スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

「唇にできた水ぶくれ」は要注意!何科の病院に行けばいい?

更新日:2017/04/16 公開日:2017/04/16

日常の悩み

ある日突然、唇に水ぶくれができたという経験はありませんか?それは口唇ヘルペスの可能性があります。ヘルペスは誰でももっているかもしれないウイルスです。治療のためには何科を受診すればよいのを解説します。

唇に水ぶくれができてしまったら、そのまま放置しないでください。その水ぶくれは何度も再発する可能性があります。唇にできた水ぶくれについて解説いたします。

唇の水ぶくれは要注意!

唇に水ぶくれができたら、「口唇ヘルペス」の可能性があります。ヘルペスは、子供のころにかかる水ぼうそう同様の感染症で、発症初期には患部がチクチクするなどし、その後、かゆみや腫れが出てくるといわれています。

ヘルペスウイルスの特徴は、一度感染すると人間の神経細胞の中に一生棲みついてしまう「潜伏感染」であるということ。ウイルスが神経細胞の中で潜伏している間は、症状が出ません。

引用:ヘルスケア大学

ヘルペスウイルスが増殖する要因は?

一度感染して潜伏しているヘルペスウイルスが、活発になってしまうのは、風邪(かぜ)などの病気で体力が低下したときや疲労、ストレスが引き金になっていると考えられています。また、ヘルペスを発症している人への接触によって感染することがあるので、唇に水ぶくれができている間は他人にうつさないように気をつけましょう。

ヘルペスになる原因は、ヘルペスウイルスの感染と考えられています。感染経路は、ヘルペスを発症している人と接触したり、患者が触ったものに触れること。感染後はストレスや疲労などによって抵抗力が弱っているときに発症します。

引用:ヘルスケア大学

何科を受診したらよいのか?

口唇ヘルペスかな?と思ったら、早めに皮膚科や内科を受診しましょう。口唇ヘルペスは早期の治療で、症状が軽く済み、回復も早いといわれています。治療は主に外用薬と内服薬で、ウイルスの増殖を抑える抗ヘルペスウイルス薬が処方されるのが一般的です。ヘルペスは再発しやすいといわれているので、医師の指示をしっかりと守って治療に専念しましょう。

口唇ヘルペスを治療する場合は、皮膚科もしくは内科へかかりましょう。一度感染したヘルペスウイルスを体から完全に取り除くことはできませんが、適切な治療により症状の悪化を食い止めることができます。

引用:ヘルスケア大学

口唇ヘルペスの予防はできる?

ヘルペスは誰もが持っている可能性があるウイルスですが、発症しないように予防することができます。規則正しい生活や栄養バランス食事をとり、なるべくストレスや疲れを溜めないようにしましょう。

免疫力を維持して、栄養バランスのとれた食事を取り、疲れには適度な息抜きなどをして過ごすことが大切です。

引用:ヘルスケア大学

唇の水ぶくれは口唇ヘルペスのサインかも

唇に水ぶくれができたらまずは口唇ヘルペスを疑って、皮膚科や内科を受診しましょう。口唇ヘルペスは再発することもあるので、医師の指示を守ると同時に日常生活の見直しをして、健康的な生活を心がけましょう。

今すぐ読みたい