1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

目の下の乾燥&小じわ対策!気になる人向けオススメ保湿美容液4選

更新日:2017/12/20 公開日:2017/12/18

女性にとって、目の下の乾燥は大敵。乾燥によってできる小じわは年齢を感じさせてしまう大きな要因になってしまいます。さらに進行した乾燥は痒みや痛みを伴うこともあるので、デリケートな目元は特に優しくケアするよう注意しましょう。ここでは目の下が乾燥する原因と、美容家の寒川あゆみさんおすすめの保湿成分美容液をご紹介します。

皮膚が乾燥するとき、どんな状態になっているか

皮膚は、「皮脂膜」「細胞間脂質(セラミド)」「天然保湿因子(NMF)」によって守られ、内部の水分が保持されています。上記に挙げた原因によって細胞間脂質が減少すると、肌の水分量が保持されにくくなり、結果、乾燥・肌荒れを起こし、カサカサな肌になってしまうのです。

目の下が乾燥する原因は?

目の周囲の皮膚は非常に薄いため、刺激に対して弱く、乾燥しがちなのはご存知ですか?そんなデリケートな目の周りが乾燥する原因を探っていきましょう。

皮膚の乾燥

目元は乾燥しやすく、外界の刺激の影響を受けやすい箇所です。日頃から乾燥をしっかり防いでおく必要があります。

紫外線によるダメージ

紫外線は日焼けやシミの原因となるだけでなく、皮膚内部の弾力を奪ってハリを低下させ、老化を早めてしまいます。また、紫外線によるダメージを受けることで、肌荒れを起こし、水分を保ちにくい状態を招いてしまいます。

摩擦や刺激

もともと弱い部分に強い刺激を与えると、角質層がダメージを受けて、本来持っているはずのバリア機能が失われてしまいます。潤いをキープすることもできなくなると、より乾燥しやすくなってしまいます。よくやってしまいがちなのが、メイククレンジングの際にコットンで強く摩擦したり、目のかゆみで頻繁にこすったりしてしまうこと。これだけでも皮膚にとっては大きな刺激となり、負担がかかってしまいます。また、コンタクトレンズの付け外しをする際にも、あまり目の下を引っ張ったりこすりすぎないよう注意しましょう。

加齢

真皮層では、コラーゲンやヒアルロン酸などの水分を保ち、皮膚を支えています。この真皮層の水分は、加齢によって減少していきます。すると目の下の乾燥やたるみが進み、シワが目立ってしまいます。

目の下の乾燥には主に3つの対策

それでは、目の下の乾燥を防ぐにはどのような対策をしていけばいいのでしょうか。ここでは3つの対策をご紹介します。

アイメイク専用のクレンジング剤を利用

もともと皮膚が弱い目元は、メイクでのトラブルが起きやすいのも当然のこと。メイクを落とす際は、目の周辺は特に強くこすらず、他の部分よりも刺激の弱いクレンジング剤を使ってあげると、ダメージを最低限に止めることができるでしょう。

とは言えアイメイクはファンデーションと比べて落ちにくく、一般的なクレンジングではどうしても洗い残りが出てしまうこともあります。目元のクレンジングを他と分けることで、クレンジングによる目元の摩擦ダメージを抑えることができるでしょう。

<アイメイクの落とし方>

  1. アイメイクリムーバーをコットンにたっぷり染み込ませる。
  2. 目をしっかり閉じ、まぶたの上にコットンを置いてしばらく待ち、アイメイクを優しく拭き取る。
  3. 綿棒にリムーバーを染み込ませる。
  4. コットンを2つに折って目の下に置く。
  5. 綿棒を使い、まつげの根元から毛先に向かってアイラインやマスカラ残りなどの細かなメイク汚れを取っていく。

リムーバーは洗浄力が高いため肌への刺激も強くなっています。肌に合った物を使用し、皮膚の赤みや痛みなどが起こった場合はすぐに使用を中止しましょう。また、リムーバーが目の中に入ることで炎症が起きてしまう場合もあるため、必ず目をしっかり閉じて行い、綿棒などを使って目に直接リムーバーが触れないよう気をつけることも大切です。

化粧水と美容液でしっかりと保湿ケアする

洗顔後には、美容液や美容クリームによるケアが大切です。お肌の水分保持力の8割は、角質層の細胞間脂質が担っているため、細胞間脂質の主成分である「セラミド配合」のものを選ぶと保湿効果が期待できます。敏感肌の方は専用の保湿美容液を選ぶことをおすすめします。ただし、すでに肌荒れがだいぶ進行してしまっている場合には、お肌のバリア機能を取り戻す機能を持つ「ワセリン」が活躍してくれます。ワセリンは、表面をしっかりとガードしてくれる上に、水分の蒸発を防止する役割を持っています。使用の際は、ワセリンは硬いため、皮膚を伸ばし痛めないよう塗り方に注意しましょう。

睡眠をしっかりとる

人間の身体は、睡眠中に肌細胞の修復・再生するための活動をしています。睡眠不足はその活動を妨げます。細胞間脂質が充分に角質層に存在しなくなり、お肌の乾燥や肌荒れ、老化が進みやすくなります。また、睡眠不足で自律神経の働きが乱れるとホルモンバランスが崩れ、肌の代謝や免疫力が低下し、肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

大切なのは、眠る時間ではなく、「寝始めてからの3時間をいかに深く眠るか」なのです。深く眠るのに大事なことを3つ紹介しましょう。

  • 就寝前に食事をとらない。
  • 眠りにつく1時間ほど前に身体を温め、眠る頃に体温が下がるようにする。
  • 眠る前の1時間はスマホやテレビ視聴など脳を覚醒させるようなことをしない。

良質な睡眠導入を心がけて、美肌を目指しましょう。

オススメの保湿美容液

ここでは、美容家の寒川あゆみさんおすすめの保湿美容液をご紹介します。

ドライゾーンリペアエッセンス(d プログラム)

おすすめの理由
トラネキサム酸やグリチルリチン酸といったエイジングケアに効果的な厳選成分を配合。目元や口元の乾燥小ジワや肌荒れケア向け。パラベンフリー、アルコールフリー、鉱物油フリー、無香料、無着色なので敏感肌タイプの方でも使いやすい美容液です。
使ってみた感想
エッセンスということで液体系の美容液をイメージしましたが、クリームに近いテクスチャーでしっとりと保湿してくれる使用感があります。スキンケアの一番最後に、乾燥しやすい部分に塗ることでしっとりとなじむので保湿力が欲しい方にはオススメです。

販売価格(編集部調べ):4,536円(税込)
内容量:30g
医薬部外品

詳しくはこちら

ダブル セーラム EX(CLARINS)

おすすめの理由
お肌のハリ感、輝きや透明感、うるおい、整ったキメ、肌引き締めを引き出してくれる21種類の植物エキスが配合された美容液。ウォーターセラム、オイルセラムといった「水分7:油分3」の割合で作られた特殊なテクスチャーがお肌にしっとりなじみ、乾燥による小ジワだけではなく、お肌全体に必要な成分が浸透し、年齢に応じたエイジングケアにはオススメの商品です。
使ってみた感想
乾燥しやすい季節にぴったりで、今までの美容液にはないテクスチャーと使い心地です。乾燥しやすいお肌に対し、サッとい水分と油分をカバーしてくれ、目に見えてハリと潤いが出るのでお気に入りの一品。オイルほどベタつくこともなく、香りも良いので気分も上がり、翌朝のお肌のコンディションがとても良いのが嬉しいです。

販売価格(編集部調べ):11,880円(税込)/ 16,200円(税込)
内容量:30mL / 50mL

塗るサプリ Platinum Collagen(NANO ACQUA(ナノアクア))

おすすめの理由
生コラーゲンが99%、プラチナ1%で出来ている原液美容液。1回ずつの使い切りタイプな贅沢な美容液なので、気になる部分に塗ったり、顔全体に塗っても良い原液美容液です。スペシャルケアやお肌が疲れていて復活させたい時に塗ると、お肌がピンと張るような感覚になるのでオススメです。
使ってみた感想
スペシャルケアとして角質除去パックなどをした後に、目元のシワの部分に塗ると、ピンとした感覚に。お肌にハリとうるおいを与えるコラーゲンが99%、美容効果のあるプラチナも配合されているので、ハリやツヤをサポートしてくれるオススメのアイテムです。

販売価格(編集部調べ):21,600円(税込)

LIFTest プロテオグリカン原液(フラコラ)

おすすめの理由
プリテオグリカン原液100%の美容液。プリテオグリカンとはヒアルロン酸よりも高い保水力があると言われており、希少価値のある成分です。乾燥しやすい肌質の方や目元のハリ感が欲しい場合やお肌のうるおいを底上げすることが特徴です。
使ってみた感想
サラッとした水のような原液なので、お肌全体にたっぷり贅沢に馴染ませたり、気になる部分や目元に重ねづけするとお肌がしっとりハリが出ます。保水力が高いので、翌日までお肌がうるおっていることが嬉しいポイント。肌がカサカサしやすく、乾燥小ジワが目立ちやすいという方にはプリテオグリカンがオススメ。

販売価格(編集部調べ):3,600円(税込)
内容量:30mL

保湿美容液の効果的な付け方

保湿美容液は、化粧水で水分をたっぷりと補給した後、顔全体に塗るのが効果的です。美容液を塗る際には、手で押さえつけて、肌に浸透させるようにハンドプレスしながら塗っていきましょう。また、美容液は、美容成分が濃縮して配合されているため、刺激が強い場合があります。1回につける美容液は1種類のみにして、使用量は必ず守りましょう。複数の美容液を使いたい場合は、朝と夜で使い分けるのも効果的です。敏感肌の方は、一度腕などで試してから使用することをおすすめします。ケアの最後には、乳液やクリームで肌にふたをすることをお忘れなく。

まとめ

皮膚が薄くデリケートな目の周りは、優しくケアしてあげる必要がです。さっそく毎日のスキンケアで保湿美容液の効果的な付け方などを取り入れて、良質な睡眠をとることを心がけ、乾燥に負けないうるおい美肌を目指しましょう。

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート