1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

敏感肌を改善する乳液の選び方

更新日:2017/08/28 公開日:2015/04/09

この記事の監修ドクター

医師
板東浩先生

外部刺激を受けやすくなっている敏感肌の場合は、どのような乳液を使うと良いのでしょうか?使い方のコツと、おすすめの乳液をご紹介します。

乳液の役割と種類

乳液には、肌にうるおいを与える効果と、肌表面にフタをして水分の蒸発を防ぐ効果があります。乳液が、水と油の双方の性質を持つためです[1]。

乳液は水分を含むので肌の表面に水分を送り込むことができます。さらに、重要なのが、水分の蒸発を防ぐ役割[1]。化粧水で保湿しているから大丈夫と言う人がいたとすると、化粧水では水分を補うことのみできると知っておくといいかもしれません。乳液を使うと肌にフタをする役割を果たすので、うるおいを逃がさないようにできます。敏感肌にとって乾燥を防ぐことは、すこやかな肌を保つための重要なポイントです。

肌のうるおいを保つのに重要な役割を担う乳液は、用途によってさまざまな種類があります。

保湿乳液

肌表面にフタをして乾燥を防ぐ役割をする、乳液の用途として最も一般的でしょう。

UV乳液

紫外線カットとメラニンの合成を防ぐ効果を加えた、美白効果も併せ持っている乳液です。

ティント乳液

化粧下地として使用できる乳液です。

敏感肌には刺激の少ない保湿乳液を

敏感肌を悪化させないためには、乾燥を防いで肌内部の水分量を保つことが大切です。改善を目指すには、できるだけ肌に刺激を与えず、肌バリア機能を正常に戻すことも重要になってきます。こうした理由から、敏感肌にはシンプルな保湿乳液がもっとも適しています。肌への刺激を少なくするためにも、できるだけ香料や着色料などの配合成分が少ないものを選びましょう[2]。

中でも、おすすめの保湿成分が「セラミド」。肌の水分保持を担う役割として最も大きいのは、「細胞間脂質」と呼ばれるもので、セラミドは、この細胞間脂質の40%を占める成分です。このほか天然保湿成分(NMF)や皮脂が水分の保持に役立っています。敏感肌では肌の水分量が低下しやすい状態なので、外からセラミドを補ってあげることで、水分量を正常に保つ効果が期待できるのです。また、セラミドは角質層に浸透しにくい成分なので、化粧水よりも油分が多い乳液やクリームで補うのが効果的とされています[3]。

使用の際の注意点

前述のとおり、敏感肌を改善するには刺激を極力避ける必要があります。このような理由から、敏感肌の方は多くの化粧品を使用しない方が好ましいでしょう。もし、ほかの美容液で保湿成分をしっかり補えているのであれば、あえて保湿乳液を使う必要はないかもしれません。

ただし、保湿剤は油分の多い化粧品の方が水分を保持する効果が高いため、水分を多く含んだタイプの美容液よりも乳液やクリームでの保湿がおすすめです[1]。どうしても水分を多く含んだタイプの美容液を使用したい場合は別ですが、保湿目的だけであれば油分の多い化粧品を活用するとよいかもしれません。その際に気をつけたいのは、最低限の量にすること。余分な油分は酸化して肌を刺激し、毛穴を詰まらせる場合があるので、注意してください[4]。

また、使用前には必ずパッチテストを行いましょう[5]。いくらセラミドが人の肌成分と同じものとはいえ、絶対にトラブルが起きないとは言い切れません。この点も、忘れないようにしましょう。

参考文献

  1. [1]田上八朗. “スキンケア” 美容皮膚科学 改訂2版. 宮地良樹ほか編. 日本美容皮膚科学会監修. 南山堂 2009; 196-206
  2. [2]武馬吉則. “保湿剤” 美容皮膚科学 改訂2版. 宮地良樹ほか編. 日本美容皮膚科学会監修. 南山堂 2009; 326-329
  3. [3]林田清芽/古江増隆. “角層とドライスキン” 美容皮膚科学 改訂2版. 宮地良樹ほか編. 日本美容皮膚科学会監修. 南山堂 2009; 8-19
  4. [4]伊藤正俊. “皮膚の汚れと洗浄,pH” 美容皮膚科学 改訂2版. 宮地良樹ほか編. 日本美容皮膚科学会監修. 南山堂 2009; 91-101
  5. [5]伊藤正俊. “皮膚テスト” 美容皮膚科学 改訂2版. 宮地良樹ほか編. 日本美容皮膚科学会監修. 南山堂 2009; 8-19

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート