1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook
メイク講師・小野寺舞先生のメイクアップ講座

敏感肌のメイク術(4)ファンデーションの選び方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/01/31

敏感肌はファンデーションを使用しない方がよい?

敏感肌の方の中には、「ファンデーションは肌に良くない」と日焼け止めのみを使用する方もいますが、炎症が起きている等の問題がない場合は、低刺激のファンデーションであれば使用しても問題ありません。

紫外線や、外的刺激から肌を保護する為にカバーをしておかないと、外出時に乾燥やアレルゲン、紫外線などにより赤みが出たりすることもあります。

炎症が起きるとバリア機能も低下してきて、肌荒れが悪くなったり、なかなか肌質が良くなかったりもしますので、使っていなかった方は慎重にパッチテストなどをしてお肌に合ったものを探し、使用してみましょう。

ファンデーションの種類

ファンデーションの種類は多く、以下のようなものがあります。

  • パウダーファンデーション(固形ファンデーション)
  • リキッドファンデーション(液体状のファンデーション)
  • クリームファンデーション(リキッドファンデーションに比べカバー力が強く重たい)
  • スティックファンデーション(スティック状になっており、お肌に直接のせる。)
  • エマルジョンファンデーション(コンパクトに入ったクリーム状ファンデ。クリームファンデーションの一種)
  • 2WAYファンデーション(付属のスポンジをそのまま、または水で濡らしたスポンジで使用する。)
  • ミネラルファンデーション(粉状になっており、ブラシで使用するのが一般的)
  • BBファンデーション(スキンケア成分、ベース等も含まれており、1本で仕上がる)

メーカーにより呼び名が異なってきますが、テクスチャーの違い、水性なのか油性なのか等で大きく違いが出ています。

使いやすく、肌に合うファンデーションであれば、どのタイプのファンデーションでも良いと思います。

しかし、敏感肌の方にはリキッドファンデーションよりパウダーファンデーションのほうが肌の密着が軽いので、メイクの落とし残しが少なく、肌への刺激が軽減します。

ただ、ファンデーションをのせる前のベースとしての肌作りが一番肝心なので、「パウダーファンデーションを使用したいけれど上手くいかない」という方は、スキンケアの項目から見直して実践してみて下さい。

敏感肌にお勧めのファンデーションはミネラルファンデ

ミネラルファンデーションは粉状で、使用感も軽く、成分もミネラル100%のものを選べば「お肌に合わない!」といったトラブルは軽減されるのではないでしょうか。

ミネラルファンデーションは、添加物が含まれておらず、またオイルフリーのものがほとんどです。もちろん全ての方にトラブルが起きないとは言い切れませんが、まだ試してない方は是非お試しください。

ミネラルファンデーションはパウダーファンデーション同様、簡単で手早く仕上げることができます。

普段のメイクをナチュラルメイクにされたい方は、ミネラルファンデーションですと粒子も細かく、自然な仕上がりです。

メイクをしっかりされたい方は、ミネラルファンデーションだと仕上がりが物足りないと感じる方もいるかと思いますので、お肌に合ったパウダーファンデーションを使用しましょう。

※こちらの記事はメイクアップアーティスト/メイク講師の小野寺舞先生にご執筆いただき、ドクターの監修を経て制作をいたしました。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート