1419名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビ跡に薬は効果ある?ニキビ跡を皮膚科で治す治療法

更新日:2017/11/22 公開日:2017/03/29

ニキビが悪化してしまうと、ニキビ跡として残りやすくなってしまいます。ここでは、そのようなニキビ跡に効果的な医薬品や治療方法などにについて、詳しくご紹介します。

ニキビ跡に薬は効果ある?

ニキビ跡は、ニキビが悪化した状態のときにできやすいとされています。効きめの強い医療用医薬品であれば、ニキビ跡はきれいに消すことができるのではと思いがちですが、実は医療用医薬品であっても、解消することができません。残念ながら、できてしまったニキビ跡に対する効果は、外用薬であっても内服薬であっても、期待ができないのです。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡と一言で言っても、いくつか種類があります。

ニキビが炎症を起こし赤みをおびたニキビ跡

ニキビが炎症を起きた状態の場合、アクネ菌が血管を拡げ、毛包壁が破壊されて細胞感染をともなっていることが多いです。そのため、皮膚はダメージを負っており、肌に赤いニキビ跡が残ることがあります。炎症による傷のために毛細血管が集まることで、皮膚が赤く見えるのです。

色素沈着を起こしたニキビ跡

茶色のシミやくすみとなって残るニキビ跡は、メラニンが原因となってできます。ニキビの炎症により肌が損傷すると、表皮の基底層にあるメラノサイトが活発になり、メラニンが大量に作られるのです。炎症が重い場合は、このメラニンが真皮層にまで届き、なかなか消えることのない色素沈着となる場合もあります。

肌が凸凹のクレーター状のニキビ跡

ひどい炎症のニキビの場合、アクネ菌がニキビの周辺組織を破壊しながら増殖をしていることがあります。そして、この破壊を食い止めるために、白血球は皮膚細胞を壊してしまいます。このような状況が真皮で起こった場合、肌の再生が困難になり、ダメージをうけた肌がクレーター状になって残ってしまうことがあります。

かゆみや痛みをともなうしこりのニキビ跡

重度の化膿または炎症が同じところで繰り返し起きると、真皮にまで影響を受けたダメージによって肌の再生能力がうまく働かない状況が起きます。そして、コラーゲン線維が過剰に作られてしまい、これが硬化することでしこりのニキビ跡ができてしまうのです。しこりは痛みやかゆみなどはともなうことはなく、硬く盛り上がっており、主にあごラインにできやすいとされています。

ケロイド状になったニキビ跡

体質により、ニキビ跡が赤くなって、やけどの跡のようにケロイド状になってしまう場合があります。このようになる原因としては、しこりのニキビ跡と同じように、肌のダメージが肌の奥深くまで広がってしまったためと考えられています。

ニキビ跡ができないように予防するポイント

ニキビ跡を作らないためには、ニキビの段階できちんとしたケアを行うことが重要です。ニキビを必要以上に手で触ることを避け、ニキビをつぶすことはやめましょう。また、症状に応じては治療が必要となることもあります。

ニキビ跡を皮膚科で治す治療法

ニキビ跡を解消するには、クリニックでの治療が効果的である場合があります。

色素沈着におすすめの治療法

色素沈着を起こしたニキビ跡の場合は、光治療、フォトフェイシャル、ライムライトといった治療法がおすすめです。ただし、複数回の治療を受ける必要があります。

クレーター状のニキビ跡にはレーザー治療

深いクレーター状または凹凸があるタイプのニキビ跡の場合は、炭酸ガスレーザー、パールフラクショナル、ニキビ跡改善レーザーなどがおすすめです。1回の費用には幅があります。また、ダウンタイムが必要となる場合にもあるため、カウンセリングは必ず受け、治療方法などを細かく確認しておくようにしましょう。

顔にできたケロイド状のニキビ跡は慎重に

ケロイド体質の人の場合は、レーザー治療は慎重に行わなければなりません。まずは、経験が豊富な医師の診察を受けて、治療について相談をしてみるといいでしょう。 ニキビ跡に効果的な医療薬は残念ながらありません。

また、クリニックによる治療も、確実にニキビ跡をきれいに解消できるという保証はないとされています。そのため、ニキビができた段階できちんとケアを行い、ニキビを悪化させないことがもっとも重要となります。クリニックなどでの治療を進めながら、生活習慣を見直してみましょう。

栄養バランスのよい食事や質の高い睡眠は、肌の再生を促すうえでも大切です。ビタミンや食物繊維が豊富な野菜を積極的にとりましょう。また、適度な運動も効果が期待できます。その他、飲酒や喫煙の習慣がある人は、これを機会に見直すことをおすすめします。 ニキビは皮膚の疾患です。ニキビを軽く考えず、生活習慣を見直し、必要に応じて病院を受診して適切な処置を受けるように心がけるようにしましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー