夏といえばコレ。おつまみの定番「枝豆」の意外な栄養と効果

更新日:2017/05/31 公開日:2017/05/31

日常の悩み

夏においしくなる「枝豆」は、飲み会の定番のおつまみとしても人気ですよね。でも、その素晴らしさはただおいしいだけではありません。ここでは、その枝豆の知られざる栄養と、期待される効果を詳しくご紹介します。

枝豆はおつまみとして食べられることが多いですが、実はダイエットに効果を発揮するといわれています。しかし、一体なぜダイエットに適しているのでしょう。また、どのようにとり入れていけばよいのでしょうか。

「枝豆」の隠れた栄養成分

枝豆には、健康や美容に働きかけるさまざまな栄養成分が豊富に含まれています。ビタミンをはじめ葉酸、カルシウム、さらには便秘解消に役立つ食物繊維や、むくみ解消が期待できるカリウムなども含んでいます。女性の悩みを改善してくれる栄養成分ばかりなので、おいしくとり入れられるのは嬉しいですね。

枝豆は、大豆が熟さず、まださやが緑色のときに切り取ったもので、野菜としてはとくにタンパク質が豊富な点が特徴です。含まれる栄養素としては、ビタミンB1、葉酸、カルシウムなどがあげられます。この中で、とくにビタミンB1は、糖質の分解を補助したり乳酸の排泄を助けたりするなどの働きがあり、疲労回復に寄与するといわれています。また、葉酸は妊婦や飲酒量の多い人に足りない栄養素だといわれていて、枝豆を食べることで手軽に補給できるため、利便性の高い野菜だと言えます。

引用:ヘルスケア大学

枝豆のダイエット効果にも注目

枝豆に含まれる食物繊維は、満腹感を得られるほか、便秘改善も期待がもてます。さらに、サポニンという成分が脂肪の吸収に働きかけるので、間食などに置き換えることで効率的にダイエット効果が得られるといわれています。どうしても間食がしたいときは、枝豆をとり入れてみましょう。

枝豆は、ビタミンやミネラルが豊富ですが、それは野菜の要素で、大豆の要素としてはタンパク質を含んでいることがあげられます。また、サポニンを含んでいますが、この栄養素は脂肪の吸収効果が期待され、食物繊維は満腹感を増幅させます。いずれもダイエットをするうえで好都合な機能を持っている要素と言えます。さらに、それらは便秘の解消や美肌にも効果的だとされ、枝豆は美容の面でも優れた食品だと言えます。

引用:ヘルスケア大学

バランスよく食べることがコツ

枝豆の栄養価が高いからといって、そればかり食べていては偏りがでてしまいます。効果をスムーズに得るためには、バランスのよい食事とともにとり入れることが大切。適度を守って、おいしくキレイを目指しましょう。

手軽に食べることができ、健康維持にも役立つ枝豆ですが、枝豆の摂りすぎは栄養バランスもこわすためおすすめできません。あらゆる食材とあわせて、バランスのよい食事の中に上手に取り入れてください。

引用:ヘルスケア大学

「枝豆」でおいしくキレイが叶うかも

枝豆を毎日の食事や間食にとり入れることで、おいしく簡単にキレイを目指すことができます。あくまで基礎となる食事バランスには注意し、枝豆を適度にプラスしていくように心がけていきましょう。

今すぐ読みたい