口臭対策グッズは口臭の予防に有効?

更新日:2018/03/06 公開日:2016/01/15

口臭の予防・改善策

口臭に気を使っている人ほど使用している、口臭対策グッズ。でも、その口臭対策グッズが不快なニオイを助長しているとしたら?ドクター監修のもと、口臭予防の基本や口臭対策グッズに潜む危険性、正しいケアについて解説します。

エチケットとして、ガムやサプリメントで口臭対策をしている方も多いと思います。口臭対策グッズは、摂取すればするほど、息がきれいになるような気がしますが、むしろ、より不快なニオイになってしまう可能性もあるのです。

口臭対策グッズの使いすぎで逆に悪化するケースも

口臭が発生する理由は、人によって違うものです。誤った対処法だと、ニオイを悪化させてしまうこともあります。恐ろしいことに、口臭対策グッズを過剰に使用したことで、本来は口臭に問題のなかった人が、不快な口臭を発するようになってしまうケースもあるのです。

人によってはニオイが混ざって、より不快なケースも

口臭グッズを使うと、一時的に口のニオイを紛らわすことができます。しかし、それはニオイの表面に香りを被せている状態に過ぎず、本質的な解決にはならない場合もあります。

それには、歯垢や舌苔(ぜったい)が関わってきます。これらをきれいにしないことには、その奥にある口臭の発生菌を除去することができません。歯垢や舌苔は、口臭グッズだけでは除去できません。そのため、ニオイを取るどころか、ガムやサプリメントの香りと混ざって、より不快なニオイになってしまう危険性があるのです。

もっとも有効な予防法とは

口臭には、大きく分けて「生理的口臭」と「病的口臭」があります。生理的口臭の場合は、生活習慣を見直すことで改善が見込めます。特に、舌の表面についてしまう舌苔を予防することが大切です。ついてしまった舌苔を無理やり除去しようとすると、舌表面を傷つけてしまい、それがまた口臭の原因となることがありますので、舌苔がつかないように心がけることが大切なのです。

舌苔がつかないようにするためには、ガムが効果的です。ガムをかむことによって、舌が常に動いている状態を作りましょう。舌を動かして、舌の緊張をほぐしてあげることが大切です。

この病気・症状の初診に向いている科 歯科

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

今すぐ読みたい