1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

敏感肌が有利!?低刺激でも美白する方法

更新日:2017/03/30 公開日:2013/08/14

敏感肌の場合、日々自分の肌のケアに悩まされていることから、なかなか美白というところまで意識がいかないということが多いのではないでしょうか。自分は肌が弱いからという理由で、諦めてしまっていませんか?実は敏感肌でもできる美白ケア方法があるのです。その方法をご紹介します。

敏感肌でも美白の効果を出すには

実は敏感肌は有利だった!?

敏感肌の方で、一般的な美白化粧品を使ったら、刺激が強くて肌がピリピリしてしまったという経験のある方はいませんか。当然その美白化粧品の使用感や肌への刺激は気になるところですが、敏感肌は特に美白化粧品が効きにくいという側面があるのです。

そもそも敏感肌とは

そもそも敏感肌は、乾燥や肌荒れの連続でくりかえす炎症によって、過剰にメラニンが作られてしまい、美白ケアが追い付かない状態です。日頃から、シミやソバカス、クスミで悩まされている方も多いでしょう。そこで、まずは肌のバリア機能を強化し、紫外線などの外部の刺激から肌を守ることが必要になってきます。さらに、その過剰なメラニン生成を抑えれば、美白がしやすくなり、美白化粧品の効果も出やすくなってくるのです。

敏感肌にふさわしい美白化粧品

敏感肌を正常な肌へ

敏感肌の美白には、初めから美白に焦点を絞るのではなく、まずは肌の機能を正常に回復させることに力を注ぐことがポイントです。肌機能を取り戻すためには、「セラミド」の生産能力を上げることが肝心です。皮膚内の水分保持の役割を担うセラミドの生成を助ける役割のある美容成分や、「ヒト型セラミド」と呼ばれる人が持っているセラミドと同じ構造で作られている成分の含まれている美白化粧品を選びましょう。セラミドが増えれば、まず美白化粧品が効きやすい肌の素地が作られます。

抗炎症効果抗酸化作用のある美白化粧品

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート