スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

顔の汗を止めたい!今すぐやりたい顔汗を抑える対策

更新日:2018/05/18 公開日:2018/04/27

真夏でもないのに自分だけ止まらない顔汗は、本当に困りものですよね。大事な会議やデートの時にかぎって顔から汗がポタポタ……。もう今すぐどうにかしたい!という方も多いと思います。この記事では、そんなやっかいな顔汗の原因と正しい対処法、そしてイチオシのデオドラント&おすすめアイテムをご紹介します。

顔から汗が集中して出てくるのはなぜか

顔から出る汗の量が多い…しかも、人よりも異常なくらいに出ていると感じる人もいます。汗は誰もがかくものですが、汗が出る量には個人差があります。また、汗が出やすい部位にも個人差があります。顔から汗がたくさん出る人がいれば、手や胸、お尻など、さまざまです。全身から汗がたくさん出たり、特定の部位に汗をたくさんかく場合、多汗症の可能性も考えられます。日常生活に支障が出たり、強く悩み続けてしまう場合は皮膚科で相談することで治療を受けることができます。多汗症については記事の後半でも記載しています。

顔汗を招く主な原因暑いわけでもなく、激しい運動をしたわけでもないのに顔汗が出てしまう…その理由には、体温上昇による発汗以外にも、発汗を招く要因があるためです。ここでは、体温上昇ではない顔汗の主な原因をみていきます。

運動不足

ちょっと体を動かすと顔汗が止まらない、暖房のかかった部屋にいると顔だけ汗びっしょりになる。そんな体温の上昇で顔汗が出るタイプの人は、運動不足が原因かもしれません。

汗は本来、体にこもった熱を外に放出する体温調節の役割をしています。ですが、運動不足で汗をかかない生活を送っていると、下半身や腕などの心臓から離れている部位の汗腺が退化し、それを補うために顔や首などの心臓に近い部分から大量に汗が出るようになるのです。

緊張

人前で話す時やデートの時など、緊張している場面で汗をかく人は精神的発汗の可能性があります。よく緊迫した場面で「手に汗を握る」と言いますが、緊張が続くと交感神経が刺激されて、特定の場所に汗をかきます。それが顔の場合は、女性だとメイクが崩れてしまう……という不安でリラックスできず、余計に汗をかいてしまうという悪循環に陥ることも考えられます。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスや睡眠不足でホルモンバランスが乱れると、突然顔汗が止まらなくなる更年期障害のような症状が出ることがあります。何の前触れもなく顔汗が出る時は、毎日規則正しい生活を送っているか、ストレスを抱えていないかなどを振り返ってみてください。

顔汗の対策

顔汗を今すぐ何とかしたい!そんな時は応急処置としてこんな方法が有効です。

首周辺を冷やす

首の後ろやワキの下などの太い血管が密集している部分をアイスノンなどで冷やすと、効率よく全身をクールダウンすることができます。外出先なら、冷たいペットボトルが便利です。

ワキの下を圧迫する

人間の体には、「半側発汗」という機能があります。この機能は、一時的に圧迫した部分の汗を止め、反対側の汗の量を増やします。つまり、ワキの下や胸の上などを圧迫することで、顔を含む上半身の汗を止めることが出来るのです。

胸の上を圧迫する専用のバンドも販売しているので活用してみるのもいいでしょう。ただし、下半身の汗の量を増やすことになるので、緊急時だけ使うようにしてください。

顔汗に活用する制汗剤・制汗シート

顔汗対策には、制汗剤を使うという手もあります。ただし、ボディ用の制汗剤を顔に使うのは絶対NGだと覚えておいて下さい。ボディ用の制汗剤の成分は顔には刺激が強すぎて、肌荒れなどのトラブルの原因になります。では、顔用の制汗剤にはどんなものがあるのでしょうか?

クリームやジェルタイプ

穏やかな制汗作用のある成分や、茶エキスなどの天然成分をメインに、美肌効果をプラスしたものが人気です。メイク下地にも使えて、効果の持続時間も長いので朝塗っておけば1日安心というものもあります。ただし、手持ちのファンデーションとの相性が悪いと仕上がりが悪くなることも。また、メイクの上からでも使える仕様にはなっていますが、ファンデーションの上からキレイに塗るのは難しいでしょう。

スプレータイプ

スプレータイプに使われている成分も、クリームやジェルとほぼ同じです。そこにメントールや柑橘系の香りなどで清涼感を出しているものが多いようです。スプレータイプは手軽にメイクの上から使えて、外出先での急な顔汗に便利です。ただ、あくまでも制汗剤なので、目や口に入らないよう注意して下さい。お子様に持たせるのはスプレー以外のものがいいかもしれません。

パウダー

デオドラント成分の入ったパウダーは、優しい使い心地で、お子様や敏感肌の人でも安心です。肌がサラサラになるので、汗がベタつく夏にもオススメ。ただ、量が多すぎると肌が粉で白くなったり、服にパウダーが付くこともあるので注意が必要です。

制汗シート

すでに汗をかいてしまった時は、顔用の汗拭きシートで拭き取るようにしましょう。ボディ用と違い、顔用には刺激の強い制汗成分は使用出来ません。ドラッグストアなどで「スキンケアシート」や「洗顔シート」として販売されています。ただし、メンズ用はアルコールが含まれているものが多く刺激が強いので、アルコールフリーの女性用のものを選ぶようにしましょう。

このような制汗剤は手軽に汗を抑えることができ、とても便利なものですが、毎日のように使うのは控えましょう。汗による体温調節が出来なくなったり、制汗剤の成分が毛穴に詰まり、臭いのする汗をかくようになる危険もあります。今日は汗をかいたらマズい!という時の切り札として使うのが正しい使用法です。

汗をかかないようにすることも重要

ここまで、顔汗の緊急対策や制汗剤で汗を抑える方法をご紹介しましたが、そもそも顔汗をかかない体質になることがもっとも大切です。今日から始めて明日効果が出るものではありませんが、日常生活を見直して、根本から顔汗を改善していきましょう。

毎日汗をかく

運動不足で汗をかかないと汗腺は退化するとお話しましたが、毎日しっかり汗をかくようにすると、徐々に汗腺は復活していきます。運動はもちろん、夜はシャワーだけで済ませず、しっかり湯船につかって汗を流す事も大切です。

ホルモンバランスを整える

睡眠不足はホルモンバランスが乱れる原因になります。寝る直前までスマホやパソコンを見ていることの多い現代人は、眠りが浅くなっています。寝る前はリラックス出来るよう照明を落として、スムーズに深い睡眠に入れるようにしましょう。

また、ストレスもホルモンバランスを乱す原因です。ストレスを取り除くのは難しいですが、自分なりの趣味や楽しみを見つけ、上手く解消出来るように工夫することが大切です。ホルモンバランスが整えば、更年期障害のホットフラッシュのような顔汗が改善されます。

デオドラント&おすすめアイテム

ここからは美容家おすすめのデオドラント製品を紹介します。

withCOSME|サラフェプラス(ハーバーリンクスジャパン)

デオドラント&おすすめアイテム withCOSME サラフェプラス ハーバーリンクスジャパン

販売価格(編集部調べ):8,480円(税抜)
内容量:30g
医薬部外品

おすすめの理由
白くみずみずしいクリームのテクスチャーです。薬用の制汗剤クリームですが、さわやかな香りがします。私はこの香り良いと思いますが、薬っぽい匂いと感じる人もいるかもしれません。フェノールスルホン酸亜鉛などが毛穴をふさがずに汗をコントロールしてくれるので安心して使えます。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
この制汗剤クリームは顔にもつけることができるのですが、そのような製品を私は初めて知りました。クリームなので、肌につけると伸びがよく塗りやすいです。髪の生え際やこめかみ、首まわりなどにつけると多少汗の出が多少抑えられた気がしました。まったく汗をかかないことはありませんでしたが、塗らないときよりは効果があったように感じます。化粧下地クリームとして使ってみれば、化粧崩れが防げるのではないかと思いました。

エージーデオ24|クリアシャワーシート Na(資生堂)

デオドラント&おすすめアイテム エージーデオ24 クリアシャワーシート Na 資生堂

販売価格(編集部調べ):756円(税込み)
内容量:40枚

詳しくはこちら

おすすめの理由
おでこや髪の生え際や首筋、耳の後ろなどをふくときに重宝します。この部分はスプレータイプやロールオンタイプの制汗剤は使いにくいですからね。パウダーの白い粉が生え際や首元に残ると清潔感がないように見られるので、その点このシートはビジネスシーンで安心して使えます。汗のイヤなニオイもひとふきで消えます。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
厚すぎず丈夫なシートに、制汗剤成分のローションがしっかり含まれています。シートで肌をふくと、スーッと心地良い爽快感が少しの間続きます。すぐに汗くささは消えて、シャワーをあびた後のようなスッキリ感。汗が吹き出す真夏に、こめかみや首もとをこのシートでふくと体感温度が低くなって気持ちが良いです。制汗剤のパウダー感はなく、白く肌に残ることもありません。枚数が10枚入りなのですが、すぐ使ってしまうのであと5~10枚くらい入っていてもいいなと思いました。男女問わずに使えると思います。

デオナチュレ|さらさらデオドラントパウダー(シービック)

デオドラント&おすすめアイテム デオナチュレ さらさらデオドラントパウダー シービック

販売価格(編集部調べ):1,706円(税込み)
内容量:15g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
パウダータイプなので、スプレーの音もしない、シートタイプのようにガサガサ袋から取り出す音もしなし、ロールタイプのように液だれする心配もなく気軽につけたい場所だけを狙って、肌につけることができて便利です。ただ、真夏には一日に数回はつける必要があると思いました。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
皮脂吸着パウダーがかいた汗を吸ってくれて、天然アルム石成分が、汗のいやなニオイの菌を抗菌してくれます。さらに毛穴を引き締めて汗をでにくくしてくれるので、首や耳元につけておくと、顔からの汗が吸収できます。さらに、肘の内側など関節周りにつけるとかいた汗をハンカチでぬぐう回数も減りました。付属のパフの肌ざわりも良く、マイクロファイバーの生地でできていてパウダーがしっかりパフにつくので肌へもしっかりとつけることができます。タルクや防腐剤を使っていないので、安心して使えますね。

エージーデオ24|クールパウダースプレー h(資生堂)

デオドラント&おすすめアイテム エージーデオ24 クールパウダースプレー h 資生堂

販売価格(編集部調べ):1,058円(税込み)
内容量:142g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
スプレーすると真夏にぴったりなスースーした冷涼感があります。有効成分IPMPが汗のニオイの元になる菌を24時間殺菌して、いやなニオイを抑えてくれます。制汗剤では初のアレルギーテストもされた製品なので、肌が弱い人にも使うことができますね。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
汗のニオイや、汗が出るのを抑えてくれる有効成分IPMP入りの制汗剤パウダー。肌に塗った時にとれにくい構造になっているためか、朝スプレーして夜帰宅するまで、イヤなニオイはしないで済みました。汗もかきにくかったと思います。肌につけるとかなりスースーしたので、冬に使うと寒いかもしれません。そのくらいの冷涼感なので、運動前に首筋にスプレーすると顔からの汗もかきにくくなったような気がしました。真夏の暑い日やスポーツの時使うには、気持ちが良いと思います。

オンライフコマース|プレミアム デオヴィサージュ(アンビシャス)

デオドラント&おすすめアイテム エイチビーラボ アンビシャスショップ プレミアム デオヴィサージュ

販売価格(編集部調べ):7,980円(税抜)
内容量:30g
医薬部外品

おすすめの理由
半透明で、やや硬めのクリームのようなテクスチャー。肌にのせるとのびは結構良かったです。フェノールスルホン酸亜鉛が汗にくっついて、毛穴をきゅっとひきしめてくれるので化粧下地として顔に塗ると、毛穴が目立たなくなる効果もあると思います。汗をかいても水分をはじいてくれる、ウォータープルーフ効果もあるクリームです。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
塗った肌の上から化粧水スプレーをかけると、水滴になるので汗をはじく効果はあると思います。ただ、肌の上をクリームがベールのように覆う感じなので、私は肌がかゆい感じもしました。このクリームを下地に塗ると、汗防止にはなるかもしれませんがファンデー ションによっては相性の合わないものもが出てくると思います。髪の生え際やこめかみ、後頭部と首の境目あたりに塗っておくと汗が流れてくるのを防ぐことができて良いと思います。肌をきれいにしてくれるヨクイニンや芍薬(しゃくやく)エキスも含まれているので、汗を抑えながらスキンケアもできてしまうところが女性ウケすると思いました。

ジョンソン|ベビーパウダー 微香性(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

デオドラント&おすすめアイテム ジョンソン ジョンソンR ベビーパウダー 微香性 ジョンソン・エンド・ジョンソン

販売価格(編集部調べ):296円(税込)
内容量:140g

詳しくはこちら

おすすめの理由
人にも環境にもやさしい良質なタルクを使っているので、赤ちゃんでも安心してつかえるベビーパウダー。制汗剤の元祖といっても過言ではないと思います。ほのかな香りも夏のお風呂あがりを思い出して懐かしい気持ちになれます。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
名前のとおり、赤ちゃんにも使えるくらい肌に優しいベビーパウダーは汗を吸収して肌をサラサラにしてくれます。首元、胸元、わきなどに軽くはたいておくとさらっとして確かに汗はかきにくくなります。大人向けの制汗剤は、肌がかゆくなったり、ピリピリしたりするときもあるのですが、ベビーパウダーはそれがないのでどんな時でも安心して使えます。フェイスパウダーにこのベビーパウダーを少量ブレンドして、おでこの生え際に使ってみましたが、普段より汗が落ちにくかったような気がします。

汗を止めるツボは本当にある?

ネット上では、汗を止めるためにはツボ押しが効果的との情報もあります。ここでは、汗をかきやすい電車内などでも押せる手軽なツボ押しの方法をご紹介します。

神門(しんもん)

小指の付け根から腕の方に下がっていった手首の部分。親指で痛くない程度に、ゆっくりと押し込みます。緊張感をやわらげ、リラックスさせる効果が期待できます。

内関(ないかん)

手首から三本指(人差し指、中指、薬指)分下がったところ、腕の真ん中にあたる部分。親指や人指し指の先で、ゆっくり押し込みます。こちらも気分を落ち着かせてリラックスさせる効果が期待できます。

合谷(ごうこく)

人差し指と親指の骨が合流するところから、やや人差し指よりのくぼみにあります。全身を流れる気のめぐりを整える効果が期待できます。

ツボ押しは汗止め対策の最優先ではなく、オマケみたいなもの

実はツボ押しは、はっきりとした効果が認められている訳ではありません。ただ、汗を抑えるツボを押すことで、精神的に安心出来る部分はありますね。すでに紹介した、首周辺に通る太い血管を冷やしたりワキの下を圧迫するなどの対処法でも効果が無い時は、試してみるのもいいかもしれません。

気持ちを落ち着けるなら腹式呼吸も

そして、汗のツボを押しながら、一緒にやっておきたいのが腹式呼吸です。腹式呼吸をおこなうと精神的にリラックス出来ます。

  1. 背筋を伸ばして肩の力を抜きます。次にお腹をへこませながらゆっくりと鼻から息を吐き出します。
  2. 息を全部吐ききったら力を抜き、鼻から自然に息を吸います。体感的には「息を吸う」というより、自然と「息を取り込む」という感覚です。
  3. (1)と(2)をゆっくりとくりかえします。

慣れないうちは、お腹に手をあてて息を吐く時にしっかりへこんでいるか確かめましょう。そして、息を吸う時よりも吐く時に時間をかけて、すべての空気を吐き出すようにするのがポイントです。

顔に起きる「多汗症」とその治療

あまりにも汗の量が多すぎたり、常に顔だけに汗をかいている場合は、「顔面多汗症」かもしれません。多汗症には全身の汗の量が増えるものと、顔や足の裏・ワキなど局所的に汗の量が増えるものとがあります。顔面多汗症かどうかは、医師に診断してもらう必要があります。

多汗症には、いくつかの治療方法があります。汗を止めるための服用薬や汗が出る部分に塗る外用剤もあります。市販の化粧品よりも有用なものが多いので、顔から出る汗に悩む人は、ためらわずに皮膚科に相談するようにしましょう。

まとめ

顔汗の大きな原因には、運動不足や精神的な発汗、ホルモンバランスの乱れなどが関わっていました。どれも日常生活のなかで少しずつ改善していくことが可能ですが、今すぐ汗を止めたい!という時はご紹介した対処法も試してみて下さい。また、顔汗をかきそうな日は、顔用の制汗剤をメイクの前に仕込んでおいたり、外出先に持ち歩くと安心ですね。顔汗を解消して、今年の夏は涼やかな顔で過ごしましょう!

今すぐ読みたい

カテゴリー