1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

敏感肌のボディソープの選び方

更新日:2017/05/11 公開日:2015/04/09

この記事の監修ドクター


スキンケア大学参画ドクター

毎日使うものだからこそ、ボディソープは慎重に選びたいところ。こちらでは、デリケートな敏感肌におすすめのボディソープと、肌にやさしい洗浄成分についてご紹介します。

敏感肌におすすめのボディウォッシュとは

敏感肌のボディウォッシュ選びで重要なのは、肌にやさしい洗浄成分を選ぶことです。一般的に、もっとも肌にやさしい洗浄成分は「脂肪酸炎」だといわれています。いわゆる、石けんと呼ばれるものです。

石けんは、肌の上で皮脂などと反応して弱酸性になると、界面活性が失われます。よって、洗い流した後の肌への負担が少なく、肌にやさしいといわれています。洗い流しても肌に残る石けん以外の界面活性剤に比べると、その負担はかなり少ないと言えるでしょう。

ただし、石けんは、敏感肌など皮脂分泌の少ない肌には刺激が強い場合があります。それは、肌が弱酸性なのに対し、石けんは強いアルカリ性であるためです。健康な肌では、アルカリ性の石けんを使用しても弱酸性に戻そうとする力が働くので問題ないのですが、肌が弱っている敏感肌の状態では戻れないことがあるのです。

このような理由から、敏感肌の場合は、石けんではなく、アミノ酸系など、肌にやさしい洗浄成分が配合されたボディソープがよいとも言えます。

敏感肌におすすめの洗浄成分とは

石けん以外の洗浄成分としては、アミノ酸系やグルコシド系など、弱酸性の洗浄成分がおすすめです。これらも界面活性剤であることに変わりはないのですが、界面活性剤はすべてが悪というわけではありません。そもそも、界面活性剤そのものに毒性があるわけではないのです。ただ、肌に残る限り洗浄する力は失われないため、必要な角質まで剥がしてしまうことでターンオーバーを乱すというデメリットがあるだけなのです。アミノ酸系やグルコシド系の洗浄剤は刺激が少ない分、このような作用も弱くなっています。

アミノ酸系洗浄成分には、ココイルサルコシンNaやラウロイルグルタミン酸などがあります。泡立ちは弱いですが、肌にやさしいので、敏感肌に適した洗浄成分と言えます。ひと昔前は、ぬるぬるとした感触を嫌う人もいましたが、最近は改良によってしっとり、さっぱりするものも出ています。

グルコシド系洗浄成分には、カプリルグルコシドなどがあります。グルコースという糖から作られており、アミノ酸系同様、穏やかで肌にやさしい洗浄力が特徴です。

保湿力も大切な要素

低刺激かどうかだけでなく、保湿力にも注目して選びましょう。セラミドやアルギニンなど、低刺激で、かつ高い保湿効果が期待できる成分を配合しているものがおすすめです。グリチルリチン酸など、肌荒れを防ぐ成分が入っていればなおいいでしょう。

ただし、どのような成分が合うかは肌の状態にもよるので、その時々の肌と相談して選び、使用する際は十分注意してください。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート