ファ~あくびが止まらない!病気が原因の場合もあるって本当!?

更新日:2017/05/31 公開日:2017/05/31

日常の悩み

あくびをしてはいけないとわかっていても、なぜかあくびが止まらないことってありませんか?あくびの原因にはさまざまなものがありますが、中には病気が原因の場合も…。今回はあくびが止まらない場合の原因と対処法をご紹介します。

あくびをしてはいけないシチュエーションであくびが止まらなくて困った経験はありませんか?実は、中には病気が原因の場合もあるようです。あくびが止まらないときには、どのように対処すればいいのでしょうか?

そもそもなぜあくびが出るの?

あくびは、呼吸機能が関係している生理現象です。原因としてまず考えられるのは「睡眠」です。

眠気に襲われているときや、就寝前、そして目が覚めたときなどにあくびが引き起こされるのが一般的な反応です。ただし、意識の内寝ている間などはあくびの現象が起こらないという報告があります。

引用:ヘルスケア大学

他にも、疲労の蓄積や過度の緊張、血圧低下による酸素不足、片頭痛の前兆など多岐にわたります。

あくびが止まらないときの対処法とは

あくびには原因が数多くあるため、必ず効果がある対処法というものはないといわれています。ただ、しっかり睡眠をとったり食生活を改善したり、人によっては片頭痛の予防策をとることで気になるあくびが減る可能性があります。

眠気によってあくびが出る場合は、普段の睡眠が浅くなっている可能性があります。日ごろから良質な睡眠がとれるように生活習慣を改善するとあくびが減少する可能性があります。

引用:ヘルスケア大学

血圧低下などが原因により、あくびが出やすくなる場合は、血圧の下がりにくい体内環境をつくとあくびが出にくくなるといわれています。

引用:ヘルスケア大学

片頭痛の前兆として、あくびが出てしまう場合、片頭痛そのものを解消するための予防策が必要だといわれています。片頭痛が引き起こされる現象というのは、個人差がありますのでドクターのチェックを受けつつアドバイスをもらい改善していくようにしましょう。

引用:ヘルスケア大学

眠くないのにあくびが止まらないのは病気?

眠気によるあくびは身体の正常な反応だといわれています。ただ、眠くないのにあくびが止まらない場合は注意が必要です。そのような場合、なんらかの病気が潜んでいる可能性があります。気になる場合は、脳神経外科の医師に相談してみましょう。

頭痛やその他の中枢関係に関係するあくびに悩まされてしまっている場合は、脳神経外科に相談をするほうがよいといわれています。特に脳神経外科の中でも、頭痛が依頼などの専用の窓口がある場所であると相談がしやすいようです。一般的な片頭痛に関する治療に加えて、近親者の既往歴によって、MRIなどのより細かな検査を行ってもらうことができるといわれています。専門の病院を受診することにより、片頭痛以外のその他の要因などを見つけることができる可能性があります。

引用:ヘルスケア大学

あくびの原因をつきとめて

あくびが止まらない原因にはさまざまなことが考えられます。まずは、質のよい睡眠をとるよう心がけましょう。原因として病気が関係している場合もあるため、眠気がないのにあくびが止まらないときは医師に相談しましょう。

今すぐ読みたい