1419名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

保湿力があり肌に優しい美白化粧水の選び方

更新日:2018/04/06 公開日:2018/01/18

白く透き通った肌、手に入れたいですよね。でも、生まれてからずっと日差しを浴び続けている私たちは、美白肌からは遠ざかりがち。美白ケアなしには、理想の肌にはなかなか近づけません。毎日続けたい美白ケアですが、「敏感肌だから、美白化粧品が使えるか心配」と不安な方も多いのではないでしょうか。

中でも、「美白化粧水は肌にしみそう」、「美白化粧水は保湿力が低いんでしょ?」と思っている方は少なくないはず。そこで今回は敏感肌にも乾燥肌にも優しい、おすすめ化粧水をご紹介したいと思います。

肌に優しい化粧水を求める人

化粧水が肌にしみるときは、肌がトラブルを起こしている場合が多いです。では、どのような肌状態の方に、肌に優しい化粧水が必要なのでしょうか。

乾燥肌の人

乾燥肌の人

肌の乾燥は、あらゆる肌トラブルのもとになります。かさつきや小じわ、ハリの低下はもちろん、紫外線などの外的刺激によるダメージも受けやすくなります。乾燥が続いている場合は、化粧水でしみることもあるかもしれません。肌に優しくうるおいを保てる美白化粧水を選ぶことが大切です。

敏感肌の人

乾燥や環境の変化などが原因でバリア機能が弱くなると、刺激を感じやすくなります。ひどい場合は赤みやかゆみなどのトラブルを起こすので、肌に合った美白化粧水を見つけたいところです。

アトピーの人

アトピー性皮膚炎の方は、まずは美白ケアをしてもよい状態なのか、医師に相談してみましょう。むやみに化粧品を変えたり、美白化粧品をとりいれることは、アトピーの症状を招いてしまうことがあるので要注意です。化粧品による肌トラブルを第一に考え、パッチテストを行うことも欠かせません。

ニキビのある人

ニキビのある人

ニキビに悩み続けている方も、肌がトラブルを起こしている状態なので、美白化粧水選びは慎重に。肌の乾燥から皮脂が多く分泌される場合もあるので、保湿力が高いものを選ぶようにしましょう。

肌に優しく、美白を期待できる化粧水はある?

明るく透明感のある肌に導く化粧水には、主に2つの種類があります。厚生労働省に認可された美白成分を配合した医薬部外品のものと、肌のコンディションを整えて透明感をアップさせる一般化粧品の2つです。

美白化粧水(薬用化粧品・医薬部外品)

美白化粧水(薬用化粧品・医薬部外品)

医薬部外品の美白化粧水は、メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ効果のエビデンスが出されていることから、美白効果を期待できると言えるでしょう。しかし、誰にでも効果があるというわけではありません。また、美白作用が強い成分は、その分刺激を感じやすい傾向があります。ただ、医薬部外品の美白化粧水の中にも、低刺激で保湿力が高いものもあるので、選び方次第で肌への優しさと美白の両方を叶えることもできるでしょう。

一般化粧品

いわゆる医薬部外品や薬用化粧品ではない、一般的な化粧品における化粧水を指します。効能効果において美白効果があるものではありません。しかし、スキンケアによって肌のコンディションを整えることは、肌のツヤや滑らかさを生み出し、透明感を与えてくれます。つまり、美白化粧水の効果ではなく、肌の基盤を整えることによって透明感を目指すため、肌への負担をかけずにケアすることができます。

肌に優しいおすすめの化粧水

ここでは肌に優しいおすすめの化粧水をご紹介します。

アクティブメラノリリーサー(HAKU)

アクティブメラノリリーサー(HAKU)

販売価格(編集部調べ):4,860円(税込)
内容量:120mL
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
薬用美白成分4MSKと整肌・保護成分のWパワーで、メラニンを含む角層にうるおいを与えて整え、透明感あふれるつるつる肌に導いてくれます。拭き取ることで、メラニンを含んだ不要な角質を除去できるタイプです。美白化粧水はさっぱりしたイメージがありますが、こちらはしっとりしていて保湿力を感じられます。乾燥が気になるけれど、美白も妥協したくない方におすすめ。
使ってみた感想
コットンに取り、クルクルと円を描くように拭き取ります。とろみのある化粧水で、スキンケアしたあとは肌がもっちりするのを感じられます。拭き取るタイプは肌に刺激を感じやすいですが、私は心地よく使えました。しっとりするからといって、美容液やクリームを使うのを忘れないで!

アルブラン 薬用ローション I <化粧水>(アルブラン)

アルブラン 薬用ローション I <化粧水>(アルブラン)

販売価格(編集部調べ):4,860円(税込)
内容量:140mL

詳しくはこちら

おすすめの理由
"潤・白・美・肌"をコンセプトに、うるおいと美白の両方を叶えてくれる化粧水。さらに血行促進成分配合で、エイジング肌に働きかけます。保湿成分・新ケラトNMF、美白成分・L-アスコルビン酸 2-グルコシド、ユーカリエキス、アルテアエキス、ユズエキスで、メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぎながら、うるおいに満ちた透明感あふれる肌に整えます。
使ってみた感想
好みの使用感に合わせて、Ⅰ~Ⅳのタイプから選べます。Ⅰはさっぱり、Ⅳはもっちり。洗顔後の肌になじませると、肌が潤いをぐんぐん吸い込むのを実感。整えたあとは、肌がみずみずしく明るい状態になったように感じられました。皮膚科学研究を重ねたソフィーナの技術を、肌で感じてみて。

キュレル 美白化粧水 III とてもしっとり 【医薬部外品】(キュレル)

キュレル 美白化粧水 III とてもしっとり 【医薬部外品】(キュレル)


内容量:140mL
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
セラミドケアができるキュレルの美白化粧水。乾燥性敏感肌のパッチテスト、アレルギーテスト済みで安心です。うるおい成分のユーカリエキスが角層の深部までじっくり浸透し、肌バリアを整え外部刺激を受けにくいなめらかな肌をキープ。美白有効成分・L-アスコルビン酸 2-グルコシドがメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防いでくれます。
使ってみた感想
かゆみや刺激などの違和感はなく、気持ちよく使えます。乾燥性敏感肌のために作られているだけあって、うるおいをしっかり感じられました。こちらも好みの使用感に合わせて、Ⅰ~Ⅲのタイプからチョイス可能。すっきりした仕上がりが好きな方は「Ⅰ」がおすすめです。

シークワーサー ブライトニングローション(琉白)

シークワーサー ブライトニングローション(琉白)

販売価格(編集部調べ):3,960円(税込)
内容量:120mL
※パッケージリニューアル中のため掲載写真と異なる場合があります。

おすすめの理由
100%天然由来成分で、オーガニック認証エコサート取得済みのブライトニング拭き取り化粧水。沖縄のスーパーフード・シークワーサーをはじめ、5種の植物エキス、肌を引き締める植物エキスを配合。また、拭き取り化粧水として使って古い角質を除去できるよう、フルーツAHAも配合。不要な角質をクリアにするブライドニング効果で、みずみずしく明るい肌へ導きます。
使ってみた感想
さっぱりとしたテクスチャーですが、拭き取った後にうるおいも感じられます。シークワーサーの香りに包まれながら、気持ちよくお手入れができるのがうれしいポイント。使うたびに角質をオフによる肌の明るさを感じ、透明感が上がっていくのがわかりました。拭き取りタイプですが嫌な刺激は感じず、すっきりリフレッシュできます。

ムーンライトトナー(ラクラリー)

ムーンライトトナー(ラクラリー)

販売価格(編集部調べ):4,536円(税込)
内容量:150mL

おすすめの理由
アルブチン配合の化粧水。エコサート認証取得済みで、石油由来原料、パラベン、フェノキシエタノール、シリコン・ポリマー原料、合成着色料、品種改良や遺伝子組み換えされた植物から採取した原料不使用で、肌へのこだわり感があります。その名の通り、月明かりのような明るく輝く肌に導いてくれるアイテムです。
使ってみた感想
とろみのあるテクスチャーで、理想のもっちり肌に整えてくれます。ライラックとローズの香りに癒される化粧水です。乾燥が気になる方は、重ねづけするとよりうるおいキープができます。ツヤやかな透明感のある肌へ導いてくれます。

アマナツトーンアップウォーター(AMRITARA(アムリターラ))

アマナツトーンアップウォーター(AMRITARA(アムリターラ))

販売価格(編集部調べ):4,104円(税込)
内容量:120mL

おすすめの理由
肌に不要な成分は入れない独自の"10の約束"を掲げ、肌のバリア機能を何よりも大切に考えているナチュラルコスメブランドです。この化粧水は、砂糖大根由来のアミノ酸・ベタインと、たっぷりの水分を抱え込むヒアルロン酸が、角層にうるおいを与えてキープ。自然栽培されたローマンカモミールのエキスとホワイトローズマリーのエキス、アスタキサンチン、緑茶エキス配合で、健やかで明るい肌に整います。
使ってみた感想
肌(角層)への浸透が気持ちいいのが特徴。さっぱりすぎず、べたつかない、ちょうどよいテクスチャー。肌がうるおいで満たされると、ツヤやかな透明感がアップしたのを感じられます。肌への刺激が心配な方、植物のパワーを肌で感じたい方におすすめの化粧水です。

肌に優しい美白化粧水の選び方

肌に優しい美白化粧水を見つけるには、次のポイントをチェックしてみましょう。

保湿成分を含んでいる(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・セラミド等)

保湿効果にも妥協していないかは要確認。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなど、肌の潤いをキープしてくれる成分や、ブランド独自のこだわり保湿成分の有無を見てみましょう。店頭のテスターやサンプルを試して、しっとり肌が続くかチェックするのも1つの手です。

低刺激である

低刺激である

強い界面活性剤や刺激を感じやすい保存料など、バリア機能を壊してしまいがちな成分を配合していないかは重要なポイント。とくに敏感肌の方、これまで美白化粧水で肌トラブルを起こしたことがある方は注意が必要です。低刺激であること、アレルギーテスト済み、敏感肌・乾燥肌向けと表示があるのもひとつの目安になります。

美白成分を含んでいる

しみや・そばかす悩みを改善したいなら、メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ成分が配合されているものを選ぶと、美白効果がより期待できます。また肌に潤いを与えて透明感を引き出すブライトニング化粧水も、明るい肌に整えてくれるのでおすすめです。

まとめ

保湿力があり肌に優しい美白化粧水の選び方のまとめ

肌に優しい美白化粧水は、保湿力、肌負担を考えバリア機能を守れる設計かどうか、美白成分やブライトニング効果の有無のチェックがポイント。さまざまなテクスチャーや香り、仕上がりの美白化粧水があるので、試して自分に合ったものを見つけてくださいね。

今すぐ読みたい

カテゴリー