女性の食べたい気持ちは『カロリミット』にまかせよう

ファンケルの『カロリミット』は、ロングセラーのサプリメント。その人気は定着していますが、この冬から『カロリミット』のイメージを一新するようなキャンペーンが展開されています。『カロリミット』ブランドの新しいメッセージについて、株式会社ファンケルの佐々木直子さんにお伺いしました。

株式会社ファンケル マーケティング本部 健康食品事業部

健康食品マーケティンググループ 佐々木直子さん

機能性表示食品なので、しっかり効果が期待できる

(ヘルスケア大学) ファンケルのサプリメントでも、定番人気の『カロリミット』ですが、あらためて特長と強みを教えてください

(佐々木) 私たちファンケルは、きちんと食事を摂り、栄養を摂っていただくことが大切と考えてきましたが、カロリーを気にして小食になり、そのせいで大切な栄養も摂れていないダイエットの現状に危機感を覚え、2000年に『カロリミット』を発売しました。『カロリミット』は発売以来、若い女性を中心に高い支持を受けているサプリメントです。2016年に消費者庁から「食事の糖と脂肪の吸収を抑える効果が期待できる」“機能性表示食品”として受理され、さらに消費者の皆さまに自信をもってお伝えできるようになりました。

『カロリミット』ブランドには、『大人のカロリミット』もありますが、こちらはアラフォー以上の方にふさわしいサプリメントです。なぜ年代によって分けられるのかというと、年齢を重ねると代謝が落ちていくため、若い頃と同じように食事をしても太りやすくなります。『大人のカロリミット』では食事中の糖と脂肪の吸収を抑えるだけでなく、脂肪の代謝促進機能もプラス。こちらも機能性表示食品として受理されています。

年代の特性に合わせた『カロリミット』シリーズをご提案することで、これまで以上に『カロリミット』ブランドが多くの人に愛されることを願っています。

サプリメント本来のとりかたを、きちんとお知らせする

(ヘルスケア大学) 今、消費者に向けて『カロリミット』で伝えたいことは何でしょうか

(佐々木) 2000年に発売された『カロリミット』は、おかげさまでたくさんの方に認知されるようになりました。これからは、“より効果的な『カロリミット』の活用方法”をしっかり伝えていきたいと考えています。

「サプリメントは、毎日続けた方がよいもの」ですが、『カロリミット』は「飲み会の前」や「デザートバイキングの前」だけに摂るというお客様が多くいらっしゃいます。それはそれで嬉しいことではありますが、私たちとしては「カロリミットは毎日きちんと摂った方が効果的」という考えを持っています。

なぜ毎日活用していただきたいのかというと、糖と脂肪を含んだ食事って、毎日あたりまえのように摂っていますよね。ですから、「日常の中にダイエットをはばむ落とし穴はけっこうあるんですよ」ということをお知らせし、『カロリミット』本来の、サプリメントとして毎日摂った方がよりいいですよ、ということをしっかり伝えていきたいと思います。

こだわりは「食を大切に、楽しむ女性に寄り添う」こと

(ヘルスケア大学) 『カロリミット』を愛用している女性には、どういう方が多いのでしょうか。

(佐々木) 『カロリミット』の愛用者は、食べることを楽しまれている方、そして、食というシーンを含めてご家族やお友だちとの時間や関係性を大切にしている方が多いように感じています。

暴飲暴食をするというのではなく、日々の食事はきちんととる、でも、ついランチにデザートをつけてしまったり、ご主人が買ってきてくれたお土産(ケーキ)を食後に一緒に食べたり、急に同僚から飲み会に誘われても断らず一緒に楽しみたい、だけど、キレイになりたい、太りたくない、そういう方に『カロリミット』を愛用していただいています。

ですから私たちは『カロリミット』を、食を囲む時間を大切にしたいけれど、余分な糖と脂肪が気になる女性に、「カロリミットがあるから大丈夫だよ」ということを伝え、気持ちを軽やかにしてあげる存在にしたいと考えています。「食を大切にして、楽しんでいる女性に寄り添うブランド」でありたいと思い、その点には非常にこだわってお伝えしていますね。

余分な糖と脂肪を、ちりつもらなくしてあげましょう

(ヘルスケア大学) 新しいキャンペーンでは、どのようなメッセージを伝えようとしていますか。

(佐々木) この12月から「まかせて!食べたい気持ち♪」というメッセージで、『カロリミット』ブランドをアピールしていきます。具体的には、毎日あたりまえのように摂っている、糖と脂肪を含んだ食事の積み重ね、“ちりつも“な毎日を送っている女性たちに、「大丈夫、カロリミットがちりつもらなくしてあげるから」というアプローチで安心感を伝えていきます。ターゲットの女性たちは総じて健康管理・体系管理をきちんとされています。でも、ストイックすぎる毎日は楽しくないし、自分へのごほうびや楽しみで、ついつい糖と脂肪を含んだ食事を摂ってしまうことは“あるある“なこと。その気持ちや行動に共感して、肯定して、サポートしたいです。

キャンペーンでは、11月中旬から『カロリミット』購入者に、数量限定で携帯に便利なケースをプレゼントしています。ケースのデザインは3種類ありますので、デザインのバリエーションも楽しんでいただけたらいいなと思っています。

『カロリミット』を人前でとることを、あたり前の風景にしたい

(ヘルスケア大学) 『カロリミット』ブランドを展開する上で、大切にしている点を教えてください

(佐々木) 一番はお客様の声を聞くことです。それと、実は、当社の女性社員の9割以上が『カロリミット』の愛用者なんです。いくら自社商品であっても、「良い」と思えないものを愛用はしないですから、女性社員の多くが『カロリミット』に魅力を感じている、ということだと思っています。ですから、当社の愛用者たちと一緒に考え、『カロリミットの』特長や良さをもっと皆さまにお伝えできるように努力していきたいですね。

私たちの飲み会では、幹事が『カロリミット』を用意して、それぞれの席にセットし、みんな飲む前に『カロリミット』を摂ることがあたり前になっています。それを忘れた幹事は、みんなから「幹事失格だよ〜!」なんて、笑われたりしています。

今はまだ、ダイエット系のサプリメントを人前で摂る、というのは、特に女性にとってハードルが高いことだと思います。でも、『カロリミット』を人前で摂ることが日常の風景にとけこむようになったらいいなと、それを目指していきたいですね。

女性のたしなみグッズとして、ポーチの中に入る存在に

(ヘルスケア大学) 今後、『カロリミット』ブランドをさらに、どのように成長させていきたいですか。

(佐々木) 以前、ある中華料理店でランチをしていたら、隣の席のまったく知らない女性が『カロリミット』を取り出したのを見かけたのです。「ああ、堂々と人前でカロリミット摂ってくれてる〜!」って、とっても感動しました。女性たちのバッグの中から、『カロリミット』が出てきた時って、本当に嬉しくなります。

私は、いつか『カロリミット』が女性たちのポーチに常備される存在になることを目指しています。以前、女性のポーチの中はメイクグッズだけでした。それが今は、ハンドクリームや目薬なども女性のたしなみグッズとして、ポーチに入るようになりました。『カロリミット』も、ポーチにいつも入っている女性のたしなみグッズになってほしいと願っています。その夢をかなえるために、『カロリミット』ブランドを大切に育てていきたいな、と思っています。

11月中旬から、『カロリミット』購入者に数量限定でプレゼントしているケースは、バッグやポーチに入れておける、かわいいデザインだと思います。ぜひ、『カロリミット』を持ち歩いて、毎日摂って、「食べたい気持ち」を“まかせて“ください。あなたのポーチの中にいつも入っている存在になれるよう、私たちも『カロリミット』ブランドをしっかり育ててまいります。

ブランド情報

『カロリミット』は食事の糖と脂肪の吸収を抑えて、食後の血糖値と血中中性脂肪値の上昇を抑える機能があるサプリメントです。『大人のカロリミット』はさらに、日常活動時の脂肪を代謝する力を高めます。 『カロリミット』『大人のカロリミット』は、シリーズ累計販売個数5,000万個を突破しました。サプリメントの他にも、粉末タイプの『カロリミット茶』やウコンの成分を配合した『カロリミット ウコン ドリンクW』、ダイドードリンコと共同開発した『大人のカロリミット はとむぎブレンド茶』『大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス』といった飲料の展開も行っています。 これからも“食べることを大切に、楽しみたい女性”を応援していきます。

今すぐ読みたい