スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

飲む日焼け止めサプリの効果とおすすめの飲み方

更新日:2017/11/22 公開日:2017/03/29

飲む日焼け止めという日焼け止めがあるのを知らない人は意外に多いです。特徴や使い方について解説していきます。

人気の高い飲む日焼け止めサプリメントとは

飲む日焼け止めというのはどのようなものかを詳しく解説していきます。

日焼け止めは塗るのが一般的

日焼け止めというと塗る日焼け止めをイメージする場合が多いです。ドラッグストアなどに行くとたくさんの塗る日焼け止めが販売されていることからも、メジャーな日焼け止めといえば塗る日焼け止めであると言えるでしょう。皮膚の日焼けを防ぐものですので、日焼け止めを飲むというのがいまいち想像できないという人が多いです。

飲む日焼け止めは薬ではなくサプリとして服用

塗るタイプの日焼け止めというと、医薬部外品の外用薬です。医師が処方する薬もありますので、薬剤という見方が強いです。ですが、飲む日焼け止めというのは、薬というよりもサプリメントとして服用するものです。医師から処方されて服用するものではありません。

主成分はシダ類から抽出

飲む日焼け止めの主成分は。シダ類である「Polypodium leucotomos」から抽出されたという成分です。この「Polypodium leucotomos」は、アメリカ大陸で生息している植物であり、中南米では古くから民間療法で使用されてきたといわれています。

海外では民間療法で使用

中南米で民間療法として使用されていたときには、皮膚の病気だけでなく、ぜんそくや心臓病などの症状にも効果があると期待されると考えられているようです。

飲む日焼け止めサプリの効果とは

民間療法では、皮膚病などに効果があると期待されているようですが、具体的には抗酸化作用、免疫防御作用、細胞DNA保護作用、そして皮膚構造維持作用の期待ができるようです。詳しく解説していきます。

紫外線によるシミを予防する抗酸化作用

紫外線というのは、皮膚にあたると活性酸素を発生させます。活性酸素はシミのもとになるメラニンを生成して、皮膚を黒くしてしまいます。飲む日焼け止めには、強い抗酸化作用が期待でき、活性酸素を抑制することができるといわれているので、シミ予防に効果的だと考えられています。

ランゲルハンス細胞を守る免疫防御作用

肌の免疫機能を保つために、ランゲルハンス細胞というものが必要となります。ですが、紫外線はこのランゲルハンス細胞を減少させるため、日焼けを引き起こすと考えられています。飲む日焼け止めを服用することで、このランゲルハンス細胞の減少を防ぐ効果があるといわれています。ランゲルハンス細胞が十分にあることから、肌の免疫機能が十分に働き、日焼け予防が期待できるようです。

紫外線によるDNA損傷を防ぐDNA保護作用

肌が紫外線を浴びると皮膚のDNAにダメージを与えます。飲む日焼け止めは、このDNAの損傷を減少させ鵜効果が期待できるようです。さらに、肌の回復能力を促進させる効果があるといわれており、将来的な皮膚がんの予防もできるといわれています。

皮膚構造維持作用

紫外線を受けるとシミやシワなどの老化現象が促進されるといわれています。光老化と呼ばれており、原因は紫外線によりコラーゲンが減少するためだといわれています。飲む日焼け止めには、細胞へのダメージを軽減させて、コラーゲンを幻想から保護する機能が期待できます。それにより、老化現象の促進を抑えることができるといわれています。

飲む日焼け止めサプリのおすすめの飲み方

飲む日焼け止めはどのように使用すると効果的なのかを詳しく解説していきます。

日光を浴びる30分前に飲む

飲む日焼け止めは、日光を浴びる30分前に服用することで、日焼け止め効果が期待できるといわれています。ただ、持続時間があり、効果が感じられるのは4時間程度だと考えられています。それ以降だと適切な効果が発揮されないといわれていますので、長時間外出しているときには4時間五トン服用するほうがいいと考えられています。

毎日定期的に飲む

サプリメントとして、服用する場合は1日1回1カプセルを服用するとよいといわれています。

ジュースやヨーグルトと一緒に飲む

飲む日焼け止めはあくまでもサプリメントです。そのため、服用の際に水や白湯で飲んだほうがよいというわけではありません。もし、飲みにくいと感じた場合は、ジュースやヨーグルトと一緒に服用してもいいようです。

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めを併用する

飲む日焼け止め単体で使用するというよりも、通常の塗るタイプの日焼け止めと飲む日焼け止めを併用して、外からと中から日焼けを予防するとよいといわれています。

飲む日焼け止めサプリの副作用

飲む日焼け止めを服用する際の注意すべき点について解説します。

妊娠中や授乳中は控える

妊娠中や授乳中や、胎児や乳幼児に影響を与える可能性がありますので、服用しないようにしてください。

子供の服用は控える

子供が服用することも問題ないですが、それでも4歳までは服用しないようにすすめられています。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー