1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

毛穴ケアにおすすめのクレンジング7選!毛穴の広がりや詰まりを改善

更新日:2017/11/30 公開日:2017/11/29

ポツポツ目立つ、鼻や頬の毛穴の黒ずみ…。とくに、クレンジング・洗顔をした直後に気になりますよね。つい、毛穴の汚れを指で押しだして、肌を傷めてしまった人もいるのでは?開いてしまった毛穴を引き締める方法はあるのでしょうか。今回は美容家の江波戸恵美さん厳選、毛穴ケアにおすすめのクレンジングをご紹介。毛穴の開きや詰まりの対策に、ぜひ役立てて下さい。

クレンジングの役割

クレンジングは、メイクをした日には欠かすことのできないお手入れ。油性のメイクを落とすことを役割としています。メイクをしているのにクレンジングを使わないと、汚れが毛穴に詰まり、鼻や頬の毛穴を目立たせる要因になります。

クレンジングを構成する主な成分は、油分と界面活性剤。油性の汚れを浮かせるには、油分が必要です。そして、油分と水をなじませて洗い流しやすくするために、界面活性剤が配合されています。これらの配合量を変えることで、クレンジングの形状や洗浄力に違いが出るのです。

毛穴ケアのクレンジングの選び方

クレンジングには、オイル、ミルク、クリーム、ジェルなどのタイプがあります。毛穴のつまりが気になるときは、つい「しっかり完璧にメイクを落とせるもの」に意識が向きがち。ですが、クレンジングは、どうしても肌に負担がかかる作業です。

洗浄力が強すぎると、肌が乾燥してバリア機能が低下。肌を守るために角質層が厚くなり、かえって毛穴を詰まらせ、角栓ができやすくなることがあります。また、肌のきめが粗くなるため、頬の毛穴が目立ちやすくなります。クレンジングを選ぶポイントときは、ベースメイクとの相性を考慮して選びましょう。

クレンジングオイル
洗浄力がもっとも高く、カバー力の高いクリームファンデーションやスティックファンデーション、コンシーラーをお使いの方におすすめ。しっかりメイクをすばやく浮き上がらせて落とすので、毛穴の汚れがたまりにくくなります。
クレンジングミルク
油分と界面活性剤が少なく、水分が多いのが特徴。肌に優しい洗い心地で、洗浄力はマイルドなものが多いといわれています。パウダーファンデーションやリキッドファンデーション、BBクリームなどをお使いの方におすすめです。
クレンジングクリーム
油分も水分も適度で、バランスのいいクレンジング。肌質やファンデーションの種類を問わず使えるでしょう。ただし、ティッシュでふきとらなければいけないもの、水で洗い流しにくいものがあります。
クレンジングジェル
透明のジェルタイプと、乳白色のジェルタイプがあり、おすすめは乳白色タイプ。界面活性剤が乳化されているので、刺激になりにくいのが特徴です。メイクオフ力は中程度なので、パウダーファンデーションやBBクリームなど、ナチュラルメイクの方に適しています。

なお、落ちにくいマスカラやアイライナー、濃い色のリップなどは、専用のリムーバーを使って落としましょう。クレンジングオイルであれば落とせるものもありますが、洗浄力が弱めのクレンジングでは、汚れとなじみにくく肌をこすってしまいがちです。とくに目もとは皮ふが薄く乾燥しやすい部位なので、極力負担をかけないようにすることが大切です。

毛穴ケアにおすすめのクレンジング

ここからは美容家の江波戸恵美さんが、ご自身の肌で実際に試した、毛穴ケアにおすすめのクレンジングをご紹介します。洗い上がりしっとり・さっぱりなどの使用感を、ぜひ参考にしてくださいね。

トリートメント クレンジング ミルク(カバーマーク)

おすすめの理由
保湿力が高い美容液成分配合のクレンジングミルク。肌にのせるだけでファンデーションを毛穴の奥から浮き上がらせ、しっかりクレンジングできるところが魅力です。美容液成分を89%も配合しているので、洗い上がりはもっちり弾力のある肌に!乾燥と肌のハリが気になる方にもオススメです。
使ってみた感想
なめらかでみずみずしいミルク状のテクスチャー。9種類のエッセンシャルオイルのいい香りで、クレンジングをしながらアロマセラピーを楽しめるところがお気に入り!洗い流した後の肌はキメが整って、毛穴が目立たない肌になったような気がします。

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:200g

フレッシュシャインクリア クレンジング オイル(シュウ ウエムラ)

おすすめの理由
サラサラした軽い感触のクレンジングオイルで、肌にのせた時のベタつき感が気になりません。毛穴にもすぐなじみ、角栓や肌のテカリまでしっかりクレンジングできるのが魅力です。洗い流したあとのお肌はスッキリ!オイリー肌の方や化粧崩れでお悩みの方にもオススメです。
使ってみた感想
サラっとしているクレンジングオイルです。指の腹でくるくる肌になじませると、毛穴の奥からメイクや皮脂などの汚れがポロポロ浮き出てきます。洗い流した後も、肌のベタつきは感じません。使い続けていくうちに、角栓が減ってきた気がします。

販売価格(編集部調べ):8,316円(税込)
内容量:450mL

マイルドクレンジングオイル(ファンケル)

おすすめの理由
すすいだ瞬間に洗い流せる低刺激のクレンジングオイル。肌になじませるだけでウォータープルーフのマスカラやアイライナーもメイクオフできます。デリケートな目の周りにも刺激にならず安心して使えます。角栓クリアオイル配合なので、毛穴の中の汚れもしっかり落としてくれます。洗い流したあとも、肌が本来持つバリア機能をキープしながら、うるおいが残るので乾燥肌の人にもオススメ。
使ってみた感想
とろ〜り、透明なクレンジングオイルです。のびがよく肌なじみも良いので、力を入れずにメイクが落とせます。お風呂の中でも使えるので、毛穴を開かせてからしっかりディープクレンジングできる点もお気に入り!使っていたら、毛穴の角栓や黒ずみが少なくなってきた気がします。

販売価格(編集部調べ):1,058円(税込)/ 1,836円(税込)/ 540円(税込)
内容量:60mL / 120mL / 10包

SPF31 PA++

オルビス ザ クレンジング ワン(オルビス)

おすすめの理由
高い保湿力とメイク落ちを両立させたクレンジングリキッド。センサーキャッチ成分が肌の間の細胞間脂質を残し、3種類のアミノ酸やヒアルロン酸などのこだわり保湿成分配合で、肌に必要なうるおいをしっかりキープ!肌にのせるだけでウォータープルーフのマスカラやアイライナーもラクに落とせるクレンジングオイル並みの強い洗浄力で、毛穴の奥からしっかりクレンジングできます。まつげのエクステをしている人もOKのクレンジングオイルです。
使ってみた感想
肌にのせるとスーッとのびが良い、透明なリキッドタイプのテクスチャー。こすらず撫でるだけで、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーもメイクオフできるので、クレンジングに時間がかからず便利!毛穴の広がりが目立たなくなった気がします。乾燥によるシワやたるみが気になる方にもオススメです。

販売価格(編集部調べ):2,138円(税込)
内容量:145mL

アンフィネス エリミネート クレンジング ミルク(アルビオン)

おすすめの理由
まろやかに肌に馴染んで、ハリを失う原因の毛穴の汚れや酸化皮脂を、素早くしっかり落としてくれます。洗い流した後も、肌のふっくら感を守ってうるおいをしっかりキープ!ひきしまったハリのある肌にしてくれるので、エイジングケアが気になる方にオススメです。
使ってみた感想
ミルク状のテクスチャー。乳液で保湿をしながらクレンジングをしている感覚で、使用感がとても気持ち良い!肌なじみも良くメイクや皮脂の汚れもすぐに落ちる上、洗い流したあとの肌が、モッチリ潤います。使い続けるうちに肌にハリが出て毛穴が目立たなくなった気がしました!

販売価格(編集部調べ):4,500円(税込)
内容量:200g

カウブランド 無添加メイク落としミルク(カウブランド無添加 )

おすすめの理由
肌の上にのせて、優しくなじませるだけで、毛穴からメイクが浮き上がってきます。天然保湿成分のセラミドをはじめ、厳選された原料を使った低刺激処方なので、一年中安心して使えます。濡れた手でも使えるので、バスタイムにメイクオフができてとても便利です!
使ってみた感想
とろ〜り、水々しいミルク状のテクスチャー。洗い上がりは、配合保湿成分のセラミドのおかげか、肌の奥からぷるぷるのしっとり肌になれます。使っているうちに、乾燥が気にならなくなり、毛穴の開きも目立たなくなった気がします。

販売価格(編集部調べ):950円(税込)
内容量:150mL

アレルギーを引き起こす可能性のある着色料・香料・防腐剤・品質安定剤にくわえ、鉱物油・アルコールをカット。

ディープクレンジングオイル(d プログラム)

おすすめの理由
メイクはしっかり落としながら、肌のバリア機能を守ってくれる低刺激のクレンジングオイル。クレンジングと同時に、ストレスなどでトラブルを起こしやすい肌を守るスキンケアができます。乾燥肌の方やデリケート肌の方も安心して使えます。
使ってみた感想
とろみのある透明なオイル状のテクスチャー。肌にのせるとすぐに広がり、なじませるだけでメイクオフできます。こすらずクレンジングできる上、洗い流したあとは美容液をつけた後のようなしっとりした肌に!クレンジングをしながら肌の調子も整えてくれます。肌にうるおいとハリが出てきたせいか、頬の毛穴の開きが目立たなくなった気がします。

販売価格(編集部調べ):2,700円(税込)
内容量: 120mL

詳しくはこちら

アレルギーテスト済み(すべての人にアレルギーが起きないというわけではありません)。ニキビのもとになりにくい処方(すべての方にニキビができないというわけではありません)

クレンジングとスキンケアの方法

メイクを落とす作業も、スキンケアの大事な要素。クレンジングは洗顔と同様に、その後の化粧水、美容液などを受け入れやすい肌へ整えるために、重要なケアなのです。とはいえ、うっかりすると皮脂や肌の保湿成分を落としやすい作業。一度初心に戻って手順を見直してみましょう。

クレンジング

(1)ポイントメイクを専用リムーバーで落とす
洗浄力がマイルドなクレンジングを使っている方は、専用リムーバーで落としましょう。
(2)クレンジングの使用量を守る
適量は商品によって異なります。量が少ないと汚れとなじみにくく、ゴシゴシ肌をこすって負担をかけることに。説明書を読んで、規定の使用料を守りましょう。
(3)皮脂が多い部位からなじませる
Tゾーン(額・鼻すじ)からUゾーン(あご・フェイスライン)の順でクレンジングを伸ばします。けっして力を入れず、円を描くようになじませていきます。汚れを残しやすいのは、小鼻と下唇の下。中指と薬指を使って、ていねいになじませましょう。皮ふの薄い目もと・口もとは最後に、とくにやさしくなじませます。
(4)すすぎは手早くぬるま湯で
クレンジングオイルを使用している場合は、少量の水を手にとって顔になじませ、乳化させてからすすぎます。

すすぎは、人肌程度のぬるま湯ですばやく行いましょう。クレンジングの後に洗顔料を使って洗顔するので、多少のヌルつきは残っていても大丈夫です。

(5)洗顔料を使って洗顔する
クレンジングは油性のメイクを落とすもの。洗顔料は水性の汚れを落とすことを目的としたものです。「ダブル洗顔は不要」などの記載がない限りは、クレンジング後に洗顔料を使って洗顔します。

クレンジング・洗顔後のスキンケア

クレンジング・洗顔後の肌は、皮脂が落ちて水分も減少し、とても無防備な状態です。すぐに保湿しないでいると、角質層の水分がどんどん蒸発していき乾燥が加速。すると、乾燥を補おうとして皮脂が分泌され始めます。皮脂がある状態では、化粧水や美容液がなじみにくく、美容成分の浸透をさまたげることに。洗顔後は5分以内を目標に化粧水をつけましょう。その後、美容液や乳液で、与えた水分をとじこめます。

まとめ

毛穴の開きや黒ずみ改善には、クレンジングで1日の汚れをでしっかり取って、その後のスキンケアで肌を優しくいたわってあげることが大切ですね。

今すぐ読みたい

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート