1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

スプレータイプの日焼け止めの選び方・使い方

更新日:2017/11/22 公開日:2017/03/31

スプレータイプの日焼け止めは、どのようなときに効果発し、そのような使い方に適しているのでしょうか。詳しく解説していきたいと思います。

スプレータイプの日焼け止めとは

スプレータイプの日焼け止めとはどのようなもののことを言うのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

日焼けは紫外線によって起こる

日焼けというのは、紫外線のよって引き起こされる現象です。紫外線には、波長の長い紫外線A波と波長の短い紫外線B波があります。紫外線のほとんどが、紫外線A波であり、老化の原因になるといわれています。一方で、紫外線B波は紫外線の力が非常に強力であり、肌の表面に大きなダメージを与えているとされています。日焼け止めには、これらの紫外線から肌の表皮細胞を守るために有効な手段であるといわれています。

日焼け止めのタイプについて

日焼け止めには主に次のような種類があります。

  • スプレータイプ
  • クリームタイプ
  • 乳液タイプ
  • ローションタイプ
  • ジェルタイプ
  • パウダータイプ

液体状の日焼け止め

スプレータイプの日焼け止めは、霧状の日焼け止めではありますが、もとは液体状の日焼け止めです。液体状の日焼け止めを専用スプレーボトルで使用することにより、霧状の日焼け止めとなります。手軽に使用することができるということで、人気の日焼け止めタイプの一つであると考えられます。

スプレータイプの日焼け止めを使用するメリット

スプレータイプの日焼け止めを使用するメリットというのはどのようなものが考えられるのでしょうか。

手軽に使用できる

もっとも大きな理由としては、手軽に使用できるという点です。いつでもどこでもサッと日焼け止めをつけることができますので時間がない場合でも、合間を見て使用することができます。時短効果としてはもっとも期待ができそうです。

手で塗りにくい所も使用できる

スプレータイプの日焼け止めは、スプレーを噴霧する距離や角度を調整することによりある程度の距離がある目標にも噴霧することができます。そのため、クリームやジェルタイプの日焼け止めではつけにくかった、背中にも日焼け止めを独りでつけることができるようです。

髪の毛にも使用できる

意外に見落としがちなのですが、髪の毛も日焼けをしてしまい衰えてしまうといわれています。クリームタイプやジェルタイプでは、髪の毛につけると不具合が多いです。そのため、スプレータイプであれば髪の毛に十分な量ふりかけることができます。

子供も簡単に使用できる

子供というのは、短い時間でもあまりじっとしておけないことが多いです。そういった動き回る子供に対しても、スプレータイプの日焼け止めであれば、すぐに日焼け止めを塗ってあげることができるということで重宝されている場合が多いです。

スプレータイプの日焼け止めの使い方

日焼け止めの使用方法としては、次のようなことを意識しておくとよいです。

よく振る

液体タイプの日焼け止めというのは、長時間使用していないと成分が分離しやすくなってしまいます。そのままで使用すると期待できる効果を十分に体感することができなくなります。ですので、スプレータイプの日焼け止めを使用する場合は、しっかりと振ってから使用しましょう。

換気のよい場所で使用する

日焼け止めをスプレーする際には、10cm以上話して換気のよい状態で使用するようにしてください。

ムラ防止のためよく伸ばす

スプレータイプは、直接肌にかけただけでは、ムラになることがあります。そのため、スプレーを吹きかけた後は手でしっかりと伸ばすように使用してください。

定期的に吹きなおす

タオルやハンカチで汗などを拭いた後は効果が徐々に弱まる場合があります。定期的にスプレーしなおして、日焼け止めの予防効果を持続できるようにしておきましょう。

スプレータイプの日焼け止めを使う際の注意点

スプレータイプの日焼け止めを使用するのに注意する点はあるのでしょうか。

同じ場所に長時間スプレーしない

スプレーには、吹き出すときに冷たく感じる場合があります。同じところに長時間吹きつけてしまうと、肌を傷つけてしまう可能性がありますのでご注意ください。

顔には直接スプレーをしない

スプレータイプは、顔にも手軽にシュッとしたくなってしまいますが、非常に危険だといわれています。顔につける際には、手などにスプレーしてから、それを伸ばすようにして日焼け止めをつけるようにしてください。

塗りムラに気をつける

スプレータイプはどうしてもムラになりやすいです。しっかり塗っておかないと、部分的に日焼けをしてしまい、肌を傷つける可能性があります。しっかりと伸ばすようにしましょう。

まぶたや粘膜に使用しない

スプレータイプの日焼け止めは、刺激が強いものも多いです。皮膚の薄いまぶたや、粘膜などに吹きかけないように注意してください。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート