歯の健康習慣を、「リカルデント」で始めよう

歯の健康を考えたシュガーレスガム

モンデリーズ・ジャパン株式会社
マーケティング本部 ブランドマネジャー
田代 奈々子 氏

(ヘルスケア大学)「リカルデント」というガムの特徴について教えてください。

(田代)当社モンデリーズ・ジャパンには、クロレッツやストライドなど複数のガムブランドがありますが、なかでも「歯の健康をサポートする」という特徴を持っているのがリカルデントです。パッケージやCMなどでうたっている通り、特定保健用食品(トクホ)製品も揃えているブランドです。

特定保健用食品の許可を受けるにあたって対象となったのは牛乳由来のCPP-ACPという成分です。この成分が入っているガムは現在のところリカルデントのみとなっています。

CPP-ACPはむし歯が始まるときに起こる「脱灰(歯からミネラルが溶け出す現象)」を抑制し、歯から溶け出たミネラルを補充する「再石灰化」を行います。さらに、その補充された部分は以前よりも酸に強い性質を持つようになることから、歯の健康に役立てられると考えられています。

レギュラー製品のほか、キッズ向け製品・歯科医院向け製品も

(ヘルスケア大学)現在の製品ラインナップについて、教えていただけますか。

(田代)リカルデントは2016年2月に製品内容を一新しています。定番製品はグレープミント、グリーンミント、ライムミントの3種類。それぞれ14粒入りのスティックタイプと、140g入りのボトルタイプを用意しています。それに加えて半年に1回、フルーツ味をベースとしたシーズナルフレーバーも出しています。たとえば昨年秋にはラ・フランスミントを販売、今年3月からはアメリカンチェリーミントを販売しています。

また、今年2月には子ども向けの「リカルデント キッズガム」もリニューアルを実施しました。こちらは子どもに人気のまんが雑誌「コロコロコミック」と「ちゃお」の人気キャラクターをパッケージにあしらっているのが特徴で、通常のリカルデントよりもミントを抑えた、子どもがより甘みを感じ、美味しく食べやすい製品です。ブルーベリー味とパイナップル味を用意しています。

リカルデントにはさらに、歯科医院でしか売られていない製品もあり、こちらはさきほどご紹介したCPP-ACPが2倍配合されたボトルタイプになっています。歯科医院での歯の定期検診の後に、自宅でもデンタルケアを意識したい方におすすめです。

2016年のリニューアルにより、味わいやパッケージも一新

(ヘルスケア大学)リピーターのお客様からは、どんなところが好評ですか。

(田代)購買層内でのブランドイメージとしてはやはり、「歯の健康に役立ちそう」というものが多いですね。もうひとつは「食べていて、おいしい」というもの。昨年のリニューアルからは原材料の一部を見直すことにより、噛み始めたときに口のなかいっぱいに広がるフレーバーの豊かさや、後に続くミントの長持ち感をよりお楽しみいただけるようになりました。

フレーバー別にみるとグレープミント味がもっとも売れており、シーズナルフレーバーも人気です。シーズナブルフレーバーは、今ガムを噛んでいない方にも興味を持ってもらえるよう、年代別のフレーバーの趣向性、好きなフルーツランキングなどから候補を選び、ミントガムにしたときの相性を考えながら研究開発チームと意見を出し合い、決めています。

(ヘルスケア大学)リニューアルによって、パッケージデザインなども新しくなりましたね。

(田代)製品パッケージは、パキっとした光沢感のあるフレーバーカラーに、トクホマークや歯科医師会推薦の表記を共通のビビッドピンクであしらうことで、店頭で目につきやすいデザインに仕上げました。ロゴの中央にある歯のマークのことを私たちは、「歯ーと(ハート)」と呼んでいます。

また、ボトルには粒ガムをまとめて取り出せる大きな開け口と、1~2粒ずつ衛生的に取り出せる小さな開け口、2つの方向に開けられる「次世代2WAYキャップ」を採用しました。

さらに、製品パッケージの前面にはカロリーを表示しています。これはモンデリーズ・インターナショナルが世界中で統一して行っている取り組みのひとつで、日本国内ではリカルデントが最初の導入例となりました。

「すきま」となっている時間を、リカルデントで「自分磨き」タイムに

(ヘルスケア大学)ガムを日常的にとり入れる際、おすすめの食べ方はありますか?

(田代)特定保健用食品としては「1回2粒を1日4回、毎回20分を目安にお召し上がりください」という摂取量の目安があります。ただ、ガムですのでお客様にはいつでも好きな時に食べていただきたいという願いもあります。

そこでリカルデントでは製品リニューアルを契機に、「すきま時間を、キレイ時間に」というコピーで、新しい喫食習慣を提案しています。というのも、リカルデントで実施した調査では、働く女性には通勤時間や帰宅後のんびりしている時など1日につき平均で72.7分の「すきま時間」があることが判明しており、この時間をなんとなく過ごすのではなく、美容や健康によい習慣のために積極的に活用することで、「キレイ度」を高めることができないものかと考えたのです。

動画サイトやトレインチャンネルなどでは、女優・歌手のすみれさんにご出演いただき、ジムや入浴中、撮影の合間などにリカルデントを噛むことでキレイな歯をキープするイメージをお伝えしています。

(ヘルスケア大学)最後に、リカルデントの今後についてお聞かせください。

(田代)今後も、「歯の健康をサポートする」リカルデント独自性や新しい喫食シーンを年齢問わず、幅広い方々に提案していきたいですね。リカルデントにはさまざまなフレーバーがあり、お子様向けにはキッズガムもあります。ぜひご家族でお召し上がりいただければと思います。

■ブランド情報

リカルデント

リカルデントは、むし歯の始まり(脱灰)を抑制する牛乳由来成分CPP-ACPを配合した、特定保健用食品の表示許可、日本歯科医師会の推薦を取得したシュガーレスガムです。
移動時間、打ち合わせの間、お風呂などの「すきま時間」にガムを噛む、歯の健康のための新習慣を提案し、今後も子どもから大人まで、様々な性別・年代の方の歯の健康をサポートしていきます。

http://www.recaldent-gum.com

今すぐ読みたい