成長期の子供も要注意!?近視になる原因と特徴を知ろう

更新日:2017/03/17 公開日:2017/03/16

日常の悩み

遠くのものが見えにくくなってしまう近視という症状。これには、実にさまざまな要因が関わっているといわれています。また、最近では小さい子でも発症することが多いのだとか。それはいったいなぜなのか、原因と特徴をご紹介します。

近視になる原因にはさまざまありますが、成長途中の子供も近視になりやすい傾向があるようです。それはなぜなのでしょうか。近視になる原因を見てみましょう。

近視は遺伝が関係していることも

近視になる原因のひとつに、遺伝があります。親が近視なら必ずなるという確証はありませんが、そうなる傾向があるようです。

必ずしも遺伝が影響しているとはいえませんが、親が近視の場合、子供が近視になる可能性は比較的高いため、遺伝的な要素が複雑に絡んでいるのではないかと考えられています。

引用:ヘルスケア大学

環境的な要因によって近視になることも

近視は、環境的なものが原因で発症することも少なくありません。特に近くをじっと見ることが多いスマートフォンやゲーム機器などは要注意でしょう。

はっきりとした原因は認められていませんが、一般的な近視の場合、環境も影響していると考えられています。特に、勉強や読書、携帯電話、スマートフォン、パソコンなどのディスプレイを見る作業を長時間続けていると、目が疲れ、近視の原因となるともいわれています。

引用:ヘルスケア大学

子供が近視になりやすい理由

成長過程の子は、体の成長とともに目の組織である眼軸も成長していきます。眼軸の発達は人によって違いがあるため、成長の過程で近視になる子がでてくるといわれています。

成長にともなう眼軸の長さのバランスが変化することから、成長過程に近視になる子供が多くなると言えます。新生児は眼軸の長さが短く、たいてい遠視の状態になっていますが、角膜・水晶体の屈折力が強くなっているので、それほどひどくはありません。また、角膜・水晶体の屈折力は、眼軸の長さが伸びるとともに弱くなり、全体のバランスが調整されるようになります。しかし、環境の影響などでこれらのバランスが崩れると、近視になると考えられています。

引用:ヘルスケア大学

近視になりにくい環境づくりを

近視になるかどうかには、毎日の生活環境が大きく関係していることがわかりました。早くして近視にならないようにするためにも、日々の生活で目に負担をかけるようなことはなるべく避けるようにした方がよいでしょう。

ヘルスケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!