スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

いちごはビタミンたっぷり!甘酸っぱいおすすめレシピ2選

更新日:2017/04/27 公開日:2017/04/27

日常の悩み

いちごにはビタミンCがたっぷり含まれているため、美容に効果があるといわれています。また、カルシウムも同時に含まれていることで知られています。この記事では、いちごを使ったドリンクとデザートのおすすめレシピをご紹介します。

いちごには、ビタミンCのほかにもカルシウムも同時に含まれているため、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防としてもおすすめです。ここでは、いちごを使ったドリンクとデザートのレシピをご紹介します。

いちごの栄養と効果

甘酸っぱい「いちご」は、生で食べるだけでなく、ジャムやジュースなど、幅広く使われています。いちごに含まれる栄養には以下のようなものがあります。

ビタミンC

5~6粒程のいちごを食べれば、1日の必要量を満たすことができるといわれています。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、ハリのある肌を保つだけでなく、シミやソバカスの原因となるメラニンの生成を防ぎ、美白の効果が期待できます。また、抗酸化作用もあるため、エイジングケアや風邪の予防、ストレスの緩和にも役立ちます。

引用:スキンケア大学

ポリフェノール

いちごに含まれるポリフェノールの一種「アントシアニン」は、疲れ目や視力改善など目の働きをよくする作用があります。

引用:スキンケア大学

カルシウム、マグネシウム

骨や歯を強くする「カルシウム」は、女性に多くみられる骨粗しょう症の予防効果が期待でき、「マグネシウム」は骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ役割をしてくれます。

引用:スキンケア大学

他にも、「カリウム」「キシリトール」「食物繊維」など、身体に嬉しい栄養がたくさん含まれています。

いちごと豆乳のヨーグルトジュース

まずは、いちご・豆乳・はちみつを使用したレシピをご紹介します。ビタミンCはもちろん、大豆イソフラボンやオリゴ糖も摂取できるので、便秘やホルモンバランス調整の効果にも期待できるでしょう。

材料(2人分)

いちご 6粒~

ヨーグルト 1カップ

豆乳(または牛乳) 1/2カップ

はちみつ 大さじ1

引用:スキンケア大学

いちごのヘタを取ったあと、ヨーグルト・豆乳・はちみつと合わせてミキサーにかければ完成です。

いちごのブランマンジェ

続いて、いちごを使ったデザートのレシピをご紹介します。このデザートではビタミンC・ビタミンB群を摂取できるほか、免疫力アップも期待できます。

材料(4人分)

牛乳 140cc

砂糖 29g

粉ゼラチン 4g

冷水 20cc

生クリーム 60g

《マリネ》

いちご 4個(60g前後)

ミントの葉 24枚

砂糖 小さじ1

コアントロー 小さじ1

引用:スキンケア大学

下ごしらえ

1.

いちごは、ヘタを除いて洗い、白い部分を除き、縦4等分に切っておく。

2. ミントの葉は、洗って水気を除き、葉のみをちぎっておく。

3.

粉ゼラチンは、冷水にふり入れひと混ぜし、戻しておく(10分~)→使う直前に80℃以下の湯せんで溶かす。

4. 牛乳は、使う10分前に室温に戻す。

引用:スキンケア大学

マリネの作り方

いちご・ミントの葉・砂糖・コアントローを混ぜ合わせたあと10分ほど漬けこみます。

ブランマンジェの作り方

ボウルに砂糖を入れて牛乳を少しずつ加えたあと、混ぜて溶かします。次に、溶かしたゼラチンを加えて混ぜ、そのあと冷蔵庫から出したばかりの生クリームを加えて混ぜます。器に分けて入れたあと、冷蔵庫でおよそ20分冷やします。仕上げとして固まったブランマンジェのうえに、いちご・ミントの葉をマリネ液と一緒に添えたら完成です。

ビタミンCたっぷりないちごでいつまでも健康に

いちごは、ビタミンCはもちろん、美容に嬉しいさまざまな栄養を含んだフルーツです。鮮度が落ちると、栄養も減ってしまうため、なるべく新鮮なうちに美味しくいただきましょう。今回ご紹介したレシピにもぜひ挑戦してみてください。

今すぐ読みたい

関連記事