1419名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

傷跡を消すための方法とは

更新日:2017/04/02 公開日:2017/03/29

やけどや擦り傷などの傷跡が赤く盛り上がってしまうことがあります。これらをその範囲によって「肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)」や「ケロイド」と言います。これらの傷跡は赤く盛り上がっているので目立ちますが、かゆみや痛みをともなうこともあります。この傷跡を消すにはどのような方法があるのかについて、その治療法の種類についていくつか紹介します。

どのような場合に赤く盛り上がった傷跡が残るの?

やけどやケガによる傷を創傷(そうしょう)と言います。創傷が皮膚の表面だけにある浅い損傷だと治りも早く、傷跡も時間がたつとともに自然に消えていきますが、創傷が皮膚の深いところまで達していると治りも遅くなります。治りが遅いと損傷を埋めるための膠原線維(こうげんせんい・コラーゲン)が過剰に作られてしまいます。さらに、傷口がアレルギー反応を起こしたり皮膚が過剰に引っ張られたりして、傷口が赤く盛り上がったような跡ができてしまうことがあります。この赤く盛り上がった傷跡の事を肥厚性瘢痕やケロイドと言います。

肥厚性瘢痕とケロイドの違いは、赤く盛り上がった範囲の広さで分類します。肥厚性瘢痕は、傷口の部分だけ盛り上がっているのに対し、ケロイドは傷口だけでなくその周囲にまで広がっていきます。また、ケロイドの場合はかゆみや痛みをともなったり、関節が動かしにくくなったりするなどの症状も見られることがあります。しかし、中には両方の特性を持つ傷跡や両方の傷跡が混ざっている状態の方もいるので、はっきりと区別することは難しいとされています。

赤く盛り上がった傷跡を消すための方法

傷が赤く盛り上がってしまった場合でも、傷跡を消すための方法がいくつかあります。ひとつずつ、詳しく紹介します。

内服薬による治療

気管支喘息や、アトピー性皮膚炎などアレルギー性の病気の際に服用する「トラニラスト(薬剤名)」という薬があります。トラニラストは、肥満細胞からアレルギー反応を起こすヒスタミンなどの物質が放出されるのを抑制するほか、線維芽細胞(せんいがさいぼう)のコラーゲンの生成を抑える働きをします。これらのことにより、ケロイドや肥厚性瘢痕の改善にも使われています。さらに、傷跡を目立たなくする手術の後に、トラニラストを服用することによって、肥厚性瘢痕の再発を防ぐことができるようです。

ただし、膀胱炎や肝機能障害といった副作用が出ることがありますので、服用時に異変を感じたら早めにドクターに相談してください。

ステロイド剤を使った治療

ステロイドは炎症を抑える効果があるため、肥厚性瘢痕やケロイドの治療に効果があるといわれています。ステロイドには軟膏やテープ剤、注射などの方法がありますが、肥厚性瘢痕には範囲が限られていることと、皮膚からの吸収率が高いことからテープ剤が推奨されています。ケロイドにもテープ剤がよく使われますが、直接注射をすることも効果が高いといわれています。直接注射することによってケロイドが改善する割合は70%といわれています。

しかし、色素の沈着や皮膚の委縮(いしゅく)といった副作用もあることから、肥厚性瘢痕の場合はほかの方法で改善が見られなかった場合に使われることが多いようです。

色素レーザー治療

色素レーザーを使うことによって傷口の赤みを抑えるほか、表面を平らにしたりかゆみや痛みも軽減されたりする効果があるといわれています。人によってはあまり効果が見られない方もいるようですので、ほかの治療法と併用することが望ましいでしょう。また、レーザー治療は保険適用外となっています。ドクターともよく相談して判断しましょう。

シリコーンジェルシート

傷跡にシリコーンジェルシートを貼ることで、赤みや傷口の盛り上がりを改善する効果があるといわれていますが根拠は弱いとの見方もあります。市販されているものもありますが、ドクターと相談のうえで使用しましょう。

固定療法

皮膚の損傷が激しい場合や関節の近くなど、皮膚が引っ張られることが多い場所の傷は肥厚性瘢痕になりやすいといわれています。傷がふさがったらすぐにサージカルテープでテーピングして、肥厚性瘢痕ができないように予防しましょう。テープの張替えなどは患者本人や家族がすることになるので、正しいテーピング方法をしっかりと覚える必要があります。

手術

赤く盛り上がった部分を手術で切除することで、傷跡を目立たなくする方法です。このとき、皮膚を引っ張ることになるので、そこから肥厚性瘢痕が再発しないように注意しなければなりません。また、ケロイドの場合は手術後に放射線を照射することで再発防止をはかれるという方法もありますが、発がんの可能性があるなどのリスクもあるので、メリットとデメリットを十分理解することが大切です。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー