1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

壊疽性口内炎とは

更新日:2017/04/05 公開日:2017/03/31

日本ではなじみの少ない壊疽性口内炎ですが、低栄養となり免疫力が著しく低下してしまうことで発症するといわれています。口腔内の組織だけでなく、骨や筋肉までも短時間で壊死させてしまうおそろしい口内炎の種類です。

壊疽性口内炎とは

口内炎とは、舌の表面や頬の内側、歯茎や口腔内で炎症が起こり潰瘍や水ぶくれができる症状です。食べ物を食べたり話をしたりすると、つらい痛みをともなうことがあります。口内炎にはさまざまな種類がありますがその中でもっとも重症だといわれているのが、壊疽性口内炎です。別名を水癌と呼んでいます。

日本では患者数が少ないものの、壊疽性口内炎の患者数は世界で14万人から18万人にものぼるそうです。患者の大半が南アフリカにあるニジェール共和国が占めています。続いてアジアやアフリカ諸国でも壊疽性口内炎が発症しています。壊疽性口内炎の原因となるのは、口腔内の常在菌であるぼうすい菌やスピロヘータだといわれています。低栄養が続いて体の免疫力が著しく低下することで、これらの菌が増殖してしまい発症すると考えられています。

壊疽性口内炎や代表的な口内炎の症状

口内炎は症状により主に3つの種類に分けることができます。

壊疽性口内炎

口内炎の中でももっとも重度な口内炎です。歯肉炎から始まり、発症してから短時間で口腔内の組織が壊死してしまう可能性があります。

カタル性口内炎

口内炎の中でも軽度であり、もっとも発症することが多い口内炎です。口腔内の環境や細菌、ストレスや過労などによって発症するといわれています。それほど痛みは強くはなく、1週間から2週間ほどで自然に完治することが多いようです。舌の表面や頬の内側などの口腔内が腫れることで熱さを感じるのが特徴です。

腫瘍性口内炎

びらん性やアフタ性などと呼ばれる小さな潰瘍やびらんが口腔内にできる口内炎です。細菌や口腔内の環境、過労やストレスが原因だといわれています。口腔内や舌の表面に潰瘍ができることで食事や会話に支障をきたすようになり、つらい痛みをともなうことがあります。1週間から2週間で完治する場合がほとんどですが、症状が重い場合は投薬により治療を行うこともあります。

壊疽性口内炎の症状

壊疽性口内炎にかかると、最初に歯茎の縁や歯と歯の隙間に歯肉炎の症状があらわれるようになります。次に、唇や歯茎がただれてしまい潰瘍ができはじめる「壊死性潰瘍性歯肉炎」を発症します。

この症状が進んで悪化すると、壊疽性口内炎の症状があらわれます。猛烈な痛みをともなう出血や強い口臭などの症状が出始め、次第に頭痛や高熱を訴えるようになります。そして、組織の一部が死んでしまう壊死が始まるのですが、発症から壊死まではわすが72時間というスピードです。壊死してしまう範囲は、口腔内のみではなく骨や筋肉にまで広がります。場合によっては、目や鼻、唇などが腐敗臭をともないながら落ちてしまうというおそろしい症状が起こるといわれています。

口内炎と間違えやすい舌がんにも注意

口内炎の中でもっとも重症なのは壊疽性口内炎ですが、口内炎と初期症状が似ている舌がんにも注意が必要です。舌がんと口内炎の大きな違いは治る速度です。通常の口内炎は、1週間から2週間で完治するといわれていますが、舌がんは自然に完治することはありません。また、通常の口内炎では潰瘍や水ぶくれが楕円形や円形をしていますが、舌がんの場合はさまざまな形状の水ぶくれが発症します。

他にも、舌を触ることでしこりに触れるなどのさまざまな違いがあります。しかしながら、初期症状は口内炎とよく似ており、セルフチェックでは見分けがつかないことが多いようです。なかなか治らない口内炎の場合は、医療機関を受診することをおすすめします。

壊疽性口内炎になりやすい人

壊疽性口内炎の患者の多数は、西アフリカやアフリカ諸国、南米が占めています。壊疽性口内炎になりやすいのは、体に必要な栄養が十分に足りていない発展途上国の子供です。皮膚や口腔内の粘膜を保護するために必要なビタミンが著しく欠乏することで栄養不良を起こします。その結果、免疫力が低下してしまい壊疽性口内炎を発症すると考えられています。

他にも、腸チフスや肺炎、赤痢などの疾患を発症して体の免疫力が低下することで、壊疽性口内炎を発症する可能性があるといわれています。しかし、口腔内が清潔に保たれており病気の状態が安定していれば壊疽性口内炎が発症する心配はないと考えられています。

低栄養で免疫力が低下し発症する壊疽性口内炎

日本では発症することが少ない壊疽性口内炎ですが、組織を壊死してしまうようなおそろしい口内炎です。普段から抵抗力を高めて口腔内を清潔に保つことを心がけましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート