1粒に詰まっている「梅干し」が秘める驚きのチカラ

更新日:2017/06/01 公開日:2017/05/31

日常の悩み

様々な栄養素を含む梅干しですが、なかでももっとも多く含まれる「クエン酸」には疲労回復や食欲増進効果があるといわれています。そこで「クエン酸」を中心に梅干しの栄養素について紹介します。

梅干しにはさまざまな栄養素が含まれ、古くから民間薬としても利用されてきました。こちらでは、梅干しに秘められた健康効果について詳しくご紹介します。

梅干しの栄養素「クエン酸」

梅干しには健康維持に役立つ栄養素が豊富に含まれているといいます。なかでもその酸っぱさの原因となる「クエン酸」は、私たちの身体を病原体などから守る「免疫力」をアップし、抵抗力をつけるのに役立つといわれています。

梅干しに含まれているクエン酸には、疲労物質を燃焼させるだけでなく、身体を弱アルカリ性に保つことによって血液の循環を促し、さまざまな臓器の働きを正常にしてくれます。自然治癒力を高めて、病気に対する抵抗力をつけるためにもクエン酸を適度に摂るようにしましょう。

引用:スキンケア大学

梅干しの栄養素とその効果

梅干しに含まれる栄養には、以下のような効果が期待できるといいます。

食欲増進のチカラ

梅干しには、クエン酸やリンゴ酸などのさまざまな有機酸が含まれており、唾液や胃酸の分泌を促すため、食欲のない方にオススメです。また、クエン酸には胃腸の調子を整える作用も期待できます

引用:スキンケア大学

疲労回復のチカラ

クエン酸には、疲労の原因物質である乳酸の働きを抑え、代謝を活発にする働きも。疲れやすい方は梅干しを取り入れることをオススメします。

引用:スキンケア大学

胃の疾患を予防するチカラ

「梅リグナン」という栄養素は、胃潰瘍や胃がん予防にも役立つといわれています。

梅リグナンという成分には、胃潰瘍や胃がんの原因であるヘリコバクター・ピロリ菌の働きを抑える効果が研究の結果、明らかになっています。

引用:ヘルスケア大学

塩分には注意しよう

「医者いらず」とまでいわれる梅干しですが、塩分が非常に多い食品です。身体にいいからと食べ過ぎると、塩分の摂りすぎとなってしまいます。調理法を工夫したり、量を調節しながら、食べ過ぎないように注意することが大切です。

今すぐ読みたい