5232名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

タイアップ生葉

進行した症状を抑えるためのセルフ治療

更新日:2017/03/14

歯槽膿漏の治療の種類

歯槽膿漏の「治療」というと、歯科医師によるものか、医薬品を使ったものとされます。ここでは、自宅でできることから歯科医師によるものまで、治療の種類についてご紹介します。

歯槽膿漏を治療する女性

歯石の除去
歯垢を放置していると、唾液に含まれるミネラルと結びつき、2~3日で石灰化して「歯石」になってしまいます。表面がデコボコしている歯石は、細菌の温床となって歯肉炎のリスクを高め、また歯槽膿漏の症状を悪化させます。歯石は歯磨きでは除去できず、歯科での専門的なケアで取り除くしかありません。
歯肉の外科手術
歯槽膿漏の原因菌が歯肉溝(歯周ポケット)の奥深くまで繁殖し、炎症がひどくなった場合、麻酔をして腫れがひどくなった歯肉を取り除きます。
抜歯
歯の内部が腐ってしまい、歯ぐきから膿が出るようになると、歯槽膿漏も末期の状態です。こうなると口臭もひどくなっているため、歯科医師に相談して、対象の歯とともに膿を出している袋を取り除く治療を行うこともあります。

対して、医薬品を使った治療は3種類あります。

悪化する前のセルフケアはハミガキの見直し!

自宅でできる歯槽膿漏の治療

治療薬

市販の治療薬を使えば、セルフで治療ケアができます。歯槽膿漏の治療薬には、液体タイプと軟膏タイプ、また服薬タイプがあり、いずれも殺菌と抗炎症作用、組織修復作用などの有効成分が配合されています。

殺菌力・抗菌力に優れ、歯槽膿漏の予防効果のある成分があります。詳しくは、『歯槽膿漏にはたらく天然植物のチカラとは』をご覧ください。

液体タイプは、有効成分が歯周ポケット(歯と歯ぐきの間にできた深い溝)にすばやく行き渡るのが特徴。一方の軟膏タイプは、粘着性が高いことから、歯槽膿漏の原因菌が溜まりやすい歯周ポケットに有効成分が長く留まります。軟膏タイプを使う場合は、歯ぐき全体をマッサージしながら塗りこむとより効果的です。服薬タイプは、内側から歯ぐきの腫れや痛み、出血を抑え、扁桃炎にも効果があります。

医薬品は、歯ぐきの炎症箇所にすばやく染みこんだり、長く留まったりと、それぞれ効き方が異なります。自分の症状に合わせて、上手に使い分けましょう。

症状に合わせた対処法については、『歯ぐきの出血でわかる!? 歯槽膿漏の進行状態』をご覧ください。

あわせて読みたい

タイアップ一覧へ

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

ビューティーサポーターズとは?

女性がキレイになるために必要な情報や、
素晴らしいサービス・製品に注目し、
それに取り組む企業を紹介しています。
私たちスキンケア大学では、
「ビューティーサポーターズ」各企業の
取り組みを通して、「お肌のための暮らし」を
提案していきたいと考えます。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート