緊張して力が出ない…!あがり症を克服するためのポイント3つ

更新日:2017/05/31 公開日:2017/05/31

日常の悩み

あがり症は、緊張することで起こる精神的な病気のひとつです。息苦しさや動機などさまざまな症状があらわれるため、困っている人も多いといいます。今回は、あがり症の原因と克服するためのポイントを紹介します。

緊張しすぎることで不安感や息苦しさを感じる、あがり症の症状に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。緊張を上手に和らげることができると、あがり症も自然と解消することができるといわれています。

あがり症のメカニズムとは?

あがり症とは、緊張などにより引き起こる精神的な病気のひとつで、さまざまな場面であらわれます。

人々の前に立ってスピーチや挨拶などをする場面、大勢を前にして演説または講演、就職活動の過程のひとつである面接など、やはり緊張し過ぎてあがってしまうというメカニズムになっているようです。また、初対面や異性との会話でも現れてきます。

引用:ヘルスケア大学

あがり症の主な症状とは

あがり症は、「社会不安障害」とも呼ばれています。

これは誰しも経験を持つとされているもので、あがり症になってしまうとさまざまな症状が現れてきます。たとえば、動機、血圧の上昇、息苦しさなどがあげられます。また、緊張感や不安感などが原因であがり症だけでなく、赤面症になる可能性も否定できません。

引用:ヘルスケア大学

あがり症を克服するためのポイント3つ

あがり症を克服するには、次のようなポイントを心がけてみましょう。

1.緊張を楽しめるようにしてみて

緊張する場面を楽しむように心がけてみるのも一つの手段です。

わかりやすい言葉で述べると「開き直り」です。実は開き直りそのものが、あがり症のみならず赤面症や赤面恐怖症などに有効とされています。とはいえ、開き直るのは簡単なことではないのは事実です。自己暗示などでそう思い込むのもまた効果的と言えるかもしれません。

引用:ヘルスケア大学

2.あがり症の原因を考えてみる

どうしてあがり症になるのか、自分で原因を考えてみることも大切です。仕事や人間関係など、思い当たることはありませんか?

緊張状態をどのように改善していくのかが克服するポイントのひとつということでしょう。

引用:ヘルスケア大学

3.表情筋を鍛えてみるのもおすすめ

表情筋とは、顔の筋肉のことです。

表情筋を鍛えることで、豊かな表情になって円滑なコミュニケーションを図れることが可能とされています。どのようにして表情筋を鍛えるのかというと、顔筋肉トレーニングにあります。顔筋肉トレーニングを行って表情筋を鍛えることで、緊張をほぐすという効果に期待が持てるだけでなく、その他にさまざまな効果も得られます。

引用:ヘルスケア大学

あがり症を克服できるケアを

あがり症は緊張することで起こる精神的な症状です。どうしてあがり症になるのか考えるだけでも、あがり症を克服するポイントとなります。自分では克服が難しい場合は、医師に相談してみるのもいいでしょう。

今すぐ読みたい