松居直美の更年期症状に共感の声。40代でもあらわれる更年期症状とは

更新日:2017/04/26 公開日:2017/04/26

話題の情報

タレントの松居直美さんがブログに綴った「更年期障害」の症状について、同様の経験を持つ読者から共感の声が多数寄せられていることが話題となっています。今回は、最近40代からでも増加しつつある更年期障害についてご紹介します。

タレントの松居直美さんが自身のブログで明かした「更年期障害」のエピソードついて、同じような症状で悩む読者から共感の声が寄せられたことが話題となっています。現在49歳の松居さんに更年期の症状が表れたのは3年前だそうです。今回は40代でも起こり得る「更年期障害」の症状についてご紹介します。

女性ホルモンの変化で起こる更年期障害

「更年期障害」とは、40~50代の閉経前後の女性に起こる、さまざまな心身のトラブルを指します。

「更年期障害」は、閉経を境に卵巣の働きが鈍くなり、卵巣で分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが減少することが原因で起こるとされています。症状としては、ほてりやのぼせといったいわゆる「ホットフラッシュ」と呼ばれるものや、手足の冷え、肩こり、倦怠感といった身体的症状のほか、憂うつ、イライラといった精神的症状が現れる場合もあります。

引用:ヘルスケア大学

心身に表れる「更年期障害」の症状

症状の度合いによっては医師の診察を必要とする場合もあるようです。

次のチェックリストを参照し、「更年期障害」の可能性があるかを確認してみましょう。

□頭痛やめまいが起こりやすい

□イライラしすく憂うつになる

□記憶力や判断力が鈍くなった

□耳鳴りがすることがある

□汗をかきやすく、のぼせや、ほてり感がある

□肌が乾燥しやすく、かゆみがある

□吐き気や腹痛がときおりある

□動悸、息切れがある

□肩こりや腰痛がある

□関節に痛みやしびれがある

□すぐに疲れてしまう

□不眠気味である

□手足の冷えがある

□尿の回数が多く、排尿痛や尿失禁がある

□便秘や下痢気味である

□性交時の痛みがある

引用:ヘルスケア大学

あなたはいくつ当てはまりましたでしょうか。

0~3個…レベル1 冷えとストレスを避ける生活を心がけましょう。

4~6個…レベル2 食事と睡眠を整え、薬と上手に付き合いながら症状緩和を目指しましょう。

7~8個…レベル3 内服などの治療が必要となる場合があるため、医師の診察を受ける事をおすすめします。

9個以上…レベル4 他の病気の恐れもあります。医師の診察を受ける事をおすすめします。

※上のチェックはあくまでも参考となります。婦人科で症状が改善しない場合には、関係する他科で精査してもらいましょう。

引用:ヘルスケア大学

チェックの数が多いほど、更年期障害の可能性が高いといえます。しかし、対策を取ることで更年期障害の程度を軽くすることはできるようです。

生活習慣と更年期障害に関連あり

誰もが発症しうる更年期障害ですが、ストレスを溜めこまない、睡眠環境を整えるといった生活習慣の見直しによってある程度の予防することが可能といわれています。また、更年期になると、生理において周期や経血量などの変化が現れることがあります。普段から生理に不安がある方は、かかり付けの婦人科を持ち、相談できるようにするとよいでしょう。

今すぐ読みたい

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!