“6月に多い”って本当?アトピーに影響する「紫外線」にはビタミンで対策を!

更新日:2017/05/18 公開日:2017/05/18

季節の注意報

アトピー性皮膚炎は、さまざまな原因で起こるといわれていますが、紫外線の影響で悪化すると考えられています。そして、6月は紫外線B波が最大になるとされています。紫外線対策におすすめの食材をご紹介します。

アトピー性皮膚炎は、どのような原因で起こるのでしょう。また、アトピー性皮膚炎は紫外線からどのような影響を受けるのでしょうか。

アトピー性皮膚炎の原因とは

アトピー性皮膚炎を起こす明確な原因は、明らかにはなっていませんが、皮膚のバリア機能が弱っていることや、遺伝による皮膚の乾燥、ストレスの影響などと考えられています。

乾燥肌がアトピー性皮膚炎を引き起こすケースもあります。そのため、アトピー性皮膚炎の場合はスキンケアが非常に重要です。アトピー性皮膚炎は日頃のケアとともに、その人の状態に応じた適切な治療が必要になります。思いあたる症状がある人は、必ず専門医に相談するようにしましょう。

引用:スキンケア大学

アトピー肌への紫外線の影響は

アトピー肌で、しっかりとケアをしたいのは紫外線です。紫外線は夏にピークを迎える印象がありますが、春先から紫外線量がとても多くなるといわれています。バリア機能の低下しているアトピー肌は、紫外線の影響を受けやすく、肌へのダメージも大きくなるため注意が必要なのです。

紫外線は皮膚のバリア機能を破壊しますが、すでにバリア機能が万全でないアトピー肌では、バリア機能のさらなる低下と肌の乾燥を招きます。また、バリア機能が低下した状態では、ほこりや細菌などが侵入しやすく感染を起こしやすい状態です。遺伝子にも傷がつきやすい危険な状態です。

引用:スキンケア大学

紫外線は季節によって変動する

紫外線は、季節によって変動するとされています。

UVBは季節によって変動が激しく、5月頃からだんだん増え始め、6~8月に最大となります。夏に比べて、春・秋はその半分程度、冬には1/5程度になります。一方、UVAが一番強くなるのは5月で、一番少ないのが12月です。それでも5月の半分程度はありますので、冬でも油断は出来ません。2月でも紫外線量は真夏の80%もありますから、紫外線対策は1年中必要であるといえます。

引用:スキンケア大学

6月から8月にかけて、UVBが最大になるといわれています。

紫外線の影響を抑える栄養素は

日頃のUVケアやスキンケアにプラスして、身体の中からも紫外線ケアをしていきましょう。そのためには食べて行う日焼け対策がおすすめです。では、どのような栄養素が紫外線対策に効果が期待できると考えられているのでしょうか。

ビタミンC

ビタミンCはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きのほか、肌のハリの元となるコラーゲンやエラスチンの生成を促進する働きを持っています。ただし、ビタミンCは一定量以上は体内に蓄積できないので毎日こまめに摂取することがポイントです。

引用:スキンケア大学

ビタミンE

ビタミンE

はそのものが抗酸化作用を持つ栄養素です。つまり、肌の老化の大きな原因である活性酸素による酸化から守る働きが期待できます。

引用:スキンケア大学

ビタミンA

ビタミンAにもすぐれた抗酸化作用のほか、コラーゲンの生成の促進に力を発揮することがわかってきました。女性は生理中に普段よりもひどく日焼けをしてしまうことが知られています。

引用:スキンケア大学

紫外線対策には「トマト」がおすすめ!?

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを多く含む食物、知っていますか?紫外線の強い時期に育つ果物は、基本的に皆この栄養素が多いといわれますが、特にビタミンCが多く、美白に効果のある食べ物としておすすめしたいのがトマトなのです。トマトはビタミンCだけでなく、A、Eも豊富なのが嬉しいところ。中程度の大きさのものでも、2個摂取すれば1日のビタミンACEの摂取量の半分以上が補えるといわれる美肌食材です。

おすすめは「トマトとツナのバジルサラダ」

日焼け対策に効果がある栄養素を豊富に含み、しかも簡単に作れる料理をご紹介します。それはずばり、トマトとツナのバジルサラダ。トマトはビタミンACE、ツナはビタミンE、バジルはビタミンAがそれぞれ豊富。さらにビタミンEは油と一緒に摂取すると効果が高まるので、ツナの油が吸収を促進してくれます。すべての材料を混ぜて冷蔵庫で冷やすだけでできるのでとても簡単。お好みの酢とあえてマリネ風にして食べるのもよさそうです。

引用:スキンケア大学

内と外からの紫外線対策を

紫外線は、アトピー性皮膚炎を悪化させるといわれています。そして、6月は紫外線の影響を受けやすい時期だともいわれ、注意が必要です。日焼け止めなどで紫外線対策を行いながら、ビタミンを摂取して身体の中からの紫外線対策も行いましょう。

関連記事