1449名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

鼻の黒ずみの取り方とは?

更新日:2017/04/04 公開日:2017/03/29

鼻の周りは毛穴が多く、汚れが溜まりやすいため黒ずみが目立ちやすい部分となります。また、加齢にともない肌の水分量が低下することで、毛穴の形が変形し黒ずみを感じやすくなるようです。

鼻の黒ずみの正体

皮膚の表面には無数の毛穴があります。毛穴から皮脂を分泌することで、ホコリなどの外的刺激から肌を保護する役割をしたり、汗を出すことで体温調整や老廃物の排出をしたりしています。毛穴があることで、デトックス機能とバリア機能が働くなど、体にとってなくてはならない重要な機能を果たしています。毛穴は、肌のターンオーバーが乱れ毛穴がふさがったままの状態になったり、汚れが溜まったままの状態になったりすることで黒く変色してみえるようになります。これが毛穴の黒ずみです。顔の中でも、鼻などのTゾーンは他の場所と比べて約7倍の毛穴が存在するといわれています。そのため、鼻の黒ずみは目立ちやすく感じるのです。黒ずみが起こる原因としては、次のようなことが考えられます。

皮膚に汚れが蓄積されている

十分な洗顔やクレンジングがされていなかったり肌のターンオーバーが乱れていたりすることで、毛穴の中に汚れや古い角質が蓄積されてしまっている状態です。触るとざらざらした感触があるのが特徴です。

皮脂の分泌が多い

毛穴が目立つ人は、毛穴が目立たない人に比べて皮脂の分泌量が多いといわれています。また、Tゾーンは他の部分に比べると、皮脂の分泌量が多い部分でもあります。このように、皮脂が多いとターンオーバーのバランスが乱れやすく毛穴に汚れが溜まりやすくなるとされています。

毛穴が広がっている

肌が乾燥してしまうと、表皮にうるおいを与えるために毛穴を広げて皮脂を分泌させようとします。この状態が続くことで過剰に皮脂を分泌し続け、毛穴が開いたままの状態になってしまいます。また、加齢にともない皮膚の弾力が失われることで毛穴の形が伸びてしまうことも、毛穴が広がる一因だといわれています。毛穴が広がってしまった結果、毛穴に汚れが溜まりやすくなると考えられています。

紫外線による影響

紫外線による影響で、肌の内部にメラニンが蓄積されてしまっている状態です。毛穴の周辺はメラニン色素が多いため、紫外線の影響をうけやすいといわれています。毛穴に汚れが蓄積されているわけでもないのに、肌に黒ずみを感じる場合はこのタイプだと考えられます。

鼻の黒ずみの取り方

鼻の黒ずみを取るには、皮脂の汚れをしっかりと取り除くことが大切です。毛穴を広げて皮脂の汚れを落としやすくするために、洗顔前には顔に蒸しタオルをあてて毛穴を広げるといいでしょう。洗顔料は十分に泡立てて、優しく丁寧に洗います。このときにごしごし肌をこすったり、長い間洗顔を続けたりすることはおすすめできません。肌に必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があるからです。泡はしっかりと洗い流し、肌を清潔に保つようにします。一度の洗顔で汚れが落ちにくい場合は、二度洗顔をすることもおすすめです。

ピーリングや酵素洗顔で角質コントロール

鼻の黒ずみの原因ともなる古い角質の成分は、タンパク質だといわれています。そのため、オイルなどではなかなか溶かすことができないため、タンパク質系の汚れを取り除くことができるピーリング剤や酵素洗顔を使うことも有効だと考えられます。ピーリング剤や酵素洗顔を使うことで、肌に蓄積された分厚い角質を落として、毛穴をつまりにくくする効果が期待できます。しかし、毎日使うとかえって肌への負担となるためスペシャルケアとしてとり入れるといいでしょう。

クリニックで治療する

鼻の黒ずみがなかなか改善されない場合は、皮膚科や美容外科などで治療することも可能です。受けることのできる治療方法は大きく2つあります。一つ目はケミカルピーリングです。セルフケアでは除去できない古い角質やメラニン色素を除去してターンオーバーを促します。肌に合わせたピーリング剤を使用して治療をしていきます。二つ目はレーザー治療です。黒ずみが気になる部分にレーザーを照射することでメラニン色素を破壊して、皮膚の代謝を高めます。クリニックでの治療を検討している場合は、一度ドクターに相談してみるといいでしょう。

鼻の黒ずみの予防法

鼻の黒ずみを予防するには次のようなことに気をつけるといいでしょう。

肌の保湿を行う

肌が乾燥していると毛穴が開いてしまい、汚れが貯まりやすくなります。洗顔が終わったあとは、化粧水や保湿剤で保湿を行うことが大切です。毛穴の炎症を防ぐにはノンオイルの美容液も効果的です。普段から肌の乾燥を感じたら水分を補給するように心がけるといいでしょう。

肌のバリア機能を高める

毛穴の黒ずみを予防するには、肌の水分量と皮脂量のバランスを整えバリア機能を高めることも欠かせません。魚介類に多いビタミンAや果物に多いビタミンCなどの栄養素を摂取するように心がけるといいでしょう。また、ストレスは肌のバリア機能を低下させるといわれています。気分転換できる方法を見つけて、ストレスをため込まないようにすることも大切です。

皮脂や汚れが溜まることでできる鼻の黒ずみは、毎日のセルフケアで改善することができるといわれています。また、肌の状態を整えるための保湿や生活習慣にも気をつけることで、改善へとつながります。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート