1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

注意!気が付きにくい女性の「つむじハゲ」の原因と対処法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

つむじハゲ

つむじ周辺から髪の毛が薄くなる症状は、いわゆる「つむじハゲ」と呼ばれ、円形脱毛症などと違い髪全体も薄くなるのが特徴です。頭頂部を自分で見る機会はあまりなく、抜け毛もゆっくりと頭部全体に広がっていくため、気がつきにくいものです。そのため、頭皮が目立ってきて初めて気づくというケースも少なくありません。

「つむじハゲ」の原因はホルモンバランスの乱れ

つむじが薄くなるこの症状は、女性ホルモンの分泌量減少によるホルモンバランスの乱れが原因であることが多くあります。女性ホルモンの乱れが原因となる薄毛の多くは「びまん性脱毛症」です。(詳しくは『女性に多い「びまん性脱毛症」の症状、原因と対処法』をご覧ください)

更年期に入って髪全体が薄くなり、つむじが目立つように感じるのも、女性ホルモンの分泌量が変化してバランスが崩れたために起こります。また、出産後や経口避妊薬(ピル)の服用もホルモンのバランスを大きく乱すほか、ダイエットやストレスもその要因となります。

対処法

女性ホルモンのバランスの乱れが原因の「つむじハゲ」の場合、ホルモンバランスを正常に戻してあげることで改善が期待できます。

そのためには、女性ホルモンと似た化学構造を持ち、体内でも女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンを摂ることが効果的です。イソフラボンを含む食品の代表的なものに大豆があります。豆腐や納豆、味噌などの大豆製品を上手に取り入れて、ホルモンバランスの正常化を目指しましょう。

しかし、大豆ばかり摂取していればよいわけではありません。野菜や魚など栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活が重要です。ストレスをため込まず、適度な運動を行うなど健康的な生活を心がけることもホルモンバランスを整えるのに必要となります。

頭皮環境が原因の「つむじハゲ」も!?

頭皮に何らかのトラブルがあり、つむじが薄くなることもあります。

過剰なシャンプーや洗浄力の強いシャンプー剤により頭皮の皮脂が失われた場合、もしくは頭皮の汚れが充分に落とせていない場合、頭皮にシャンプーが残っている場合などに、頭皮の炎症を起こす可能性があります。

また、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることもトラブルの原因となります。

皮膚には周期があり、定期的に生まれ変わっています。頭皮からはがれ落ちた古い皮膚が「フケ」なのです。ところが、栄養バランスが偏った食事やストレス、喫煙などが原因で皮脂が過剰に分泌されると、この周期が乱れ、フケの大量発生を招くことがあります。大量発生したフケは毛穴を塞ぎ、それにより雑菌が異常に繁殖し、頭皮の炎症を起こします。

このような頭皮のトラブルが、毛母細胞の働きを阻害し、抜け毛につながるのです。

対処法

フケが大量に発生していると、清潔にしようと過度にシャンプーをしてしまいがちです。しかし、それではかえって頭皮の炎症を悪化させてしまう恐れがあります。このようなときは、刺激の少ないシャンプーを選び、頭皮に刺激を与えない洗い方を心がけることが必要です。あまりにもフケの量が多い場合は、専門医での適切な治療をオススメします。

「つむじハゲ」は気づきにくいため、その対処も遅くなってしまいがちです。日頃から頭頂部も含めた頭部全体をチェックすることで、早めの対策も可能となります。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー