スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

粉瘤が破裂したとき、どのように対処するの?

更新日:2017/10/07 公開日:2017/03/31

粉瘤(ふんりゅう)は、通常であれば破裂することはありません。破裂した場合には、炎症性粉瘤が疑われます。粉瘤は年齢や性別にかかわらず、身体のどこにでもあらわれる症状です。手遅れにならないよう早めの対処が望まれますが、破裂した場合の対処法についても知っておきましょう。

粉瘤が破裂するメカニズム

粉瘤が破裂してしまうメカニズムについて解説します。

粉瘤とは

粉瘤は、アテロームとも呼ばれる皮膚の良性腫瘍の一つです。皮膚の下の表皮に袋ができ、そこに古い角質や皮脂が溜まることで引き起こされます。人間の皮膚は、ターンオーバーという肌の新陳代謝を促す機能があります。ターンオーバーでは、古い角質や皮脂などは自然にはがれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わります。しかし、なんらかの原因によって、表皮に嚢胞(のうほう)という袋状の構造物が作られ、はがれ落ちるべき角質や皮脂が、この嚢胞に溜まり粉瘤となってしまうのです。

通常の粉瘤では破裂しない

嚢胞に老廃物が溜まると、皮膚がドーム状に盛り上がりしこりがあらわれるのが粉瘤の特徴です。特に、痛みやかゆみといった症状はみられませんが、粉瘤は自然に治ることがなく、放置すると大きな粉瘤がみられるようになります。数mm~数十cmと症状が進行するにつれて、粉瘤は大きくなっていきます。初期の段階の粉瘤であれば、自然に破裂することはありません。

粉瘤の原因は不明

粉瘤の原因に関しては、まだ明確にはされていません。粉瘤は毛穴周辺の皮膚がめくりかえって嚢胞になるとされています。そのため、毛包という毛穴の表面部分、毛漏斗(もうろうと)といわれる毛根組織の一部が原因とする説が有力になっています。一方、外傷による皮膚へのダメージが原因とされる説もあります。皮膚が傷を受けることで皮膚がめくり込まれ、嚢胞ができやすくなるという考えです。そのため、毛穴のない部分にも粉瘤ができるとされています。

炎症性粉瘤になると破裂することに

嚢胞は、もともと皮膚の一部でもあり、破裂することはありません。しかし、患部の中心にヘソと呼ばれる黒い開口部がある場合には、そこから嚢胞内に細菌が侵入するケースがあります。細菌に感染すると、嚢胞に膿が溜まってしまいます。さらに、化膿することで嚢胞がもろくなり、粉瘤が破裂してしまうことになるのです。細菌に感染して炎症を引き起こした状態の粉瘤は、炎症性粉瘤と呼ばれています。

炎症性粉瘤の場合、細菌感染によって皮膚が赤く腫れあがり、痛みが感じられるようになります。この粉瘤が破裂してしまうと、きついにおいでどろどろとした膿が飛び出し、さらに炎症を悪化させることにもつながります。

粉瘤が破裂したときの対処とは

粉瘤が破裂した場合は、炎症をともなう炎症性粉瘤となっているサインです。皮膚科や形成外科をできるだけ早く受診する必要があるでしょう。粉瘤が破裂していなくても、少しでも粉瘤の疑いがみられた段階で医師に相談しておくと安心です。

破裂した場合には炎症を抑える必要がある

炎症性粉瘤の治療は、抗生物質を数日間内服して炎症を抑えます。ひどい炎症がみられる場合には、切開排膿と呼ばれる、粉瘤を小さく切開して膿を出す治療方法が行われることもあります。特に、粉瘤が破裂している場合は化膿がひどいと考えられます。抗生物質だけでは治まらず、切開排膿が必要になることが多くあります。

ただし、嚢胞内の濃を除去したからといって粉瘤を完治できるわけではありません。粉瘤の完治のためには、溜まった内容物だけでなく、嚢胞自体を除去する必要がありまです。嚢胞が残ったままだと再び老廃物や細菌が溜まり、粉瘤が発生しやすくなります。しかし、炎症が治まっていない段階での手術では嚢胞に癒着がみられたり、嚢胞が膿の中に埋もれていたりして、取り除くのが困難になります。そのため、手術を行う前に炎症を治める治療が行われることが一般的です。

完治させるためには手術が必要

抗生物質や切開排膿で炎症を治めることができたら、医師と相談して手術をするか判断しましょう。炎症が治まることで、腫れや痛みは改善することができます。しかし、手術で嚢胞を除去しない限り、粉瘤は再発する可能性があります。炎症性粉瘤の手術では、小切開摘出術がおこなわれます。これは、粉瘤のヘソ付近をレモン状に切開して嚢胞を除去する方法です。手術は15~30分程度ほどの簡単なものであるため、手術を受けておくと安心です。ただし、粉瘤が大きくなっている場合は、切開後の傷跡が大きくなり時間もかかります。早期完治のためには、破裂した場合はもちろん、粉瘤が疑われる段階ですぐに医療機関を受診するようにしましょう。

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー