生理中に発生する独特な臭い…。原因を知って上手に対策しよう

更新日:2017/05/17 公開日:2017/05/17

生理・PMS

生理中のデリケートゾーンは環境も悪く、臭いが気になるという人も多いのではないでしょうか。どうして生理中に気になる臭いが発生するのか、その原因や上手な臭いの対策法についてまとめてご紹介します。

生理中にデリケートゾーンから発せられる独特の臭いですが、経血そのものの臭いと思っている人も多いようです。実際のところ、あの気になる臭いは一体なにから発生しているのでしょうか。

生理時に分泌される経血とは?

経血とは、膣や子宮内膜から分泌される分泌物に血が混ざったもので、血液は10%程度しか含まれていないといわれています。

生理時の経血は、子宮内膜がはがれ落ちたものです。さまざまな分泌物が混ざっているため、通常の血液とは異なるといえます。

引用:スキンケア大学

これが気になる臭いの原因と考える人も多いですが、実はそれだけではないといわれています。

気になる臭いの原因と対策

経血は血液だけでなく、壊れた細胞に含まれるタンパク質なども混じっており、それが臭いのもとになると考えられています。

経血には酵素が含まれており、これが空気に触れることで分解され、雑菌が繁殖しやすくなります。空気に触れた後に血液が分解され始め、3時間ぐらいすると雑菌が繁殖すると言われています。

引用:スキンケア大学

また、長時間デリケートゾーンが高温多湿の状態になってしまうことも、雑菌の繁殖につながるようです。締め付けの強いファッションや、長時間同じナプキンを使用することは控えましょう。

現在の生理用ナプキンは吸収性に優れていたり高品質なものが多いため、交換する頻度が少なくなりがちです。しかし、雑菌を繁殖させずに清潔を保つためにも、こまめに取り替えるように気をつけましょう。

引用:スキンケア大学

アンダーヘアのお手入れも大切

雑菌を発生させないためには、アンダーヘアのお手入れも大切だといわれています。

量が多かったり長めのアンダーヘアだと経血が付着しやすくなりますし、雑菌が増えやすいムレる環境を作ってしまうことも。

引用:スキンケア大学

アンダーヘアを常に短く整えておくこと、通気性のよい下着を選ぶことも、臭いを抑えるよい対策です。できるだけ乾燥した状態、低温の状態を保つ工夫を行いましょう。

引用:スキンケア大学

デリケートゾーンの洗い過ぎには注意

清潔に保つことは大切ですが、臭いを気にするあまりデリケートゾーンを洗い過ぎると自浄能力を持つ常在菌の働きを妨げる可能性があります。すると、かえって雑菌が繁殖しやすい環境をまねくことになるため注意が必要です。ぬるめのお湯、またはデリケートゾーン専用の石けんを使うようにし、優しく洗いましょう。

今すぐ読みたい