なんでこんなに疲れてるんだろう…?それ、ストレスからくる「精神的疲労」かも

更新日:2017/03/17

メンタルヘルス

プレッシャーや人間関係の悩みなどのストレスが原因となり、疲れを感じている場合は、精神的疲労の可能性があります。精神的疲労は溜め込むことで慢性化しやすく病気につながることもあるため、早期解決が大切です。

疲労は主に3つの種類に分類されます。その中で、ストレスにより心身ともに負担を感じることで疲労してしまう状態は、精神的疲労と呼ばれています。精神的疲労は、慢性化しやすいため注意が必要です。

疲労状態になるとどんな症状がおこるのか

疲労とは睡眠不足や肉体的な疲れ、精神的なストレスによって心身ともに負担がかかってしまい起こる症状です。疲労すると、身体的作業能力や思考能力などが低下してしまいます。

疲労は種類を大きく分けて、精神的疲労、脳疲労、肉体的疲労の三つに分類できます。仕事や人間関係、悩みごとなどのストレスによる心の疲れは「精神的疲労」。脳や視神経の緊張状態が続いたときに起こる頭の疲れは「脳疲労」。そして、筋肉を動かしたときのエネルギー不足と疲労物質の蓄積による身体の疲れを「肉体的疲労」と言います。

引用:ヘルスケア大学

ストレスが原因となる精神的疲労とは

精神的疲労の原因は主に、仕事や日常生活の中でのさまざまなプレッシャーや人間関係にあるといわれています。精神的疲労を抱えることで、モチベーションが低下したりやる気が起きなくなったりする精神力の低下が起こります。

このストレスが慢性化し、限界を超えると、うつ病などの精神疾患や副腎疲労などの臓器の疾患の発症を引き起こすこともあります。

引用:ヘルスケア大学

疲労が慢性化するとどうなるの?

通常の疲労は休むことで回復しますが、どれだけ休養してもなかなか疲れが取れない状態を慢性疲労と言います。

病院で検査をしても異常なしと言われることが多いですが、体力の低下や栄養不足、ストレス、睡眠不足、肝臓機能の低下などが原因となる病気です。疲労感が長引き、日常生活に支障をきたすほどの状態が続きます。

引用:ヘルスケア大学

慢性疲労は疲労が蓄積されてしまうことで発症するため、精神的疲労の原因を取り除くことが大切となります。

ストレスを解消できない限りこの疲労感は慢性化しやすいため、避難行動をとったり、ストレスの原因について働きかけることが必要です。

引用:ヘルスケア大学

疲労の原因なるストレスを減らすことから

精神的疲労は、ストレスをため込むことで慢性化しやすい傾向があります。ストレスを溜めこまないように自分なりのストレス解消方法を見つけておくといいでしょう。また、ストレスの原因となっている根本的な問題に対しても働きかけることが大切です。

関連記事

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!