E9%96%80%E7%96%BE%E6%82%A3%E8%A8%BA%E7%99%82%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B32014-2%E5%88%B7.pdf (参照2017-06-29)

この病気・症状の初診に向いている科 肛門外科

今すぐ読みたい