1486名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビが出ている肌には日焼け止めNG?

更新日:2017/03/29 公開日:2017/03/29

ニキビの悪化をおそれるあまり、日焼け止めを塗らないとどのような影響があるのか、ニキビにも使用できる日焼け止めについて詳しくご紹介します。

ニキビ予防には紫外線対策も必要

ニキビ予防としての紫外線対策の重要性について解説します。

毛穴がふさがりやすくなる可能性

日焼け止めには、脂質などが多く含まれているものもあり、日焼け止めを塗ることに躊躇してしまう人も多いと思います。ですが、たとえニキビができていたとしても、日焼け止めにより紫外線を防御するのは非常に重要だと考えられています。もし、なにも日焼け対策をしていない肌に紫外線が照射されると、肌は紫外線から身を守ろうという反応をします。過角化という角質をより硬く、厚くして紫外線を防ごうとするようになります。角質が異常に硬くなってしまうと、毛穴が狭くなり皮脂や汚れがつまりやすくなってしまいます。それにより、ニキビができやすくなってしまい、そこからさらに炎症などを引き起こす可能性があるといわれています。

肌のバリア機能が減少する可能性

過角化が進んでしまうと、紫外線の影響を受けて水分が蒸発しやすくなってしまいます。それにより、肌の乾燥が進んでしまい、肌を守るために重要なバリア機能が低下してしまう可能性があるといわれています。

ニキビケアにより肌が弱まっていることもある

ニキビケアの方法の一つとして、ピーリングなどにより角質ケアを行っている人も少なくないと思います。これらのケアをしている場合、乾燥状態と同様に肌のバリア機能が低下してしまっている可能性があります。ピーリング後は、肌を素肌の状態で放置するのではなく、しっかりと紫外線対策をしておかないと、ニキビが悪化してしまう可能性があるといわれています。

ニキビ肌の日焼け止めの選び方

ニキビ肌でも安心して使用することができる日焼け止めについて詳しく解説していきたいと思います。

紫外線吸収剤の入っていない日焼け止め

紫外線吸収剤は、市販の日焼け止めによく入っている成分の一つです。この紫外線吸収剤には、アレルギーなどの皮膚障害のおそれがあるといわれており、ニキビに悩む人や敏感肌の人にとって避けるべき成分のようです。この紫外線吸収剤は、非常に紫外線防御機能が高いことで知られており、SPF値やPA値が高いものに多く利用されていることが多いです。さらに、塗ったときに白っぽくならないことから、メイク面でも重宝されることが多いようです。紫外線吸収剤には、ベンゼン系の化合物やフェノール系の化合物が使用されていることがあり、発がん性のおそれもある化合物であるといわれています。さらに、敏感肌の場合はかぶれやかゆみの原因にもなるといわれています。そのため、ニキビに悩んでいる場合は紫外線吸収剤が入っておらず、紫外線散乱剤だけが入っている日焼け止めを選択するとよいようです。

オイルフリーの日焼け止め

日焼け止めには、油分が多く含まれているものがあります。これらの油分は肌のうえで酸化してしまうことにより、ニキビの原因になる可能性があります。さらに、毛穴に詰まってしまうと、さまざまな雑菌の温床になる可能性があります。また、ニキビ以外にも炎症を引き起こす可能性がありますので避けたほうがよいといわれています。オイルフリーと記載されている日焼け止めを探しましょう。

無香料、無着色の日焼け止め

香料や着色料があるとどうしても肌に負担がかかりやすくなってしまいます。無香料や無着色などの配合成分の少ないものを選びましょう。香りや色がついていたからといって、日焼け予防には効果に影響がないと考えられています。

ニキビ肌への日焼け止めの使い方

ニキビ肌の場合の日焼け止めの使い方は、通常の肌の場合とほとんど同じだといわれています。詳しく解説していきます。

重ねづけをする

顔に日焼け止めを塗る際には、重ねづけをするのが基本だといわれています。たくさんの量を1回だけ塗ってしまうと、塗りムラができてしまう可能性があります。2回に分けて均一に塗り込むようにしましょう。

2層タイプはよく振る

2層タイプの日焼け止めを使用する際には、使用前によく振って日焼け止めの内容物を均一な状態にするようにしてください。

しっかりと落とす

日焼け止めなどは、プールや海での使用を想定して、汗や水に強いウォータープルーフタイプになっていることが多いです。ウォータープルーフタイプは普通に洗顔をしただけでは日焼け止めをしっかり落とすことができずに、ニキビの原因になる可能性があります。クレンジングを使用して落としたり、W洗顔をしたりするなど、しっかりと日焼け止めを落とすようにするとよいでしょう。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート