スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

乾燥肌の化粧品選び

更新日:2018/02/02 公開日:2013/02/20

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

乾燥肌は肌にピリっとした刺激を感じたり、赤みが出たり、様々な症状が出たりします。今回は乾燥肌の方の化粧品の使い方、選び方をご紹介します。

なるべく刺激になる成分を省いたものを選ぶ

乾燥肌の人はちょっとした成分が刺激になることがあります。基本的にアルコール、香料、着色料は入っていないものが安心です。また、アロマ成分は肌に優しいイメージがありますが、成分が強いものもあり、アレルギーが出ることもありますので注意してください。

同じく最近流行のオーガニック化粧品や、ナチュラルコスメも含有されている成分によっては刺激になってしまったり、カブれてしまうことがあります。

このような失敗をしない為にも、化粧品を変える時はサンプルをもらい目立たない部分で試してから購入するようにすると失敗が少なくて済むと思います。

敏感肌用=安心というわけではない

敏感肌、アレルギー肌の方向けに、「無添加」「敏感肌用」「低刺激」など専用の化粧品が売られていますが、それらは果たして本当に安心して使うことができるのでしょうか。

使う人の体質によって、アレルギー等の肌トラブルを起こす恐れがある成分として、薬事法によって製品への表示を義務づけられた成分を「表示指定成分」といいます。防腐剤や界面活性剤など102種類(香料を加えると103種類)の成分があります。

一般的にそれらの成分が入っていないものが「無添加」「敏感肌用」として販売されていますが、無添加イコール刺激があるものが入っていないというわけではなく、このリストに含まれていないものでも人によっては刺激を感じることもあります。ですから「無添加」「敏感肌用」という表示を過信しないことが大切です。

刺激を感じたら化粧品の使い方を変えてみる

化粧品を使っていて、ヒリっとした上に赤みを帯びていたり、ヒリヒリがおさまらない場合は化粧品を変えることも一案ですが、刺激を感じる度に化粧品を変えてしまうと、どの成分が刺激になっているのかがわからくなってしまうことがあります。

それほど強い刺激でなければ、普段使っているものを手で温めて押さえこむようにつける、何回か重ね付けをする、コットンパックをするなど、化粧品のつけ方を変えるだけで症状や肌の状態が落ち着く場合もあるので、まずはそちらの方法を試してから化粧品を疑うことも大事です。

また体調によってお肌のコンディションは変わるので、化粧水で少し多めに水分を与えた上で、その水分を保持するために上から乳液などで軽くフタをしますが、この時点で肌に重さを感じなければ、その上からクリームを塗っても大丈夫です。もし乳液が重いと感じる場合は、やめておいた方が安全です。

人によってはかゆみを感じる人もいるでしょう。そういう場合でも、まず保湿を第一に考えます。肌表面にフタがされていないと肌は乾燥し、敏感さが続いてしまいますので、乳液やクリームで肌の表面をフタをするケアを行ってみてください。

敏感肌用として販売されている化粧品をいつも使っている方でも、急に刺激を感じた時は、化粧水、乳液、クリームだけにして、美容液は使うのを一時的にやめるという風にベーシックなものだけにしてみるのも1つの手です。

また、洗い過ぎなどによって肌が乾燥し、皮脂が過剰に分泌して部分的にオイリーになっている方は、自分はオイリー肌だと思い込んで、さっぱりタイプの化粧品を選びがちですが、必要なのは保湿です。低刺激でありながらも、油分を含み、肌を守ってくれる化粧品を選ぶようにしましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー