出血があるけど痛くない痔の特徴とは

更新日:2017/04/24 公開日:2017/04/24

痔の種類

お尻からの出血はあるけど痛みはない、そういった場合は痔の可能性があります。しかし、場合によっては腸や消化器系の疾患の可能性もあるため、自己判断は禁物です。ドクター監修の記事で、痛くない痔について解説していきます。

痔の中には、それほど痛みが出てこないものもあります。しかし、だからといって放っておいいてしまうと、症状が進行して大変なことになってしまうこともあるのです。

お尻から出血のある痔の特徴

痔には「イボ痔」や「切れ痔」、「あな痔」などがありますが、その中でも痛みがなく、出血だけが見られる痔としては、イボ痔が代表的です。そのイボ痔もさらに肛門の内側にできる内痔核(ないじかく)と、肛門の外側にできる外痔核(がいじかく)の2つに分けられるのですが、特に内痔核には痛みがほとんどないといわれているのです。

内痔核の症状

内痔核の症状は、I度~IV度の4段階に分けられています。そしてI、一部のII、III度の状態では、痛みがほとんどありません。内痔核は肛門と大腸(直腸)の境界線である歯状線の直腸側に発生する痔核であり、そこには知覚神経がほとんど通っていないため、この段階ではほとんど痛みを感じないといわれています。しかし、これがII度・III度となってくると、イボの部分が肛門から飛び出してきて、出血も痛みも少しずつ増えていきます。さらにIV度になってしまうと、飛び出したイボが指で押し込んでも戻っていかず、痛みも出血もピークへと向かうのです。

内痔核の原因

内痔核の原因は、肛門周辺の血流の悪化といわれています。血流が悪くなると、その部分がうっ血してしまい、内痔核になってしまうのです。特にデスクワークなどで長時間同じ姿勢でいる人は、肛門周辺への血流が悪くなってしまうと、その部分がそしてお尻への負担が大きいことも重なり、内痔核にかかってしまうリスクも高くなってしまうといわれています。ほかには、妊娠中の人も内痔核のリスクが高くなりやすいです。妊娠中は胎盤へ血液が集中することや、そして大きくなった子宮が肛門周辺を圧迫してしまうことなどもあり、やはり肛門周辺の血流が悪化してしまうからです。そのため、特に妊娠中は血流が悪くならないよう、軽いストレッチや入浴などを取り入れていきましょう。

痔以外でお尻からの出血がある病気

また内痔核以外でも、大腸や消化器系の疾患などで出血している可能性もあります。自己判断せず、きちんと医療機関での診察を受けるようにしましょう。

大腸ポリープ・大腸癌

大腸内に良性のポリープができてしまう状態です。このポリープは良性のため、すぐさま体に悪さをするわけではありません。しかし、だんだんとサイズが大きくなっていくと、いずれ大腸癌へと進行してしまうポリープ(腺腫)の可能性もあるため、血便が見られたときは必ず医療機関での診察を受けるようにしてください。

潰瘍性大腸炎

この潰瘍性大腸炎は、大腸に炎症が起きる病気です。そうなると、血便やドロっとした血の混ざった粘血便などが出てきてしまいます。この潰瘍性大腸炎は原因のはっきりとしておらず、厚生労働省からは難病にも指定されているほどです。場合によっては癌を合併したり、または腸自体が腐ってしまい、手術も必要になることもありますので、やはり早めに医療機関での診察を受けるようにしましょう。

クローン病

こちらも原因不明の病気です。大腸だけでなく、消化管のどこかに炎症が起きて、潰瘍が発生する、あるいは粘膜が腫れてしまう病気をクローン病と言います。ひとことで消化器系といっても、口から腸、そして肛門までほとんどのところにクローン病ができてしまう可能性はあります。そして肛門付近にできてしまった場合は、痔瘻(あな痔)をともないやすいです。

痛くない痔の診察と治療

肛門科で行われる痔の検査としては、問診や触診などがあります。特に触診では、肛門周辺の検査だけでなく、腸内の粘膜の検査なども行われることが多いです。やはり、出血が見られただけでは、それが痔によるものなのか、それとも腸の疾患によるものなのかの判断がつきません。そのため、ゴム手袋をしてそこにゼリーを塗り、そして指を直接肛門から挿入して、腸内の粘膜を検査するという方法がとられるのです。必要に応じて、肛門鏡で肛門内を検査したり、内視鏡によって大腸内を検査したりすることもあります。また、もし内痔核だった場合は、以下の治療法がとられることもあります。

薬物療法

薬によって治療していく方法です。内痔核の場合は症状の進行度によっても変わってきますが、内服薬や座薬、塗り薬などが処方されます。

生活療法

生活習慣を見直す治療法です。初期の内痔核であれば、手術などは必要なく、薬物療法と生活療法で対処していくことも多くなります。生活療法では、食生活やお尻を清潔にする方法などが指導されます。

ジオン注射

こちらは「ジオン」という硫酸アルミニウム水和物とタンニン酸からできた薬を1つの内痔核の4箇所に注射する治療法です。このジオンは内痔核を硬化させる働きを持っており、硬化した内痔核はそのご凝縮し始め、しだいになくなっていきます。手術よりも体への負担が少なく、日帰りでも行うことができるため、現在では非常にポピュラーな治療法です。

手術による内痔核の切除

内痔核を手術で治療していく場合は、皮膚を切開する方法がとられます。肛門周辺の皮膚を切開し、イボ状になっている痔を取り除いていくという方法です。最近では、日帰りで治療する施設も出てきています。

この病気・症状の初診に向いている科 肛門外科

今すぐ読みたい