1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

大人ニキビに効くビタミンC誘導体の効果

更新日:2017/08/04 公開日:2013/09/10

ニキビケアに使える成分として、ビタミンC誘導体があります。ビタミンC誘導体をどのように使用すればニキビケアに有効なのか詳しく見てみましょう。

ビタミンC誘導体の肌への効果と特徴

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCと似ていますが、異なるものです。簡単にいえば、ビタミンCは肌に吸収されにくいところがあるので、それを肌に浸透しやすい形に改良したものが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンCは、安定性に欠け、酸化されやすいという特徴があります。たとえ、肌に塗ったとしても、肌のバリア機能によって、ほとんど吸収されないのです。一方、ビタミンC誘導体は、角質層への浸透力があり、お肌に吸収された後、酵素反応によってビタミンCに変化します。

ビタミンC誘導体のニキビや美肌への効果

ビタミンC誘導体が肌に浸透すると、メラニン色素の生成を抑制し、色素沈着を防いだり、すでにできてしまったシミやそばかすを消したり、薄くしたりすることができるといわれています。この美白効果の他にも、肌のハリを保つコラーゲンを増やす働きもあります。このように、ビタミンC誘導体にはすぐれた美肌効果が豊富にあり、近年非常に多くの注目を集めています。

このビタミンCがニキビによいといわれているのは、抗炎症作用と、皮脂分泌抑制作用にあります。過剰な皮脂分泌で毛穴が詰まってしまってできたニキビも、ビタミンC誘導体を塗ることでよくなるといわれており、毛穴も引き締まるのです。

ビタミンC誘導体は化粧水の前につける

このビタミンC誘導体のおすすめの使い方としては、基本的には洗顔の後、化粧水をつける前に使うという方法です。その後、化粧水、乳液、美容液と順番につけましょう。ときには、集中ケアとしてビタミンC誘導体で部分的にコットンパックをするとよいでしょう。肌の水分と油分のバランスが整えられ、キュっと引き締まった肌が期待できます。

また、ビタミンC誘導体は、原液か粉末を精製水で薄めて自分で化粧水を作ることもできます。濃度を調整しながら、自分の肌に合ったものを作ってみるのもおすすめです。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート