お笑い芸人、楽しんごが急性腹膜炎で手術。原因と症状とは

更新日:2017/05/11 公開日:2017/05/11

話題の情報

お笑い芸人の楽しんごさんが急性腹膜炎で緊急手術を受けて入院していることを報告しました。盲腸が破裂して急性腹膜炎が発症したとのことです。緊急腹膜炎が引き起こす症状と具体的な原因をご紹介いたします。

お笑い芸人の楽しんごさんが急性腹膜炎で緊急手術を行い、入院することとなりました。盲腸が破裂し、腹膜炎が急激に発症したとのことです。急性腹膜炎は治療が遅れると非常に危険な病気であるとされています。その原因と症状をご紹介いたします。

急性腹膜炎とはどんな病気?

急性腹膜炎とは細菌の感染や刺激によって腹膜に炎症が起こり、それが急速に発症したものと考えられています。ゆっくり進行する慢性腹膜炎とは違い、突然の急激な腹痛で判明する場合が多く、徐々に症状が悪化するため早期の治療が必要とされています。

急性腹膜炎の代表的な症状は腹痛です。突然、激しく痛むことが多く、持続性があり動くと痛みが増すのが特徴です。また、はじめは局所的な痛みですが、炎症の範囲が広がるに連れて、腹部全体に痛みが広がっていきます。さらに、腹痛とともにお腹が硬くなり、圧痛(手で押すと強く痛む)も見られます。その他の症状としては、発熱、吐き気・嘔吐、頻脈(脈が速くなる)なども見られます。そして、さらに進行すると、腸が麻痺してガスや便が出ない、腹部全体の腫れなど、腸閉塞の症状が起こったり、脱水症状が現れたりして、意識の混濁、ショック状態に陥ることもあります。

引用:ヘルスケア大学

急性腹膜炎の原因とは?

急性腹膜炎は単体で発症することは少なく、腹部臓器の病気に付随する合併症として発生することが多いとされています。

主な原因には、次のものがあります

・急性虫垂炎(盲腸)、急性膵炎、急性胆のう炎、卵巣炎、子宮内膜炎などが進行し、炎症が腹膜に波及する。

・胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がんに孔(あな)が開き、臓器の内容物が腹腔に漏れ出す。

・腸閉塞による腸管の壊死。

・事故やケガによる腹部臓器の破裂。

・手術の縫合不全で臓器の内容物が漏れ出す。

・腹膜透析(在宅で行う透析療法)のバッグ交換時の不手際、出口部からの感染、カテーテルの破損や接続部のゆるみ。

引用:ヘルスケア大学

急性腹膜炎は早期の治療が大事!

急性腹膜炎は症状が出てから治療までに迅速な対応が必要とされています。腹痛などが気になった場合は自分で判断せずに医師の診断を受けましょう。また、腹部に病気を患っている方は病状が悪化しないよう適切なケアを心がけ、急性腹膜炎の予防を行っていくことが大切です。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!